新卒入社した会社を3年目で辞めたい人が退職する前に知っておくべきこと4つ

新卒で入った会社で3年は働け!!

というような風潮は少しずつ薄れてきたような気がしていますがまだ依然としてはびこっている感覚はあります。

確かに1年目、2年目、3年目でみていることや考えていることは全然異なるので3年間居るメリットも確かにあったなーと感じます。

僕も2017年4月で3年目となり、会社でもマネージャーという立ち位置になって2年目と3年目では見ている景色が違うなーとひしひし感じます。

会社や個人の動きにもよると思いますが3年目は何かと今までよりも責任のある仕事を任せてもらえる時期かなと思います。

僕も3年目になって今後のキャリアはどうしようかなと考えてます。

特に今すぐ辞めたいとかもないしどうしても転職したいわけでもないですが自分のキャリアにとって何が最適なのかは常に考えています。

辞める辞めないにかかわらず自分にとって常に最適な選択肢を選びたいのが本音かと思います。

新卒で入って辞めたいなと考えている人が考えた方が良いのではというポイントを3年目になったばかりの僕がまとめてみました。

3年目になると同期もほかの会社に就職した大学の友達もぱたぱた辞め始める

3年目になると周りがけっこう新卒入社した会社を退職し始めます。

僕もセブ島支社で勤務していますが、他社で同じくセブ島に赴任してきている人たちがぱたぱたとやめ始めました。
本社で働いていた同期も何人か辞めちゃいました。
大学時代の友達も何人かやめ始めて新しいことを始めたりしています。

周りがやめ始めると自分はこれで良いのかと思いたくなる気持ちはすごくわかります。

僕もみんなが辞めるという話になってどうしようかなと考えた時期もありました。

ただ、マネージャーになって責任ができて今ここで辞めてもなと気がするしここでまだまだやりたいことがあるのでそれに集中することにしましたが。

やはり目標が明確だとそこに戻ってきます。

僕は辞める前に下記4つを考えたり把握しておくべきだと思います。

1.辞めずに続けると得られるかもしれないチャンスを把握する

辞めることにはメリットとデメリットが常に付きまといます。

そのまま残っていれば昇進できてあらたな役割ができたり給与が高くなったり関わる人が変わって毎日成長とやりがいを感じながら仕事ができるかもしれません。
辞めないと将来目指している方向性、目標に向かえないかもしれません。

常にどんなチャンスが会社であるのかを考えておくべきことが重要です。
そのチャンスを得るメリットとデメリットが自分にとってどうなのかを考えてみましょう。

2年目よりも会社全体が見えて楽しいし任される仕事の裁量も大きくなる可能性

辞めないメリットは正直いってここに尽きると思います。

僕はユニットマネージャーというポジションを任されて8人の部下ができました。

個々の成長とチーム、支社の成長をどうやってうまく両立して最大限の効果を発揮できるのか試行錯誤する毎日です。
今までとは全く違うことを考えていますし、チームの中でも自分が一番成長していると自信を持って言えます。

3年目の先輩方をみて3年目に仕事が得られそうなのか、自分の能力的には同じ・またはそれ以上のものが得られるのかを考えてみましょう。

2.辞めるのにポジティブな意見もある

3年目に辞めることに対してポジティブな意見を持っている人も社会には一定層いることも覚えておきましょう。

第二新卒枠をまだ活用できる

3年目に辞めるメリットはぎりぎり第二新卒採用枠を使って就職活動を実施できることです。
3年目で辞めた理由にもよりますが。

ただ、3年目は社会人としてのマナーもあって基本的なビジネススキルもそれなりについてきて仕事のことがだいたい分かってきている時期だけど、まだその会社には染まりきってないぎりぎりの年くらいかなと思います。
だからなのか、3年目の人を積極的に採用している企業もあるようです。

また、業種を思いっきり変える最後のチャンス?ともいえます。
第二新卒採用であれば度専門スキルを求められない会社も存在します。

業種を変えたいのであれば思い切ってチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

3.こんな人は3年目で辞めない方が良い

下記のような人は3年目で辞めるべきではないと考えます。
当てはまるかみてみてください。

冷静に考えると自分で解決できる不満だったりするケース

不満を居続けたり自分で解決できない問題を言い訳にして転職をする人は別の会社に行っても同じ可能性があります。
これは自分では気づきにくいポイントではあります。

自分で解決できそうな問題に対して不満を持っているのであれば自分自身でまずは解決しようとトライしてみてそれがどうしても解決できなくて不満なら辞めても良いかもしれません。

部署を移動すれば不満が解決されるケース

今の部署ではできないけど、別部署ではできるといったケースもあるかと思います。
そういった場合は別部署に異動できないか相談してみればよいと思います。

もちろん、本当に今の部署でできないのかを把握しておくことも重要です。

何がしたいのか見えていない、将来の目標がないケース

目標も次に何がしたいのか分からないまま転職活動をしたり退職したりしても路頭に迷うだけです。
まずはこれを明確にして自分自身が人生において何をしたいのかをしっかり考えてみましょう。

4.転職活動をする前に会社を辞めない方が良いらしい

転職活動をしていた友達に聞いたのですが、次に行く会社ややることが決まるか決まりそうだなという確信を持ってから退職願を出した方がよさそうです。

貯金に余裕があれば話は別ですが仕事が決まっていない中辞めてしまうとすぐに決めなきゃという気持ちになってあせってしまい本当に行きたい会社ではないのに妥協してしまう可能性があります。

焦りや不安は人の判断を迷わせるのでできるだけそういったストレスが無い環境で仕事探しを実施しましょう。

周りに惑わされず自分の意志を貫くことが大切

転職を考えようとすると誰かに相談することがあると思います。

その際にいろんな人がいろんな意見を自分の経験談や聞いた話から様々なアドバイスをしてくると思います。
ですが、どうするのか決めるのは自分です。

アドバイスをもらいたくなる気持ちも分かりますが聞き過ぎるのは危険です。

しっかりとこれは自分の意志で選んだんだと自信を持って選択ができるようにしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする