カナダ(トロント)のワーキングホリデー中に仕事を探す方法3つ!

ワーキングホリデーに行ったなら現地で英語を使える仕事がしたいですよね。

今回はワーキングホリデー中に仕事を探す方法を3つ紹介させていただきます。

カナダで仕事探しをするのはそこまで難しくない。

僕もカナダ(トロント)でワーキングホリデー中に仕事探しをしましたが、
仕事を探すこと自体は特に対して労力もかかりません。

街を歩いていればお店に募集中の張り紙がけっこうあります。

ただ、英語を使える仕事となると少し話は変わってきます。
英語力があっても英語の仕事を見つけられない人も少数ですがいました。

英語の仕事を探すには少し根気のいる作業になるかもしれませんが、
諦めずに仕事探しをすることが重要です。
仕事探しでいろいろ駆け回った経験もあとから良い思い出になります。

では、仕事の探し方を見ていきましょう。

1.仕事探しができるWEBサイトや掲示板を利用する

日本で仕事探しをする時と同様に海外にも海外の仕事探しサイトが当たり前ですが存在します。
スキルや見つけたい仕事によって利用するサイトを変えましょう。

英語力が高くスキルもしっかりある人向けサイト

英語力があってスキルもある人向けの方は下記2つのサイトがおすすめです。

MONSTER

職種や場所から探すことが可能です。
また、直近更新があるかどうかもわかるので直近で募集している企業の求人をかんたんに探すことができます。

Indeed.ca

世界最大規模の求人検索サイトIndeedのサイトのカナダ版なので信頼性は抜群にあります。

日本語しかできなくても見つけられそうなサイト

英語力もまだまだだしちょっとな・・・
と感じる方は下記掲示板を利用してみましょう。

下記は仕事探し以外にも家探しや欲しいものを売り買いしたいときなど生活にかかわる様々な情報を得ることができます。

E-maple

カナダ最大級?の掲示板サイトです。
ここで日本人オーナーのお店がけっこう募集をかけてます。
ただ、日本語が多くなりがちな可能性があるので注意が必要です。
求人サイトではないので時期によって求人数がばらばらですが速いもの勝ちなところあるのでこまめにチェックしてみましょう。

JPCANADA

こちらもE-mapleと同じように掲示板です。
バンクーバーの情報が多めです。

Job Bank

カナダ政府がやっている仕事探しサイトです。
このサイトは特にスキルがなくても英語さえ話せれば得られそうな仕事がちらほら見られます。
英語に自身のある方は利用してみましょう。

2.街でお店に飛び込んで仕事を探す

レジュメをさくっと作って何枚も印刷して街に飛び出してみましょう。
たまに募集中の紙が貼ってあるので見逃さないように注意です。
1度配っても電話してきてくれないことも多いです。
その場合はもう一度訪問してこの間出したレジュメ見て頂けましたかと再訪問してみましょう。
やる気を買ってくれるオーナーも少なくないです。

3.紹介してもらえるまでいろんな人に仕事探しをしているといいまくる

カナダの仕事は紹介で決まることが多いです。
なので、出会った人いろんな人に仕事を探していると伝えましょう。

僕はビジネスマンが集まっているミートアップイベントで仕事探ししていることを伝えたらウェブマーケティングの会社のマネジャーさんでそのまま仕事を手伝わせてもらえることになりました。
どこでどんな出会いがあるかわからないので種をまき続けることが重要です。

得たい仕事を貪欲に探そう

自分自身が頑張れば頑張っただけ選択肢が広がりますし、
得られる仕事によってワーホリの充実度も変わってきます。
ディッシュウォッシャーとしてお金を稼ぐためだけに働いている人もたくさんいます。
それが良いのであれば問題ないのですが英語で仕事がしたいのであればある程度の根気が必要です。

とにかく動いて後悔の無い選択をしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする