バナーデザインのイメージが湧かない時に参考にしたいサイト8選!

インターネット広告を配信するうえでバナーを
利用して配信をする上で検討すべき項目の一つ。

しかし一度始めると定期的にバナーのデザインや訴求内容を変更することが求められます。

ユーザーはそのバナーに一定期間見たら飽きてきてしまうので、CTRが下がりCPMが下がりクリック単価が上昇し、、、
みたいなことが起こり始めます。

なので定期的にバナーデザインを変更する必要があります。

アイディアを出すのが大変だなあと思われるかもしれませんが、
世の中にはすでにたくさんのバナー広告があります。

それらのデザインを参考にして自社用に
カスタマイズを行いましょう。

今回はバナーデザインが参考になるサイトを
8個紹介させていただきます。

バナー広告とは?を簡単に紹介

バナー広告とは別名ディスプレイ広告とも呼ばれています。

基本的にはアクセス数アップや認知率アップなどに利用されます。

アドネットワークやDSPといったサービスを利用して配信可能です。

また、特定のメディアでもインプレッション保証型のような
いわゆる純広告のような広告を掲載できるところもあります。

もしあなたの持っているサイトが特定のメディアのユーザーと
マッチしそうであれば検討の価値があるかと思います。

予算やメリットを比較しながら検討したいですね。

1.BannerLinks

BANNERLINKS

BannerLinksさんで嬉しいのはサイズ別やカテゴリ別で
自由にセグメントがかけられること。

担当しているクライアントさんの業界で利用されているバナーを
簡単に探し出すことができますよ。

2.バナーデザインギャラリー

バナーデザインギャラリー

こちらのサイトは割とかわいらしいバナーデザインが多いイメージです。
サイズ・色などで選択可能です。

簡単にバナーを投稿可能なので
投稿してみるのもよいかもしれませんね。

3.バナーデザインデータベース

このサイトではバナーだけでなく
ボタンやサイトのデザインも確認可能です。

色で検索可能なのはもちろんのこと、
シンプル、ポップ、キュートなど
どんなテイストのバナーかで検索可能なのが
特徴です。

4.Banner Gallery

こちらのサイトは色、業種、サイズで検索が可能です。

一つ一つのバナーにどこの商品なのか書かれているため
一瞬でどのブランドのものなのか把握することができます。

5.レトロバナー

レトロバナー

けしてレトロなバナーばかりが集められているわけではありません。

バナーの更新日が分かるので直近で広告として
流れていたかどうかをだいたい把握することが可能です。

色、業種、サイズ、テイストなどから検索可能で使いやすいです。

6.BannerDesignArchive

バナーデザインアーカイブ

サイズ、色、業種での検索が可能です。
こちらのサイトも更新日が記載されています。

7.BannerMatome

バナーデザインまとめ

業種から検索することが可能です。

また、バナー広告についての説明が書かれているので
バナー広告の理解がまだ追いついていない方は
一度読んでみてもよいかもしれません。

8.Croppy

こちらのサイトはバナー以外にもサイト全体やロゴ、
フッターやヘッダーなどのデザインの例もあります。

結局上記でも見つからなかったらGoogleの画像検索!

上記サイトも参考にさせて頂くのですが、一番僕が利用するのはGoogle検索です。笑

例えばファッション系のバナーを検索したかったら普通に

『ファッション バナー』

とかで画像検索をしてみてください。
けっこういろんなブランドさんのバナーが出てきます。

上記サイトの中でお気に入りのサイトは利用しつつ、
Google検索で様々なデザインを見てみましょう。

様々な種類のバナーがたくさん出てくるのできっと
イメージと近いバナーデザインが見つかるはずです。