大学を休学してワーキングホリデーへ!トロントへ行って思うこと。

僕は初めて行った海外がワーキングホリデーでした。
もちろん長期で海外に滞在するのも初めてです。

なんとな~く海外に興味があった大学生時代。

学生時代にやり残したことは何かなと考えふと浮かんだ海外行き

大学生時代、2年生の時からNPOスタッフとして働き始め睡眠時間も1日3~4時間程度しかとれない生活をしていました。
がむしゃらにやってみてすごく楽しかったんでそもそも海外行きとか他のことをしようとかなにも考えてませんでした。

半年に1期でスタッフとしての登録をしていたのですが3期目が終わったときに自分が何をしたいのか一度考えてみることにしました。

いろいろ考えてみたのですがやってみたいことベースでは下記2つです。

・NPOだけじゃなくて企業がどうなってるのか(特にベンチャー)知りたい
・海外に行ってみたい

なのでNPOを離れていろいろな経験をしました。

自分でイベントを開いてみたりほんとにちょっとだけですがベンチャー企業の新規事業立ち上げに携わらせてもらったり。
でも海外に行きたいとは思ったけどお金はかかるし今じゃ無理だなと思って就職活動を始めました。
ただ、海外に行きたいという気持ちが先行してあんまり就職活動に身が入らず。

一応IT系ベンチャーにいくつか内定を頂いたのでせっかくの縁だしなと思って入ろうかと思ったんですがやっぱ海外行きたいなと。
で、就職活動でいくつか行きたいところ他にあってまだ受けてたのですが全部断って内定も辞退してお金を稼ぎ始めました。

で、とりあえずどこ行きたいとかなかったし、どれくらいお金が必要かもわからなかったんですがとりあえず100万あればいけるかなと思い毎日18時間くらい働いたら3か月で100万近く貯めました。

行き先をトロントに決めた理由

行先は結局カナダにしました。

選んだ理由は単純で、

一番多国籍な都市ってどこ??

って聞いたら『トロント!!』っていう人が多くて住みながらにして

一番世界を感じられるんじゃないかと思い決めました。

トロントで得た経験

そこでほんとうにいろんな経験をしました。
ボランティアしたり、経営者にお世話になったり、ウエイトレスとして働いたり。
いろんな国の食べ物を食べたり文化を知ったり宗教を知ったり。

特にやりたい仕事を探すのは大変でした。

WEBマーケティング系の企業でインターンと高めの日本食レストランでウエイトレスがしたいと考えていて結果両方とも英語力が無いながらにやることができました。

仕事探しは日本とは異なってネットを使うんじゃなくて足を使いました。

レジュメを持って飛び込みで仕事くださいと行ってみたりIT系企業の人が集まるイベントに参加してwebマーケティングがやりたんだと言いまくったり。

とりあえず何とか見つかりました。

仕事を探して見つけたこともそこで働いて学んだことも良い経験です。

一番印象に残っていること<

今でも一番印象に残っている質問があります。

『Who is the most important person for you?』

あなたにとって一番大切な人はだれ?

即答できませんでした。

でもブラジルとか南米系の友達は即答で『家族』っていいます。

家族が恋しくて今も会いたくて声が聴きたくて何かがあればすぐにでも何を優先してでも駆けつける。

そういってました。

僕も家族は大切だけどそんなに表現できないし声を聴きたいとか思わなかった。

まあそのうち会えるしって。

韓国系とか日本人はだいたい時と場合によるよねみたいなあいまいな回答でした。
友達だって大事だし家族も大事といえば大事だしみたいな。

家族ってなんだろう?って真剣に考えました。

周りにいる一番身近な人のことをこれだけ想えるって幸せだなって思いました。
実際この後ブラジルに行ってホームステイ的なことをしましたが知らない人にも愛があってすごい国だなと思いました。
危険な目にもあいましたが・・苦笑

迷ったらすぐ行動に移そう

休学をしたおかげで2回もあまり好きではない就職活動をしなければなりませんでしたが結果言って後悔することはひとつもありませんでした。
しかもなかなか海外に長期で行くことは社会人になってしまうとなかなかできません。

今できることは何か?何がしたいのか?という問いは常に行って後悔しない選択肢を取りたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする