SimplicityにGoogleカスタム検索を実装する方法

カスタム検索とは?

Google先生がヘルプページにて説明してくれているので引用させていただきます。

Google カスタム検索をご利用いただくと、ウェブサイトに検索エンジンが含まれるので、サイトの訪問者が必要な情報を見つけるのに役立ちます。カスタム検索には Google の核となる検索技術を利用しているため、ユーザーに関連性の高い検索結果を提供することができます。
引用:Googleヘルプページ

つまり特定のサイト内に検索窓を付けてそのサイト内の記事を探しやすくするための機能と言えます。

Googleカスタム検索をつけるとどんな良い事があるの?

Googleカスタム検索を付けるといくつかのメリットがあります。
それぞれ見ていきましょう。

サイト内での記事を見つけやすくなり利便性が向上する


サイトのページ数が増えてくるとどうしてもユーザーが知りたい記事を探しずらくなってしまいます。
サイト内の記事を簡単に検索できるカスタム検索を実装することで記事を探しやすくしましょう。
これを実装することでサイト内での滞在時間が上がる可能性も十分あります。

アドセンスで収益を得ることができる

今回はアドセンスから収益を得る方法を記載していませんがアドセンスと連携すればカスタム検索から検索された際に広告が表示されそこから収益が発生する可能性があります。

さらに収益化を計りたいなら是非実施を検討してみましょう。

Simplicityでカスタム検索を実装する方法

カスタム検索はけっこう簡単にできます。

Simplicityでの実装方法について今回は記載をさせて頂いていますが特にそれ以外のワードプレスのテーマでも同じように実装できると思います。
それでは早速見ていきましょう。

1.カスタム検索エンジンを実装したいサイトを登録する

まずはこちらのサイトをご覧ください。
※上記画像と同じサイトです。

https://cse.google.com/cse/?hl=ja

こちらにある『カスタム検索エンジンの作成』のボタンをクリックしましょう。

クリックすると下記3つの情報を入れるだけで登録が完了します。

・検索するサイト
・言語
・検索エンジンの名前

2.コードを取得してサイトに張り付ける

上記のようにあるコードを取得からカスタム検索用のコードを取得してコピーします。
コピーしたらWordpressの画面に移動しましょう。

3.ウィジェットからテキストを選択しコードを貼り付け

WordPressにある『ウィジェット』に移動し、テキストに張り付けましょう。
基本的にはサイドバーの上部に配置することが多いかと思います。

サイドバーウィジェットがあらかじめ用意されているのでそれを編集しコードを張り付ければ自身のウェブサイトにGoogleカスタム検索の検索窓が表示されます。
表示されたことを確認してみましょう。

カスタマイズを実施して自身のサイトの利便性を高めよう。

僕もいろいろなカスタマイズを試みていますが地味にめんどくさいですよね。
ただそれをするかしないか、地道な作業の積み重ねが大きな成果に繋がります。

少しずつカスタマイズを実施してみてくれているユーザーさんにとって見やすく使いやすいサイトを心掛けたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする