情報収集の質を高めたいならアウトプットを意識した情報収集をしないといけない理由

成長の速度を高めたいならインプットとアウトプットの質と量を求めることは必須で、どんなアウトプットをしたいのかを明確にしてから情報収集をしていくことが必要です。

やはり仕事ができるなという人はアウトプットの量もインプットの量も他の人とは全然違うなと感じます。

今の時代インプットもアウトプットもやろうと思えばどこでもできます。

インターネットを開けばすぐに情報を閲覧できるし本屋さんに行けば大量の書籍が様々な国から流れてきています。

これによって選ぶものが多くなったのでそれだけ取捨選択する機会も増えています。

どんな情報をインプットしてアウトプットするのかしないのか、アウトプットをどのような形でするのかも個人にゆだねられています。

情報収集ばかりしている人が陥りがちなこと

たくさんのインプットをするためのツールが発達した昨今ですが、情報収集ばかりしても意味がありません。

インプットを大量にしていてうんちくが多かったりインプットを活かせない人とそれを実践までできる人は何が違うのでしょうか。

情報収集をする目的が明確になく、ノウハウコレクターになっている

世の中にはたくさんの情報があるので当たり前ですが取捨選択をしないといけません。

世の中全ての情報を知ることには限界がありますし全てを知ることがマストだとも思いません。

これは単に知識欲を埋めているだけにすぎないです。

これだけの情報を選んで自分のものにしていくには『情報を集める明確な目的』が必要になります。

明確にこれをしたいからこの情報を得る。
どう使いたいからこの情報をしらないとな。

と情報をどうやって扱うのか(アウトプットするのか)を情報収集する前に知っておく必要があります。

大量に書籍を読んで学んだ気になっている

世の中の人はあまり本を読まないといいます。

しかし、書籍を読みまくっている人がいるのも事実。

ただ、残念ながら書籍を読みまくっているのに知識はあってもうまく活かせない人が存在します。

目的がないとこうなってしまいます。

なんとなく自己啓発本を読んで自分を奮い立たせてみたり東洋経済のビジネス書ランキングをとりあえず読んでみてインプットしレベルアップした気になっている人たちは正直に言ってたちが悪いです。

だいたいこういう人が上司だと部下が疲弊しますがそういう人が上司にいることは少なくないかと思います。
特に大企業に行けばいくほど・・

社会人交流会とかでいろんな人とコミュニケーションを取って情報を得た気になっている

これもよくありがちだと思っていますが意識高い系社会人というのも存在しています。
意識高い系とか大学生をばかにするなよっていう感じです。

意識高い系社会人はとにかく社外に友達を多く持ちたがります。
それが一種のステータスであり、意識高く人脈を広げいつか何かのチャンスになると思っています。

しかし、いつか何かの役に立つと思っている種は永遠と育ちません。

社会人交流会には僕は行ったことがないのでイメージでしかないのですが、意識高いと思っている人たちがしょうもない愚痴を言い合っているか、ネットワークビジネスの囲い込みのためにやっているのではと思ってます。
世の中の半分以上、いや7割以上はこのどちらかに当てはまるような気がしてます。

気づいたらネットサーフィンに大量の時間を費やしている

インプットをするために携帯にいろいろなアプリを入れてみたりネットでたくさん検索して情報を得ようとしている人たちがいます。
検索行動は自分の意志があって検索ワードを選んでいるはずなのでまだよいですが、ニュースアプリを漠然と読んでいて気づいたらけっこう時間が経過していたなんてこともあるのではないでしょうか。

漠然と情報を得ているのは危険です。
何のために情報を得ているのかを一度考えてみましょう。

情報収集を行う目的が無いので情報を得ただけで忘れる

情報は世の中に膨大にあふれていてすべての情報を集めるのは無理ですし、一度読んだり聞いたりしてもすべてを覚えてるのは不可能に近いです。

情報収集を行うことに目的があってそれを実際に何かしらに活かすことを考えていれば、覚えていて実際に使える知識になっていきますが、何の目的もなく情報収集をしていても何も覚えていなかったり、覚えていたとしても中身のない薄い知識になってしまいます。

質の高いアウトプットをするには情報収集が必須!アウトプットの質を高める方法2つ

上記でも振れてきた内容ではありますが、アウトプットを前提としたインプットが大切だよというのは再度念を押したいポイントです。

どんなアウトプットをしたいのかを明確に考える

どんなアウトプットをしたいかが明確になるとその情報が目にとまり詳しくなることができます。

逆に明確にない人は

『あっ、これもあれもそれも大事だな』

となってしまい、結局何も得られていない場合が多々あります。

インプットを実施する前にそもそもどんなアウトプットをしたいんだっけ?ということを考える必要がありますね。

アウトプット内容を明確にしたらすぐに使う。使う場所も想定しておく

どんなアウトプットをしようかが明確になったら次はどこでアウトプットをするのか考えましょう。

職場ですぐに実践できるでしょうか。

職場で使えるような実践的な情報はすぐに使えますが、何か将来のために勉強している情報であればなかなか使う場面が出てこない場合もあります。

リアルで発信がしづらいと考えるのであれば、まずはブログやTwitterアカウントを開設して自分が考えたことや学んだことをアウトプットしてみましょう。

また、自分の意見が本当に伝わっているのかをしっかり意識して書いてみましょう。

ラーニンピラミッドという概念がありますが、これによると学習することよりも教えてもらうことよりも、経験することよりも教えるということが一番学習の定着率を高めるという結果がでています。

誰かに教えること、伝わることを意識してアウトプットをしてみましょう。

アウトプットを前提にした情報収集で自分の能力を高めよう

アウトプットを前提にしないインプットはほぼ無駄だと思って思い切って捨ててしまいましょう。

アウトプットを誰かにすることを前提にインプットしていないとただの自己満足だけで時間が過ぎてしまいます。

アウトプットは誰かに伝わりそれがきっかけとなって何かしらのアクションが起こされることで初めて価値になります。

インプットするだけというのはあまり意味がないのでアウトプットを意識したインプットをすることで有益な時間を過ごしましょう。

下記本では、仕事ができる人ほどアウトプットしていてアウトプットの内容や仕方も工夫していることが書かれてます。

せっかく情報収集してもなかなかアウトプットできず知識として定着しなかったり結果に繋がらないなと考えている人はこの本を読んでアウトプットの仕方を今までと変えてみましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA