アフィリエイト広告とは?運用のポイントやメリット・デメリットを解説!

インターネット広告は費用対効果が高いという点で利用価値の高いウェブマーケティング施策のひとつです。

その中でもうまく活用できればリスクなく費用対効果を高められるアフィリエイト広告に関して解説します。

アフィリエイト広告とは

成果報酬型広告と呼ばれるのがアフィリエイト広告です。

成果とは商品の購入であったり、
何かしらへの登録であったり、
アプリへのインストールだったり、
資料請求であったり、
クレジットカードの申し込みであったり多岐に渡ります。

これらの成果が発生したときにだけ
費用が発生する仕組みとなっております。

アフィリエイト広告で知っておきたい3つのプレイヤー

アフィリエイトには基本的には3者の立場の人がいらっしゃいます。

1.広告を出稿する人(=広告主)

広告を出したい何かしらのサービスや商品を持っている法人や個人のことを指します。
代理店を通している場合もあるのでその場合は
代理店の後ろに広告を出稿する人(=広告主)になります。

2.アフィリエイター

広告主が出稿した商品やサービスに関する広告を自社のホームページや個人のブログに貼りたい人たちです。

彼らはアフィリエイト広告をすることでメディアのマネタイズを行おうとしています。
そのメディア経由でアクションが起きれば成果が発生しお金を得ています。

3.ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)

ASPとはアフィリエイトサービスプロバイダの略です。

アフィリエイト広告を就航したい広告主とアフィリエイターさんを
つなげるプラットフォームのようなものです。
ASPの種類に関してはこの後のトピックで説明させて頂きます。

ASPを活用しよう!

前述させて頂いた通り出稿する側(広告主)もアフィリエイターもアフィリエイト広告を活用したい際はASPへの登録が最も簡単なステップです。

とは言っても世の中にはたくさんのASPがあるので有名どころのASPのリンクだけご紹介。

このあたりが結構長くやってるアフィリエイトサービスで実績と安心がありますのでご参考に。

A8.net
バリューコマース
JANet(ジャネット)
アクセストレード

それぞれのASPで強みや対応が異なったりするので確認してから選びましょう。

強みというのは例えばアフィリエイトの報酬単価もそうですしどんなアフィリエイターを抱えているのかもそうですし、アフィリエイターへのサポート体制がしっかりしているかどうかでも収益性が変わってきます。

また、あなたがアフィリエイト広告を使ってメディアの収益を上げたいアフィリエイターなのか、商品やサービスを持っていてアフィリエイト広告を使って売上向上を図りたい広告主なのかで見るべきポイントは変わってきます。

アフィリエイト広告のメリット・デメリット

アフィリエイト広告は広告主にもアフィリエイターにもそれぞれメリットとデメリットが存在しています。

それぞれ紹介していきます。

広告主にとってのメリット・デメリットは?

広告主にとってのメリットは『成果報酬型でリスクが少ない』点があげられます。

成果当たりの単価があらかじめ決まっていて獲得できた分だけ費用が発生するので、
獲得件数が希望通りの数値まで伸びれば有効な手段となるでしょう。

反対にデメリットとしては『どれだけのサイトに掲載してもらえるかわからない』ことです。

アフィリエイターにたくさん選んでもらえるやサービスであれば多くの掲載を得ることができます。

単価が低すぎると成果報酬が少なくなってしまうため
広告を貼ってくれるアフィリエイターも見つかりにくくなってしまいます。

これはASP側の担当者や代理店と相談しながらどれくらいの単価がよいのか
費用対効果や予算と相談しながら決めていきましょう。

アフィリエイト広告を利用してマネタイズをするメディア側のメリット・デメリットは?

アフィリエイト広告のメリットは『高い成果を出すことができればアドセンスのようなCPC型の広告よりも報酬が高くなること』です。

高いCVRを叩き出せばかなりの儲けがでます。

なのでブログの相性や報酬単価を見ながら案件の選定を行うことが重要です。

逆にデメリットは『購入に繋がらないと1円もお金にならないこと』です。

アフィリエイトは良くも悪くもブログやサイトとの相性なのでどんなユーザーが自サイトに来ているかをしっかり確認して商材を選ぶ必要があります。

また、どんなものを売っていきたいのか、何に特化すべきなのかをしっかり考えてその方向性にそったメディアを作っていきたいですね。

アフィリエイト広告運用のポイントは?

アフィリエイトの運用ポイントは広告主・アフィリエイターどちらも『相性の良い相手を見つけられるかどうか』にかかっています。

広告主であれば高CVRを発揮していてなおかつ質の高いユーザーを獲得できているアフィリエイターとマッチできるかがポイントです。

獲得数を広げたいのであればそういった相性の良いアフィリエイター(=メディア)をどれだけ見つけられるかがポイントとなります。

アフィリエイターであれば自社サイトやブログと相性の良い商品やサービスを得ることが大切です。

相性が良いカテゴリが分かったらそのカテゴリ内で相性の良いと思われるサービスをどんどん紹介していきましょう。

一度買ってくれたユーザーが満足していたら再度あなたのサイトやブログから購入してくれるリピーターになるかもしれません。

相性の良い相手を見つけるにはどうすればいいのか

を常に考え続けることが重要です。

アフィリエイトはやり続けると獲得件数が伸びなくなってくる

基本的には日本人をターゲットにすると思いますが、日本人の母数は決まっています。

同じ商品を売り続ければ売り続けるほど獲得件数が落ちていきます。

理由としてはアフィリエイト広告を実施しているメディアのPV数に依存してしまうからです。

そのメディアのUU数が増えていかなければあなたが出稿した広告を見てくれる人がいつも同じになってしまいます。

アフィリエイト広告経由で購入や資料請求を行う顧客は比較検討に入っているユーザーが多いのでその商品に興味関心があるユーザーを獲得しきってしまえば終わりです。
また、見ていたとしてもそもそも興味関心を持ってもらえていなければなかなか購入に繋がりません。

そのためにブランディング広告や興味関心を持ってもらえるようなSNS広告などを利用することによってあなたの商品・サービスに関心を持ってくれる、購入を検討してくれるユーザーをその他ウェブマーケティング施策によって育てていく日筒洋画あります。

ユーザーをひきつけ興味を持ってもらい比較検討して商品を購入してもらう一連のプロセスを描いて広告主は広告戦略を考えるべきです。

こういう考え方を知りたい方はパーチェスファネルとかを参考にしていただくのが良いかと思います。

広告主は新しい顧客を育てることを怠らないようにしたいですし、アフィリエイターの方々はアフィリエイトだけに収益源を頼りすぎないようにしたいですね。