新卒入社で入った会社を1年以内に辞めようとしている人が退職する前に考えたいこと

2015年4月に新卒入社をして今年で3年目になりました。

3年目でユニットマネージャーとしてセブ島で働いているとは思いもよりませんでした。

キャリアというのはどんな道を歩むか全く分かりません。笑

新卒入社から2年が経過していますが会社を辞めようかと思ったこともなんどかありましたがなんだかんだここまで続けてきてよかったなと考えています。

辞めようかなと考えた時に辞めなかった理由はたったひとつだけで、まだまだできることがあるしまだまだ投資してもらった時間を貸せてないと考えたからです。

仕事は大変なこともあったけど楽しかったです。
先輩にも尊敬できる人がいて恵まれた環境でした。

辞めるなら結果を出して投資分のリターンを返せないと次にはいけないし自分自身がかっこ悪いと僕は考えました。

辞める理由、辞めない理由は人それぞれあると思いますが、辞める前に僕が考えておくべきだと考えるポイントを紹介させて頂きます。

新卒入社で1年以内に辞める人の理由はどんなものがあるの?

考えるべきポイントを見ていく前にどんな考えで他の新卒入社社員が1年以内で辞めていくのかを見てみましょう。
下記サイトから抜粋させて頂きました。

1位:時間外労働が多い(62%)
2位:社風・体制に不満(36%)
3位:給与が低い、残業代が出ない(19%)
4位:ノルマ・プレッシャーがきつい(17%)
5位:人間関係に関する不満(14%)

引用:トレンドマガジン「DIME」

辞めた理由を見ると正直なところだいたい会社に入る前に分かってたことなんじゃないかなというものもちらほらあります。
確認不足とか調査不足なんじゃないかなと。。。
確認とか調査がちゃんと辛抱強くしっかりできないから仕事でもあんまりうまくできなくて結果辞めてるっていう人が一定層居る気がします。

僕の新卒入社で1年以内に転職して同業の会社にいる人とか結構いましたが、働き方や辞める理由を聞いていると正直この人とはもう仕事したくないなっていう人もちらほらいました。
辞めるのは一定のリスクが付き物です。
そのリスクをしっかり把握したうえでの判断が求められます。

まずは、辞める前に考えておくべきことを見てみましょう。
下記3つにまとめてみました。

1.なぜ辞めるのかを明確に

1年以内に辞めた人はやはり社会から冷たい目で見られます。

忍耐力が無いんじゃないか、言い訳ばかりで対してちゃんとやってもないのに出てきたんじゃないか、これだからゆとり(もうさとりとか言われてるかな??)はとか。。
先ほど見た退職理由にもその理由で辞めるのは微妙だなと感じる場面が多々あります。

たとえば、、、

給与が低い→いやいや、それ入る前から知ってたでしょ。給与の規定に書いてあるし。

仕事がつまらない→それはあなたの確認不足でしょ

仕事がきつい→それもあなたの確認不足でしょ

と僕は考えてしまいます。

たしかに新卒採用の際に人事の嘘を見抜けない可能性もゼロではないので一概には言えません。
結果選んだのは自己責任です。

僕も最近採用に携わっていますが2年以内で辞めた会社が2社ある人が面接にきました。

正直もうその時点で大丈夫な人なのかなって思いました。

面接後もまあ大丈夫そうではあるなとは思いましたがそれ以上には抜けだせず人にどうしても困ってたら居てもいいかなくらいまで持ち直すくらいです。

やはりその疑いを晴らさないと第二新卒で取ってもらえないと思います。

なぜ自分自身はこの会社を辞めるんだろうか辞めなければならないほどの判断ができる材料がちゃんと集まっているのか等しっかり考えることが必要です。

2.本当にその会社で望むことができないのかを考える

人が辞める理由は、『結果何かが足りていない』と感じるからだと考えます。

何かは人それぞれですし大事にしているものもそれぞれ違います。

金かもしれないし、名誉かもしれないし、信頼かもしれないし、信念かもしれません。

本当に自分自身が望んだものが手に入らないのでしょうか。
望むものが手に入らない理由は望むものの正体が明確ではない可能性が1つの理由として挙げられると考えます。

たとえば、

やりたいことはこれじゃない!

となるのは分かります。

仕事をし始めてからこれがやりたかったんだと気づく場合もあると思います。

その場合は本当にそこでそのやりたいことができないのか、やりたいことにつながる仕事ができないのかが判断できれば辞めた方が良いと考えます。

そもそもやりたいことが明確になっているようでなっていなかった可能性があるので、それをもう一度しっかり考えた方が良いでしょう。

やりたいことはこれじゃない!と言いながら辞めていって結果そのやりたいことが明確じゃなければ説明がつきません。
本当に望むことが得られないのか、できないのかはしっかり考えてからやめる必要があると思います。

3.転職したらその悩みや課題は本当に解決できるのかを考えてみる

転職は一つの手段でしかありません。

本当に転職してその悩みや課題感は解決が可能なのでしょうか。
他の会社に行っても同じだなと思うようなことであれば一度退職を見直すべきです。

他の会社に行っても同じそうであればまずはその会社でがむしゃらに頑張って会社の中でできることを精いっぱい頑張ってみることをお勧めします。

1年目の転職はリスクやメリットを考えながら慎重に

僕は1年目だから辞めない方が良いとか言うつもりは全くありません。
1年目でも本当に合わない会社であればぐずぐずせずにさっさと辞めるべきだと考えます。

逆に無駄な時間を過ごさなくてすみます。
途中にも記載しましたが、早い時期で退職するデメリットもあります。
そのデメリットを超越するほどのメリットが今辞めることであるのかをしっかり考えてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする