Google先生が提供するデジタルワークショップでウェブマーケティングを勉強!認定証ももらえるよ。

ウェブマーケティングを復習したい!
1から体系的に勉強したい!

と思ってもなかなかする機会がないのが実情です。

確かに本は売っていますがなかなか体系的に全体を幅広く網羅し、初心者向けに書かれているものは少ない気がしています。

この事態を受けてなのかGoogle先生は、
デジタルワークショップなるものを開講してくれました。

デジタルワークショップ

僕はデジタルワークショップの開講からコツコツやりまして、約3週間ほどかけてやっと終了させ、認定証を得ることができました。
※もっと早く終わるかと思ってましたが怠けてました・・・

終了するとこんな感じでおめでとうと言ってもらえます。
普段とってもお世話になっているグーグル先生に褒められるとなんだかうれしいですね。

デジタルワークショップ認定証

やってみて実際のところどうだったかを紹介させていただきます!

e ラーニングサイト「デジタルワークショップ」とは?

デジタルワークショップとは、Google先生がもっと多くの人々がインターネットの活用しビジネスに役立足せてほしいと考えて作成したEラーニングのサイトです。

こちらのサイトではSEO、インターネット広告、ソーシャルメディアの活用法などデジタルマーケティングの基礎を網羅的に学ぶことができます。

すべての口座を終了しテストに合格すると認定証が発行されるので、一定の基礎力があることが証明されます。

また、目的としては地方経済の活性化を目指しているそうです。
GoogleJAPANBLOGで紹介されていた文章を抜粋します。

Google では、7 月に日本をもっと元気にするための取組み「イノベーションジャパン」を開始、 全国各地の中小企業のデジタル化推進を支援することで、地域経済の活性化を目指しています。
本日、イノベーションジャパンのデジタル教育支援の一環として、デジタルマーケティングを学ぶことができる e ラーニングサイト 「デジタルワークショップ」を公開しました。
引用:GoogleJAPANBLOG

デジタルワークショップの使い方

問題は全てで23章、89の動画に分かれています。

全ての動画終了後に練習問題を解くことで
動画内容が理解できたかどうかを確認することが可能です。

また各章ごとに問題があるのと最後23章
すべて終わったときに最終試験があります。

最終の問題は動画内容を把握して入れば
問題なく回答ができるものになっていますので、
1つ1つ理解しながら進めていきましょう。

終了に必要な所要時間

1つの動画の時間が短いので本気でやれば1~2日で終わる内容になっています。
しかし、途中で挫折するのもよくないので僕は

平日:2~3本(10~15分程度で終わる)
土日:5~10本(30~45分程度で終わる)

くらいのペースでやりました。
個人のライフスタイルに合わせてゆっくり見ていきましょう。

動画を見るのがめんどくさいのであればテキストで読むことも可能

動画よりも文字で読みたい人もいらっしゃるかと思います。
その際には文字で読むことも可能です。

個人的には動画をさらっと見てテキストでしっかり内容を抑えてわからない言葉があったらピックアップして調べるというような学習法をお勧めします。

実際デジタルワークショップをやってみて感じた良さを4つにまとめて紹介!

僕にとっては基礎の復習になったのですが、
初心者の方やこれからデジタルマーケティングを学びたいという方には、
大変すばらしい内容になってるかと思います。

下記3つに分けて良さを紹介させていただきます。

1.言葉遣いが丁寧で分かりづらい用語も細かく解説!

動画に出てくる方の話し方が比較的ゆっくりで
分かりづらい言葉も丁寧に解説を入れてくれるため
とてもわかりやすい動画になっています。

デジタルマーケティングでは業界用語が多く、
初心者にとってわかりづらい物が多々ありますが、
この動画ならその心配はありません。

調べても定義があいまいだったりサイトによって言っていることが違ったりしてわかりづらいこともしばしばあるので、まずはこの動画を見て勉強することをおすすめします。

2.1本あたりの動画の長さがいい感じ!

動画の長さがすべて3~5分と長すぎない内容になっています。
電車の中や休憩時間にさくっと見れるので、
勉強が続けやすいと思います。

動画学習は続かない人の原因は長くて途中で飽きてしまったり
見るのが億劫になってしまうことだと思います。

これくらいの長さであれば楽に勉強できますね。

3.デジタルマーケティングを体系的に理解できている人は少ない

SEOだけ知っている人、インターネット広告だけを知っている人は
多いですがデジタルマーケティング全体のことを把握して
仕事している人は少ないのではないかと思います。

こちらのサイトでまずは全体像を把握してそれぞれがどんな役割を
デジタルマーケティングの中で担っているのか、
どんな活用法があるのか理解できます。

また、突然会社のマーケティング部に配属されてしまった方もこちらを見ておくことをおすすめします。
細かい知識までなくても全体像が分かっていれば、詳しい人と話をしたときもこの人は何を話しているんだろうとなることはありません。

デジタルマーケティングを学ぶきっかけとして
こちらを活用してみるのをお勧めします。

4.具体的な店舗名などが出てきてわかりやすい

ウェブマーケティングの全体像はつかみづらいですが実例が多く出て来たりケーススタディのような内容の問題も多いのでイメージしやすいようになっています。

はじめてウェブマーケティングに触れる人にもわかりやすい内容になっています。

認定証をゲットしてLinkedInに記載しよう!

デジタルワークショップ認定後に認定証を発行してもらえますし、
LinkedInに資格として登録できます。

デジタルマーケティングの基礎が分かっているかどうかを
証明できますのでぜひトライしてみましょう。

無料で復習できるツールなのでまずは気軽に下記リンクから始めてみてはいかがですか?

デジタルワークショップ