かっこいい社会人になるためにはどうすれば?かっこいい人にはしていること以上にやっていないことがあると思う。

かっこいい社会人になりたい!

と漠然と考えている20代の社会人は多い気がします。

しかし漠然と考えているだけでは永遠にかっこいい社会人にはなれないです。

しかもさらに最悪なことに、かっこいいところをアピールしようとして自慢話をしてしまうともうだめです。

自慢話程女の子に嫌われてしまう話はないですしたぶん誰も聞いてません。

合コンとか後輩の女の子を連れて行って

『俺こんなことやっててさー』

みたいな自慢話をしっかりと聞いてくれるのは、あなたが20代で年収1,000万以上の人を見てきゃーきゃーいう子か根の優しい純粋な子くらいです。

たぶん。

かっこいいアピールをしていたつもりがまさかの逆効果です。

こんな社会人にならないためにはどうしたらいいのでしょうか。

今回はこんな勘違いをすることなくかっこいい社会人になるためにはどうすればよいのか、社会人3年目で海外支社でマネージャーをしている僕(こういうのを無意味な自慢っいうと思うけど・・)なりに考えたことをまとめてみました。

めちゃくちゃかっこいいなと思う人は当たり前な事をしっかりとこなしている

僕が思う社会人としてレベルが高い人はやはり当たり前のことを当たり前にこなしているということです。
当たり前のことを毎回当たり前のようにこなすことって当たり前なんですけどめっちゃ大変です。

人間ですからたまには惰性でてきとうに仕事をこなしてしまったり、まあ今回はこれくらいでいいかと妥協してクオリティが担保できなかったりと様々あります。

かっこいいなって言う人は当たり前のことを当たり前のように何の自慢をすることもなくやっています。

めちゃくちゃすごい人は当たり前のレベルも高い

かっこいい人はそもそもその当たり前のレベルも高いです。

たとえば、

『与えられた仕事の質は求められた事の120%以上で提出する』

みたいなことです。

テストだったら80点くらいでよかったかもしれませんし、飽きられてしまっている人はもう80%くらいの質で出してきてもまあいいかってなってしまっている可能性があります。
80点で提出するのが当たり前な人、100点を出すのが当たり前な人、100点を超えようとするのが当たり前の人。

どれが当たり前だと考えているかで仕事の質が変わってくるのはもう明らかです。
当たり前の人は徐々に自分の当たり前の質を上げていっています。

かっこいい人が絶対にやっていないことがある

また、カッコいい人にはもう当たり前に習慣化していてかっこ悪い人たちと比較すると絶対にやっていないことがあります。
かっこ悪い人はいろんなかっこ悪いことを当たり前にやってしまっています。

普通かっこいい人がいると、その人の実績ややっていることなど目に見えていることばかりに目が行きがちです。
しかし、見えてない部分にも目を当てていくことも重要です。

かっこいい人はこれ絶対やらないだろうな

ということを一度心の中で考えてみてください。
きっといくつも上がるはずです。

また、その頭の中で考えたことを冷静に自分に問うてみてください。

あれ・・?おれけっこうかっこ悪いことしちゃってるぞ・・?

と思い当たる節がある方もけっこういるのではないでしょうか。

かっこ悪い大人のポイントをリストアップしてみよう

どんな社会人がかっこ悪いなと思うでしょうか。
まずは自分なりにリストアップをしてみましょう。

日ごろの行いと照らし合わせながらじっくりと考えてみることをおすすめします。

ちなみに僕がかっこ悪いなと思う社会人についてぱっと思いつくところだと下記です。

・飲み会の場で愚痴が多い
・部下や会社、上司の悪口を永遠に言う
・できないことを人のせいにする
・人のことを卑下して自分を目立たせようとする
・口ばっかりで行動が伴っていない
・結果に対して責任を持てない
・自分の権利ばかりを主張する
・自分で決めたことにコミットできない
・『でも、いや、しかし』みたいなのが最初に出てきちゃう
・聞かれてもいないのに自慢話をし始める
・テーブルマナーが尋常じゃなく悪い
・飲み会の席でやたら後輩をこき使う
・仕事が終わらないことを時間のせいにする

どうでしょうか。

これをしない人ってけっこうかっこよくないですか?

これは僕の見解なので全てに共感頂けるとは思っていませんがけっこう社会で共通するポイントも多いと思います。

まずは自分なりにこれはかっこ悪いししたくないなっていうものを自分の同期や部下、上司を参考にしながらリストアップしてみてください。

リストアップしたら印刷するなり紙に書くなりして毎日目の届くところに置こう

リストアップしただけでは意味がありません。
また、結果リストアップしたとしてもすぐに忘れてしまいます。

人間はすぐ忘れてしまう生き物なので。

自分はこれがしたくないなというものを手書きか印刷するかして毎日見えるところに貼っておいてこれをしないぞと心に決めましょう。

人の性格や考え方、行動はなかなか変わらないので辛抱強く変えていこう

人は変わりたいと強く願ったとしても1分後、1時間後に全てを変えることはできません。

人間はすぐには変わることはできないのでまずは自分がかっこいい人になるためにできていなかったこととしっかりと向き合うことが大切です。

常に意識を働かせることで少しずつできたことを増やしていきましょう。
毎日意識し続ければ半年後、1年後には今よりもずっとかっこいい社会人になっているはずです。

これだけはしないということを決めてかっこいい大人になろう

こういう社会人ってかっこいいな

そう思ったことはないでしょうか。
その時には必ずこの人って○○しない人なんだというのが必ずあるはずです。

素晴らしい結果を持っている人も日々の積み重ねであったりその人の人柄から来るチャンスをしっかりつかんでいたりと地道な努力の結晶から成り立っているはずです。
だれもいきなり素晴らしい結果を出せた人なんていません。

かっこいい社会人になるためにはかっこ悪い社会人にならないということを意識してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする