GoogleAnalyticsと合わせて設定しておきたいGoogleSearchchonsoleとは?

個人のブログサイトやECサイトのウェブ担当者さんなど、
GoogleAnalyticsの設定はしているのにGoogleSearchchonsoleは設定していない方をよくお聞きします。

EC系の企業さんはコンサルの方やWEBディレクターを雇っているケースもあるのでよほどないのですが、
個人でブログをされる方には意外と浸透していないのではと感じます。

使いたいとは思っていても、

なんなのそれ?

設定するメリットは?

等々、わからないことが多いのではと思います。
今回はかんたんな説明と設定するメリットを紹介させていただきます。

グーグルサーチコンソールとは???

GoogleBOTとやり取りをするためのツールです。

GoogleAnalyticsでは、自分のサイトにユーザーがどこから入ってきているのか、
どんな動きをしているのかを分析してくれるツールですが、
サーチコンソールはWEBサイトの相談屋さんだといえると思います。

相談ってどんなことができるの??

相談できる内容は様々あります。

検索クエリを取得することができる

えっ、そんなんアナリティックスでもできるやん!

ってなった方。
その通りです!!!

って言いたいところなのですが、
アナリティックスを見るとNot providedという項目が一番多くなるのではないでしょうか。

これは僕は詳しくないので説明できないのですが、
GoogleがSSLを採用してからなのだそうです。

詳しく知りたい方は調べてみてください。

僕のだとこんな感じででてます。

検索クエリ

検索されてる数はまたの機会に紹介したいと思います。
※全然少ないので恥ずかしくて見せれないためです。

これを知ることで、
あれ?意図してないワードでたくさん検索されてるな。。。

次はどんな記事を書こうかな?

どのページをリンクさせようかな?

っていうようなことを判断することができるようになりますので、
是非活用してみましょう。

HTMLのエラーなどを検出して教えてくれる

Googleは常にクローリングで様々なサイトをチェックしています。
ただ、チェックしているだけでどこがGoogleが不適切だと判断しているのかは教えてくれません。

サーチコンソールは

ここちょっと不適切でサイト読みづらいです!

ここわかりづらいです!

っていうのを教えてくれるので、それをすることでよりグーグル先生にサイトが認知されるようになり、
その結果SEO対策にもなっていくんです。

まとめ

他にも詳しくなれば使い方があるのですが、
僕も勉強途中です。

サーチコンソールを使いこなすことで、
よりGoogle先生好みのサイトになり、好みのサイトになれば成績(SEO順位)も上がっていくことでしょう。

ぜひツールを使いこなしてもっとブログへの集客を効率的に行えるようにしたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする