Chromeを常にシークレットモードで開く方法【閲覧履歴を残さない】

GoogleChromeで検索を行うと必ず検索履歴が残ってしまいます。

検索履歴を残したくないようなやましいことを検索している方は少なくないと思います。笑

仕事中にはまさかそんなやましい事してないですよね??

そう願います。笑

今回はシークレットモードで常にGoogleChromeを立ち上げる方法を紹介させていただきます。

GoogleChromeのシークレットモードを常に開いておくメリットとは?

GoogleChromeでシークレットモードを常時開いた状態にしておきたい方が多いかとは思いますが、知らない方のために簡単に説明しておきます。

基本的にはシークレットモードでできることは、サイトのアクセス履歴がChromeに残らないということだけです。

下記シークレットモードの説明をヘルプページから引用してみました。

シークレット モードにすると新しいウィンドウが開きます。このウィンドウで閲覧したサイトの情報は Chrome に保存されません。シークレット モードのウィンドウと、他に開いている通常のウィンドウを切り替えることもできます。シークレット モードになるのは、シークレット ウィンドウを使用しているときだけです。
引用:Google Chrome ヘルプ

つまりChrome上に残らないだけであってほかのサイトへのアクセス履歴等は残ってしまいます。

これを常にしておくメリットは、

・キャッシュや履歴を常に消しておくことでクレジットカードなどの個人情報をブラウザに残さない
・自分以外のPCからログインして閲覧する際にパスワードが残らない
・シークレットモード以外で利用しているときはパーソナライズドされていて自分用に検索順位がカスタマイズされているが、シークレットモードだと純粋な順位を確認できる

など、多々あります。

しかし、常に開いておくとクッキー等の情報が残らないため、毎回同様のページにログインしないといけないデメリットもありますので用途に合わせて利用するようにしましょう。

シークレットモードで防げないこともある

シークレットモードでは防げないことももちろんあります。

こちらもヘルプページを参照してみましょう。

なのでリターゲティング広告を表示したくないと思っても表示されちゃいますね。

・ご利用のインターネット サービス プロバイダ
・雇用主(仕事用のパソコンを使用している場合)
・アクセス先のウェブサイト
引用:Googleヘルプページ

パーソナライズドされないといえばされないが『地域』のセグメントだけはなくせない

パーソナライズドされるというのは聞きなれないかもしれませんが、検索エンジンはあなたが検索体験をもっと有意義なものにするために個人に合わせた検索結果を表示してくれています。

個人のウェブサイト運営者や企業のウェブサイト担当者は自分のパーソナライズドされた検索結果よりも純粋な検索結果や順位を知りたいと思うはず。

その際はシークレットモードを利用して個人にパーソナライズドされていない検索結果を見ることが有効です。

しかし、シークレットモードを使っても地域の指定から逃れることはできません。

例えばラーメン屋を検索したら地域の近くのラーメン屋さんの情報が出やすくなってしまいます。

地域はもう仕方がないですね。

もしかしたらVPNを使えば特定の地域からいけるかもしれないので、もし特定の地域からの検索結果を知りたい方は使ってみてください。

通常のシークレットモードの立ち上げ方

シークレットモードには2つの立ち上げ方があります。

設定からシークレットモードを開く

設定画面から『シークレット ウィンドウを開く』を選択するだけでOKです。
下記のところですね。

ショートカットを利用する

下記ショートカットを使って開くことが可能です。

Windowsだと下記です。

Macだとcommandを使う感じになると思います。
恐らく・・

Ctrl+Shift+N

Chromeでシークレットモードを常に開く設定に変更する方法

基本的なところは知ってるよという方お待たせいたしました。

ここからは常にシークレットモードのままで起動する方法をお伝えします。

1.Chromeのショートカットを右クリックして「プロパティ」を開き、ショートカットタブを選ぶ

上記ページをまずは開きましょう。
そうすると『リンク先(T):』という欄があります。

2.その中にある「リンク先」の末尾に『 –incognito』と追記する。

『リンク先(T):』のところの末尾に『 –incognito』を入れましょう。
ここで注意してほしいのは『‐‐』の前に半角のスペースが入っていることです。

僕はChromeのショートカットをログインしたいアカウント毎に作っているのでリンク先の記載が少し異なりますが通常通りだと下記の通りになります。

【追記前】
“C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\Google\Chrome\Application\
chrome.exe”

【追記後】
“C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\Google\Chrome\Application\
chrome.exe” –incognito

これで常にシークレットモードを開くことができるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする