インデックス数の調べ方は?SEO関係性を含めて解説するよ。

SEO対策をしていて気になってくるのがインデックス数。

意味があるかないかで言えばあるというのが結論です。

ただ、インデックス数の数が多ければよいというわけではありません。

今回は

インデックス数ってなんなの?

SEOに関係あるならどう関係あるの?

っていう話をまとめてみました!

インデックス数とは?

結論、

Google先生が認識しているURLの数

となります。

または、

『GoogleのデータベースにURLが登録された数』

ともいえます。

Google先生のミッションとは?

Internet search on a tablet

Google先生は何を目指しているか知っていますか?

Google先生は

世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする

することがミッションだと言ってます。
※下記、Googleのホームページを参照
https://www.google.co.jp/about/company/ )

WEB上にあるサイトを何でもかんでも認識していたらサーバーに負荷がかかるだけだし、
必要な情報が探しにくくなっちゃったりするだけなので、
いらないものはいらないと白黒はっきりさせてます。

つまり、

同じこととか書いてるサイトとかユーザーにとって必要ないサイトはいらないよ

ってことです。

先生が僕らが欲しい情報を検索する前に添削して
これは君には必要ないよってやってくれてるんですね。

インデックス数を確認するメリットとは?

大きく分けてメリットは2つあると考えています。

1.公開している記事がGoogle先生にちゃんと認識されているか?

記事を更新しているのにインデックス数が増えていないということは、
世の中の不要なコンテンツだと認識されているか
公開の仕方に問題があるのかなどが挙げられます。

せっかく書いた記事が認識されないのは悲しい事なので
定期的に確認しておきましょう。

2.インデックス数が急に減ったり増えたりしてないか?

インデックス数が急に減ったということはページが見つからなかったり
リンクが開けない可能性があります。

また、公開数よりも増えているのであればそれは別のサイトがコピーされていたり
セキュリティの問題がある可能性があります。

インデックス数に急な動きがあれば各ページの表示速度や
リンクが切れていないか等を確認しましょう。

インデックス数ってどれくらい必要なの??

SEOにどれくらいのインデックス数が必要なのかはいろんな人が議論し
興味を持たれているポイントです。

しかし具体的に何ページインデックスされればSEO上よいのかは
答えが出ていません。

個人的には専門性のある内容のブログと
僕のような雑記ブログでは異なると考えてます。

専門性のあるブログは100記事、
雑記ブログは200~400記事くらいがいろいろな人が
言われている話を統合すると
妥当なラインな気がしています。

だからと言ってやみくもに書き続けても意味がない

ただ単に数が多ければよいのかと言われればそうではありません。
数が多い事はGoogle先生に認識され表示される可能性が高まることは間違えないですがそれぞれの記事の質が低いとユーザーにとってメリットの無いサイトだと判断されてしまうかもしれません。

量を追い求めすぎても質が下がってしまうので
1記事1記事丁寧でユーザーにメリットのある記事をできるだけ
多く配信していきましょう。

そもそもインデックス数ってどうやって確認するの?

2通りのパターンがあります。

1.Googlesearchconsoleに登録してみましょう!

Googlesearchconsoleに登録してみましょう。

下記の写真のところから見ることができます。

インデックス数の確認方法

そもそもサーチコンソールを登録されていない方は
様々なメリットがありますので設定してみるとよいと思います。

↓紹介記事はこちら↓
GoogleAnalyticsと合わせて設定しておきたいGoogleSearchchonsoleとは?

2.検索エンジンで確認する

検索窓を使っても知ることができるので
以前書いた記事を参考にしてみてください。

サーチコンソールに登録していない方はこちらからサクッと調べてみましょう。

↓紹介記事はこちら↓
インデックス数ってSEOに関係あるの?に答えてみた。

まとめ

インデックス数の概要を少し理解していただけましたでしょうか?

ブログを始めた方々には気になる数字かと思いますので、
自分が書いた記事がしっかりGoogleに認識されているかどうかを確認するためにも、
定期的にチェックする必要がありそうです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする