Google検索で情報収集するなら検索オプションを使ってより良い情報を見つけ出そう

Google先生はユーザーのブラウザ上での体験をより良いものにするために様々な機能を用意してくれています。

僕はGoogle先生にすごくお世話になっています。

その中で一番利用するものと言えばやはり『検索』でしょう。

Google検索と一言で言っても様々な検索方法があり、様々な方が検索テクニックを記事にして書いているのをよく見かけます。

検索方法についてのテクニックがいろいろあるけどぶっちゃけ検索オプションで十分

ただ、僕はいちいちその検索方法ひとつひとつを覚えなくても特に問題ないと考えています。

なぜなら検索オプションという機能があり、それを利用すれば様々なテクニックを駆使することなく、
検索したい方法を簡単に選んで快適に検索を行うことができるからです。

一日中検索を行っているような方であればもしかしたら全部覚えて高速でタイピングしたほうが時間短縮になるかもしれませんが、
世の中にはそんな人は数少ないと思うのであまり必要が無い気がしています。

いろいろな検索方法を簡単に。

検索オプションを使えばだいたいのことができるので特に覚える必要がないと思うのですが、
簡単に羅列しました。

例えばこんな感じの検索方法があります。

– :右記のキーワードを除外
””:そのキーワードだけを検索
or:AかBの気ワードのみを検索

僕も除外キーワードを設定して検索したいときはたまに使います。

検索オプションとは?

検索オプションとは、上記の画像のように検索したいキーワードに何かしらの条件をつけて検索できる機能です。
下記、5つから選ぶことが可能です。

すべてのキーワードを含む
語順も含め完全一致
いずれかのキーワードを含む
含めないキーワード
数値の範囲

また、上記意外にも地域や言語などを指定して検索することが可能です。
僕はフィリピンから検索しているため英語を交えて検索するとすべての検索結果が英語のサイトになってしまうときがあるため、
たまに利用します。

タイトルのところにもリンクを貼ったのでそちらと同じものですが、
下記から簡単に使うことができるのでぜひ利用してみてください。

通常の検索ボックスで同様のことが行いたい方は下記ページに飛ぶと方法が記載されているので、
そちらを見て覚えてみてください。

https://www.google.co.jp/advanced_search

ついでに検索結果のカスタマイズも必要に応じてやっておこう!

Google検索をさらに便利にするためには検索結果のカスタマイズをしておくことも重要です。
下記ページからカスタマイズが可能です。

https://www.google.co.jp/preferences?hl=ja

ここでは検索結果の1ページ当たりの表示件数やプライベート検索結果を表示するかどうかなどを選択可能です。
個人の利用用途に合わせて利用してみてください。

Google検索を最大限に活用して効率的かつ最適な情報収集を!

Google先生には様々な検索方法がありますが、
使いこなせる人と使いこなせない人では欲しい答えを探す時間が圧倒的に異なります。
スムーズに検索を行って解決したい問題をどんどん解決に導きたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする