自動運転車が事故時にどう判断すべきかをシュミレーションできる『Moral Machine』

急速に発展している新しいテクノロジー。
その一つが自動運転車。

自動運転車が実現すれば人が運転することがなくても
目的地に連れて行ってくれるようになります。

目が不自由でも腕を思うように使うことができなくても
載ることが可能な自動車は様々な人が活用するようになると思います。

しかし様々な問題を抱えていることも事実です。

運転者、歩行者のどちらかが死ぬ場合どちらを殺す判断をするのか?

自動操縦の自動車に載っているとき、
目の前に人が飛び出してきたとします。

止まることができずそのまま歩行者にぶつかるか、
横の壁にぶつかるか他の人を引くしかよける選択しはありません。

その時、自動運転車はそれを避ける動きをするのでしょうか。

そのモラルについて考えさせられるサイトがMoral Machineです。

What should self-driving car do?

Moral Machine

自動運転車は何をするべきですか?

という問いから13の状況でどちらが好ましいのかを選んでいきます。
上記画像の場合の状況はこうです。

・信号は青のため歩行者はルールを守っている
・歩行者を避ければ壁にぶつかってしまい、
女性アスリートとビジネスマンとして優秀な女性3名の合計4名が死亡

・歩行者を避けずぶつかれば、
男性アスリートとビジネスマンとして優秀な男性の3名

皆さんはどちらにぶつかることを選ぶでしょうか。

別れる見解

上記で説明した状況ではいくつかの判断に分かれます。

1.信号を確認していない車が事故を起こすべき
2.女性は子どもを産めるから法律を守っていなかったとしても守られるべき
3.男性が生き残る方がいいだろう

等々です。

様々な意見があると思いますし、
この結果を見てショックを受ける人もいるでしょう。

この13の状況に答えていくと
世の中の人が何を重視しているかが分かります。

何が重視されるべきなのか?

このモラルの問題は人の価値観によって変わりますが、
マシーンの場合はそうではありません。

学習していく機械でない限り必ず優先順位に従って
事故を起こすことになります。

人々の結果は異なります。

・法律を重視すべきだという人
・女性を重視すべきだという人
・男性を重視すべきだという人
・お年寄りより子どもを重視すべきという人
・お年寄りよりも犬を助けるべきだと勘がる人

など様々です。

何を優先すべきなのかは考えるべきですし、
自動運転車を利用するのであれば必然的に陥る状況です。

便利さを教授するときのリスクについて
一度考えてみるべきではないでしょうか。

一度このサイトのシュミレーションを体験してみてください。

個人としてどう判断するのか、
世の中はどう見るのかが理解できますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする