新卒入社した会社で3年は最低働くべき?メリットとリスクを社会人3年目になる前に考えてみた

よく新卒採用で就職する人へ向けて

『企業ではとりあえず3年は働け!』

という記事を見かけます。

でも、だいたいそういう記事に限って
根性論的な話がまだまだ多い気がしてしまいます。

だいたい根拠がなかったりとか、なんとなく3年の方が良いと思うよ見たいな話が多いです。

3年くらい同じ会社でがむしゃらにやってみろ!

みたいな感じに見えます。

3年も続けられない人は
どんな会社に行ったって通用しないみたいな。

別にその考え方自体は悪いとは思いませんし、
人によってはそれがいいと思います。

ただ、

どんな人にとって3年間は働いた方がいいというアドバイスを聞いた方がいいのか

というのはあると思います。

新卒で入った会社で3年働くべき人、辞めてもいいなと思える人の違い

社会人3年は働いた方がいいとアドバイスを聞いた方がいい人

僕はこれが当てはまる人、
当てはまらない人がいると思うんですね。

まあ当たり前の話ではあるのですが。

それはいろいろ考えた結果、

『明確な将来ビジョンを持っている』

かどうかが重要なのではと考えています。

ここでは明確な将来ビジョンとは何かという話は割愛させていただきますが、
明確なビジョンも目標も何も持っていないのに、

『転職したいです!』

となってしまうと結局転職先でも転職した目的を
明確に伝えることができません。

別会社に転職できたとしてもまた時間がたてば
転職しようという漠然とした選択しか
できなくなってしまうのではないでしょうか。

転職者の採用活動をしていると確かに3年くらいは働いてくれた人の方が考え方とかマインドもしっかりしている場合が多い

採用活動をし始めて思うことなのですが、1年くらいで会社を辞めている求職者の方もたくさん応募してきてくれます。
中には自分の考えや信念を持って転職活動をされている方もいらっしゃいます。

しかし、なんとなくで会社を選んでしまってやっぱり失敗した人、考えてるつもりがあんまり見えてなくて不満が溜まって辞めてしまった人が1年目で辞める人はほとんどな気がしています。

こういう人は間違えなくもう入っちゃったんだから一旦もうがむしゃらにその会社で頑張って実績作ってそこでいろんな能力とか知識とか経験を積んで外に出ろよと言いたくなります。
さすがに採用できないので。
1年で辞める人を悪いとは全然思わないですし、辞めた人の中でもいい感じにその後の人生を送っている人もいるので入ったからこそわかることもあるので、入る前に完璧にいろいろ把握しとかなかったのが悪いと言うつもりもないですが、1年目で辞めているとなんで辞めたの?と絶対に聞かれるのでしっかりとした理由がないと転職活動はかなり苦しむと思います。

3年働くメリットだなと考えていること

3年間新卒でいた会社で頑張っていると良いことは結構あると考えています。

3年という数字に意味があるかどうかは分かりませんが、
同じ会社に3年間在籍していると得られることは3つあると考えます。

(1)大きな会社でもだいたい組織の全体像が見えてくる

私の会社は全体で1,000名程度いますが、
自分の所属している事業部以外のことはあまりわかりませんでした。

2年目になってくると他部署のことが分かり、
他部署と連携した動きをすることができるようになってきました。

単純に長くいると組織をすることができ、
他部署を巻き込んで動くことが少しずつ可能になってくるので仕事の幅も広がります。

自部署でお世話になっていた人が転部となり、
その部署と連携しやすくなったりとか話がスムーズになっていろんな人を巻き込んだプロジェクトを実施していくことも可能です。

今までと違った成果を出すことができたり
楽しさや充実感を得ることもできるでしょう。

(2)マネージメントの経験ができる可能性が高まる

1年や2年、プレイヤーとして働いている新卒入社の方は多いと思います。

ここで結果が出せるようになればマネージャーになって、
チームを成功に導く力が欲しいと考える方も多いでしょう。

僕の会社では3年目になって各ユニット(チーム)単位でのリーダーになってくる人が増えてきましたし、
新卒同期がいろんな部署でそれなりに活躍している声をよく聞きます。

彼らの助けを得てスムーズに話が進むことも増えてきました。
マネジメント層とつながりがあると話が通じやすいのは当たり前です。

僕は今1年半程度経過しましたがセブ支社での勤務となり、
支社のチーム作りや本社とのやりとりを円滑にするための
仕組み作りを経験させて頂いています。

現在は10名ほどのチームをマネジメントするようになりました。
ちゃんとできているかはかなり不明でいろんな人に助けを借りてやっていますが。。

3年もいれば大なり小なりマネージメントの経験が
できる可能性が高いと考えています。

マネージメントスキルはどの会社にいっても必須なので、
これを経験しておいて損はないでしょう。

(3)他社とのつながりが広くなる

社会人同士の繋がり

社会人2年目になってよく思うのは、

他社の人脈が自分自身のキャリア形成のきっかけになる

場合もあるということです。

特に僕がいるIT業界では業界内での転職が多いです。

この間まで○○社で取引してた人が▼▼社に・・・

みたいな話はまだ1年半しか経っていないですが、
多々あります。

他社の人脈を活かして様々な業界情報や会社の情報を知っていくことで、
自分自身のキャリアを広げる可能性が高まるでしょう。

3年間新卒で入った会社に居続けることがリスクになってしまう可能性

同じ会社で3年働くリスクとは

すでに前述したように僕は3年企業にいることがいいとか悪いとか
特にないと思ってます。

ちょっと乱暴な言い方になってしまうかもしれませんが、

居たければ居ればよいし、
居たくなかったら居なくてもいい。

と思います。

ただ、何も考えずにただただ3年という期間を過ごしてしまうのは、
あまりに長い期間です。

リスクがある場合ついて考えてみました。

(1)将来のビジョンと一致していない、または得たい事がすでに得られてしまった場合

この場合はさらにキャリアを広げられそうな場所に
転職すべきだと考えます。

ただ、

将来のビジョンと一致していないかどうか

得たいことがすでに得られているかどうか

を判断できる材料が何なのかは
しっかり考えておくべきでしょう。

そうしないと、転職後にもう少しいればよかったなと
後悔する可能性があります。

上記判断はとても難しいので社外にメンターがいれば相談をしてみることをお勧めします。
しかし、判断は自分自身でというのが大前提ですが。

(2)会社の中でどうしても我慢できないことが自分の力では変えられない場合

当たり前ですが、

会社ではやりたいこともやらなければならないし、
やりたくないこもやれねばなりません。

また、これはありえないと思うことも方針に従って
やらねばならないかもしれません。

これがどうしてもやりたくない場合、
変えてやろうと考える人もいると思います。

しかし、物理的に変えられない会社も
存在するのではと考えてます。

その場合はもう転職したほうがいい気がします。

ただ、変えられそうであればその変えた実績が自信につながり、
自分自身のキャリアの手助けになる可能性も十分あり得ます。

変えられそうなことはぜひ変えようとチャレンジしてみましょう。

結局、転職を決めるかどうかは周りの意見ではなく自分次第。

僕自身、セブ支社での業務が完了したらいろいろな選択肢を考えています。

経営コンサルの会社へ行くのもよいと思っているし、
スタートアップ系の会社でマーケティングやるのもよいし、
運用広告メニューを持っている大手へ行くのもよいと思ってます。

社内にいるのも選択肢の一つだと考えています。

それぞれにいろんな可能性があるし、
ある意味どれをとっても自分のキャリアビジョンに
一歩近づく選択になると考えてます。

どれが最短かはまだ分かりませんが。

どれだけ素晴らしい人の記事を読んだとしても、
どれだけ尊敬できる先輩のアドバイスだったとしても、
どんなに優秀な同期の言葉だったとしても、

決めるのは全て自分の責任です。
転職はかなり労力のいることですし、
環境が思いっきり変わって今までやってきたことが
0になるかもしれません。

自分が納得できる言い訳できない選択で、
自分の人生をもっと豊かにしていきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする