これからシェアハウスに住み始めることを検討する人が知っておくべきデメリット6つ

シェアハウスは家具もそろえなくてよいし家賃も比較的安いなどメリットが様々あります。

しかし、本当にシェアハウスを検討している人はメリットではなく、デメリットになりえる点が自分にとって許容できるものであるのかをしっかりと把握すべきです。

シェアハウス生活でストレスが溜まり、いらいらして生活していてはせっかくのシェアハウスのメリットを享受できた気になりませんし、最悪の場合ストレスが溜まって知らず知らずのうちに様々なことでお金を使っていて安いというメリットが得られないどころかマイナスにすらなりえるかもしれません。

僕は日本、海外を含めて4つのシェアハウスに合計で2年半ほどの生活経験があります。

僕はどの家の人たちもいい人が多かったので楽しく過ごせましたが、他のシェアハウスに住む友達からは様々な苦情を聞きました。

良い面だけでなく悪い面をしっかりと見ておく必要があります。

シェアハウスは楽しい事ばかりではない。

テラスハウスという番組をご存知でしょうか。

男女が同じ家に住んで色恋沙汰を繰り広げる番組らしいです。

僕は見たことありません。
僕は東京で友達とシェアハウスをしていた関係でいろんな人から

『やっぱりシェアハウスで恋愛とかあるの?』

と聞かれました。

友達同士ですしそんなことは一切ないですね。

僕の経験上だと。

恋愛がどうだとか家の中で毎日のようにしてたら疲れますし。

普通に暮らす家なので普通に気軽に使える人がシェアハウスを選ぶべきだと思います。

もともときれい好きで節度のある人でないと住んではいけないとすら思います。

安いシェアハウスは正直人のクオリティが低いらしいのであんまりお勧めできません。

しっかりとデメリットを知ってから選びましょう。

下記6つ記載してみました。

【デメリット1】全てが共有のため使いたいように自由に使えない

あなたは毎日冷蔵庫の中をきれいに使っているでしょうか。
ちゃんと食材や用途にまとめたりしてコンパクトにしているでしょうか。

洗濯をした後に服をしばらく入れっぱなしにしないでしょうか。

こういうことを平気でやっちゃう人はシェアハウスに住めないです。
他の人に嫌がられます。

あなたはよいかもしれませんが他人が迷惑すると住みずらい雰囲気になってしまいます。

【デメリット2】誰かが友達を呼ぶとうるさい

友達を呼ぶことのできないシェアハウスもありますが、呼べるシェアハウスは騒音が激しくなることもあります。

うるさくしないようにと友達に言ったとしてもお酒が入るとついついボリュームがなんてことはありがちですね。

うるさくて夜眠れないこともあるかもしれません。

入居前にそのあたりのルールを確認しておきましょう。

【デメリット3】人間関係が難しい場合もある

人間関係は住むうえで非常に重要です。

シェアハウスはリビングなどを共有しているだけで住居空間です。

住むためだけに住んでいる人もいます。

交流したいかどうかはその人次第です。
相手がどうしたいのか気持ちをしっかりくみ取ることが必要です。

【デメリット4】盗難にあう可能性。何か盗まれたら全員が容疑者

シェアハウス内で盗難にあうともう誰が盗んだのかわかりません。
シェアハウス内なのか外なのか、誰が家の鍵を閉め忘れたのかなどです。

僕が友達とシェアハウスで住んでいたときは誰が俺のプリンを食べたのか的な言い合いはしょっちゅうでしたね。笑

これくらいならまだかわいいですが知らない人同士だと手に負えません。

僕が海外に住んでいたときに友達が住んでいるシェアハウス内でで財布が盗まれた事件があって大変そうだったのを覚えています。

全員集められてアリバイみたいなのを言わされたみたいです。
英語なので緊張しますね。
盗難沙汰にならないようにしっかり部屋の鍵は閉めることや人の部屋を覗き見ないなど徹底しましょう。

【デメリット5】完全に一人の空間を作ることができない

個室の部屋だったとしても隣の部屋に誰かいるという感覚は消えません。
一人の空間を作ることが事実上難しいです。

一人の時間が大切な人はシェアハウス暮らしには向いてないでしょう。

【デメリット6】彼女を呼べない

僕にとって最大のデメリットはこれでした。
彼女を家に呼べないと彼女の家に行くかホテルに行くしかありません。
僕が当時付き合っていた彼女は実家に住んでいたので家に遊びに行くことができませんでした。

なので毎週のようにホテルに行きます。
東京のホテルだと1万くらいしちゃうときもあります。
安いところ探せばありますがなんかあんまりきれいじゃなくて衛生的じゃないのが嫌でそれなりのホテルに泊まっていました。

友達と住んでいたので安さで選んだわけではないのですがそれなりにお金がかかります。
彼女、彼氏を家に頻繁に呼びたい人はシェアハウスには向いてないでしょう。

シェアハウスへの入居はデメリットをしっかり把握したうえで検討を!

シェアハウスはうまく利用すれば楽しい日々です。
日本では友達と住んでわいわいするのが楽しかったですし同世代で仕事の悩みや相談もできました。
また、シェアハウスがきっかけで新しい友達もできました。

海外にいるときもネイティブの知り合いができて心強かったのを覚えています。

うまくシェアハウスを利用すれば楽しい事も多いです。

しかし、デメリットになりえる点が我慢できなかったりするなら要注意です。

しっかりと自分の性格と向き合ったうえでシェアハウスにすべきかどうかを検討してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする