カナダへのワーホリを充実させたいなら情報収集が必須!情報を得るために知っておきたいサイト3選!

ワーキングホリデーに行くとまず困るのが、
街についてや家探しなど知らないことが多いということです。

僕は大学を休学し、
2013年5月~12月までワーキングホリデーで
カナダ(トロント)へ行っていました。

ただ、ワーキングホリデーに行く前は不安でした。

初めての海外でワーホリってどうなんだろ??

英語なんもわからないけど生活できるかな。。。

こんなんで仕事見つかるのか、、、

みたいな漠然とした不安です。

ただ、最終的にはボランティア、最高級日本食レストランでサーバー、
IT企業でのお手伝いをさせて頂くことができ、
それなりに充実した日々を過ごせたのではと思ってます。

ワーキングホリデーを充実させるのは情報収集力!

ワーキングホリデーの時間を充実させるのは情報収集力だと考えています。
何も知らないと機会を得ることができません。

人から聞くことも重要ですが人に出会わないと情報を仕入れることができません。
下記3つのサイトを使いこなして充実したワーキングホリデーの時間を過ごしましょう。

1.興味関心で出会いの幅を広げるMEETUP

言わずと知れた世界最大級のイベント検索サイトMEETUPです。

こちらは場所や興味関心からイベント情報を探すことができます。

2013年当時はあまり日本には入り込んでいませんでしたが、
今では日本でも多くのイベントが登録されています。

meetupcom

僕はこのサイトからウェブマーケティングのセミナーに参加し、
そのセミナーの主催者に声をかけることで英語が全然できなくても
IT企業でインバウンドマーケティングについて教えて頂きました。

ただ英語ができなさ過ぎてボイスレコーダーで録音して聞き直す日々でしたが、、、苦笑

2.カナダで日本語で情報が集められるサイトe-maipleカナダ

シェアハウスの空き情報からアルバイト情報などなど様々な情報が集まるサイトです!

3年前に使ったきりだったのですが、久しぶりに見たら昔よりは現代風のデザインになっていました。

そして広告の数がすごい多くなってました。笑

e-maplecanada

このシェアハウス、このホームステイ先嫌だなと思ったらこちらで家探しをしてみましょう。

僕は2度ともこのサイトを使ってシェアハウスを見つけました。

運よく、2回ともよいオーナーに巡り合えたので、
何のトラブルにも巻き込まれずできました。

また、いらなくなったものの処分に困ったらここで情報を流して
引き取り手を見つけることもできますよ。

3.これがあれば現地の友達作りも困らない!Conversation Exchange

海外に行くとやはり難しいなと感じるのが現地人の友達作り。

語学学校に行くとどうしても語学学校内での友達作りしかできなくなってしまいます。

それでは英語を話せるようになりません。

なぜなら語学学校ではクラス分けされてしまい、
自分と同じレベルの学生としか出会えない可能性が高いからです。

そんな時はこのConversationExchangeを使ってみましょう。

ConversationExchange

僕はこのサイト経由で一緒にバスケットのできる友達を見つけました。

セブでも最近活用してさっそく3人くらいにメッセージをしてみました。

ただ、このサイトを使うのは注意が必要。
日本人の女の子との出会い目的で使ってる人も少なくないと聞きます。

はじめ使ってみて仲良くなって会おうという話になったら、
会って大丈夫なのかどうか今までの会話で判断しましょう。

判断できたとしてもできないとしても、
友達を連れてはじめは会うのがよいと思います。

海外は楽しいことも多いですが、
危険な経験も常に隣り合わせなので、
しっかり身を守れるようにしておきたいですね。

情報収集力を高めて充実したワーキングホリデーを!

僕がワーホリ中よく使っていた3つのサイトを紹介させていただきました。

ワーキングホリデーは残念ながら1か国で1回しか使えません。
うまく使って充実したワーキングホリデーの時間を過ごしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする