海外に行ったら英語が話せるは誤解!基礎的な英語力と英語を話す環境作りが必須だよ。

海外に行ったことが無い人は海外に行き長期滞在すれば赤ちゃんが英語を覚えるようにかんたんに学べると思いこんでいる人が少なからずいるように感じます。

僕もカナダでのワーキングホリデーを終えて日本に帰ってきたら

『半年も海外にいたんだし英語を話せるようになったんだよね?』

的なことを多くの人に聞かれました。

確かに行く前と比べれば日常会話もできるようになったしTOEICの点数も履歴書に書けるくらいにはなりましたがめちゃくちゃビジネスでも使えるようになったかと言われれば厳しいのが現実です。

海外に行ったら本当に英語は話せるようになる?

本当に海外に行ったら英語が話せるようになるのでしょうか。

正直、行くだけでは英語を話せる様にはならないです。
海外に行ったとしても意識しないと日本語だけで生活できちゃう国もあります。

海外に行くことよりも

『海外での時間をどう過ごしたか?事前準備をどれだけしたか?』

にかかってきます。

事前に英語を勉強しないと後悔する

カナダでワーキングホリデーに行きましたが、全然英語を話せない日本人がたくさん存在していることに驚きました。

基礎力もなにもないままカナダに来て地道に勉強するなら最低でも2~3年は必要だと思います。

トラブルに巻き込まれても解決できない

海外では助けてくれる人は少ないです。
携帯や家の契約等も全て英語でやりとりが行われます。
契約内容をしっ借り見ておかないと後で後悔している日本人を何人も見ました。

しかも、トラブルになってお金を請求されたとしてもそれに対して交渉することが残念ながらできません。
相手が何を話しているのかを理解する能力と遠まわしでもいいのでなんとか伝えられる程度の英語力が必要になってきます。

やりたい仕事を見つけることができない

英語力が壁となってやりたい仕事をできない可能性があります。
それを超越するくらいのスキルがあれば話は別ですがコミュニケーションが取れない人とは仕事がしづらいのはお互い日本語を話す人とでも同じことです。

現地の友達を見つけることができない

海外に行ったとしても英語をネイティブレベルで話す現地人と知り合うことが難しいです。
普通に生活していたらまず出会うことができません。

積極的に出会いを求めていくことが必要となります。

語学学校に行ってもクラスがレベル分けされているので自分と同レベルくらいの友達しかできない

海外に行ったらとりあえず語学学校に行こうと考える人も少なくないと思います。
しかし、語学学校はだいたいクラスがれべル分けされていたりマンツーマンレッスンだったりするとなかなか友達をつくることができません。

語学学校に行くならスパルタで教育してくれるところでがっつり英語を学ぶのが良い気がします。
また、アクティビティの多い学校であれば幅広い友達ができるかもしれません。

日常会話を毎日しても決まったフレーズしか使えない

せっかく友達ができたとしても毎日同じような話しかできない可能性があります。
日常会話で使う英語のパターンって実はそこまで多くないので毎日決まり切ったフレーズでそれとなく話す感じになってしまいます。

海外に行くなら欲しい最低限の英語力とは?

英語を話せないと海外生活をより充実させるための手段がありません。
やはり最低限の英語力が必要だと考えます。

最低限というとどれくらいか分かりづらいですが、TOEICでいうと最低でも600点くらいはあった方が良いというのが僕の周りの友達で英語が話せる人の言い分です。

600点あったうえで英会話などをある程度やっていて英語に多少なれている必要があります。

海外に行く前の1カ月でも良いので朝の30分だけでも英会話を続けておくことをお勧めします。

英語を話せる環境をつくるためにできることとは?

上記英語力ができたらいよいよ海外に出てみましょう。
海外に住んだとしても自分で英語を話すことができる環境を意識的に作っていかないと英語を話す機会なんてありません。

環境を作っていくためにできることを書いてみました。

現地で開かれているイベントに積極的に参加する

MEETUPというサイトをご存知でしょうか。

僕は2013年にワーキングホリデーをしたときに良くこのサイトを利用していました。
自分の興味関心に合わせてイベントに参加してみましょう。

自分の興味関心のあるところから表現や単語を覚えていく方が習得が早いと思いますし会話する内容も弾みます。

便利なウェブサイトを活用して英語が話せる人と出会う

僕はConversationExchangeというサイトを利用して現地の人と出会いの場を作りました。

このサイトでは日本語を勉強したくて英語をネイティブレベルで話せる人を探すことができます。
日本でも使うことが可能なので試してみてください。

しかし、世の中良い人ばかりではありません。
良くないことに連れ込もうとしている人や日本人女性と出会うために利用している人も一定層いますので注意が必要です。

また最近ではTinderのような出会い系サイトで知り合っている人も多いそうです。

ボランティアをしてみる

仕事探しで英語を使うことは難しいですがボランティアは広く開かれている場合もあります。

ボランティアをしながら英語を使ってみましょう。

ボランティアの中で普段とは違った英語を使うことができるはずです。

また、そこから交流が広がる可能性もありますね。

英語を話すようになりたいならそれなりの努力を

これは自分自身にも言い聞かせなければならないことでもあります。笑

僕もセブ島に海外赴任して1年が経過しましたが英語力が伸びた自信が全くありません。笑

ワーキングホリデーの時は時間を無駄にしないようにと多少努力していましたがセブ島に来てからは仕事を優先しているという言い訳をして英語の勉強を怠けてしまっています。。。

なかなか英語って必要性にかられないと勉強できないですよね。
であればもう半年後の航空チケットを抑えてここまでに自分はこのレベルになるんだという気持ちで勉強してみるのも良いと思います。

チケットを買ってしまえばあとはもう行くだけですね。笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする