海外の水道水は飲んじゃだめ?セブ島生活で普通に飲んでたら止められました。

海外生活も合計で2年程度が経過しましたし、バックパックや旅行も含めるとけっこうな日数を海外で過ごしていますが、どの国に行っても日本のように水道水を飲むことができるところは少ないです。

東京の水は飲めませんが・・・
レストランの水ですらなんか美味しくないなと感じますし・・
消毒の味がします・・

僕の地元が水の都とか言われる街なだけあっていろんなところから湧水とかあったからおいしいだけなのかもしれませんが・・

まあ、とりあえず日本の水はだいたいの場所で飲むことが可能ですが海外ではどうなのでしょうか。

世界で水道水が飲める国はどれくらいあるの??

いろいろソースを探してみたのですが明確にどの国で水道水が飲めるのかを示しているデータがみつけられませんでした。
また、いろんな記事を見ましたが参照しているデータの信ぴょう性がなかったため、明確な回答ができないのですが、世界で水道水が飲める国はまれで安全な水を確保することすら困難な国もあるそうです。

フィリピンの水道水は基本的に飲めないらしいんですが、僕は飲んでいて止められました。

フィリピンの水は基本的に飲めません。
フィリピン人も飲みません。

みんな家にウォーターサーバーを持っていて水を買っています。
街を歩いていると水を浄水しているお店がちらほらあります。

スーパーで水を入れる用の大きなボトルを買えば25ペソ(60円くらい)でけっこうな量の水を入れてくれます。
10リットル?20リットル?くらいのボトルです。

安いので普通にウォーターサーバーで水を飲めばいいのですが、僕はかなりの怠け者なので、水を入れるボトルを水を入れてくれるお店に持って行くのがめんどくさくてしていませんでした。
そうするとたまに水が切れてしまいます。

そういう時にめんどくさくて水道水をたまにですが飲んでました。

それをちらっと話した時に同僚に絶対にやめた方が良いと言われて止めました。

たしかにフィリピンの水道水はけっこう白く濁っていたりします。
何の濁りなのかは分かりませんが石灰だという人もいいます。

僕はなんの影響も(今のところ)ありませんが基本的に飲まないようにしましょう。

ダバオの水は飲んでも大丈夫ならしい

ダバオ在住のフィリピン人が言ってましたが、ダバオでは水道水が飲めるようです。
しかし、ダバオの日本人経営の英語学校では基本的にウォーターサーバーが置いてあるそう。

安全とは言っても日本よりは基準が低いはずなので基本的にはウォーターサーバーの水を飲むことをお勧めします。

飲食店の水は大丈夫?

飲食店はモールに入っているところは基本的に大丈夫です。
しかし、ローカルのレストランとかで出されるタップウォーターは飲まない方が賢明でしょう。

ボトルウォーターが売っているところが多いのでそれを買うことをおすすめします。

ローカルレストランの氷で当たる人もいるらしい

たまに、氷を水道水で作っているお店があるそうです。
その氷にも注意が必要です。

気になる人は氷をどの水でつくったか確認しましょう。
フィリピン人はめっちゃうそつく(というかてきとう)ので正確かどうか分かりませんが・・

うがいとかはしても大丈夫なの?

セブ島在住の日本人に聞くとウォーターサーバーの水で口をゆすいでいる日本人もけっこういます。
たまに、歯磨きするときに含んでしまった水でも駄目だという人がいます。

あまり聞きませんがそういう人もいるんだということを念頭に置いておきましょう。

一度でもこれは歯磨きの時の影響だな・・
と考えたら二度と飲まないようにしましょう。

コンビニとかスーパーでで売っているペットボトルの水は大丈夫?

コンビニで売っている水はどうなのでしょうか。

えっ、安全じゃないの??みたいな話もあるかもしれませんが、南米とかだとペットボトルの水ですらやばい時ありますので気をつけましょう。

一番知られているのはnaturespring

セブ島で水を買おうとするとき、一番知られているのがこのNatureSpringです。

しかし、セブ島に住んでいる日本人に聞くとこの水もそこまでよくはないとかかんとか・・・

僕は毎日この水を飲んでいますが今のところ変化はありません。

健康診断に行って最悪な結果が出たらいやだな・・
ただ、値段によって水のろ過の仕方が違うようなので心配な方は高い水を買うと良さそうです。

飲み比べてみましたが味が若干異なるような気がします。
気がするだけかもしれませんが・・・苦笑

Purified Water(精製水)

水色のパッケージの水です。
ホームページには下記で書いてあります。

For daily consumption of clean, pure, and affordable bottled drinking water

とりあえずクリーンで純粋でちゃんとした飲み水だよっていうことですね。

精製水のことがよくわからなかったのでWikipediaを引用してみました。

蒸留や濾過やイオン交換などの手法で濃度を上げた、比較的純粋な水である。無色透明・無味無臭で、場合によっては紫外線などで滅菌または殺菌されている。
引用:Wikipedia『精製水』

引用してみたんですがなんともいえませんね。笑

Distilled Water(蒸留水)

緑色のパッケージの水です。
こちらもホームページの記載を引用させていただきます。

Pediatricians recommendation for babies and/or infants

小児科の医師が赤ちゃんにお勧めしている水だそうです。
この水の方が水色のものよりも少し高い(500mlの水色のと比較して3ペソくらい)のですが、こちらの水を飲んでおく方が無難そうです。

蒸留水(じょうりゅうすい)とは、水を加熱などによっていったん沸騰させて気体の水蒸気にしてから、それを別の場所で冷却して液体に戻した純水(純度の高い水)。この操作を蒸留と呼び、水の純度を上げるため(水から不純物を取り除くため)に行う。水の純度を上げる方法は何種類かあり、蒸留によってできた純水を蒸留水と呼ぶ。
引用:Wikipedia『蒸留水』

蒸留水は上記のようにつくられていそうです。

pH9

一番高いのがこの赤というかオレンジのパッケージの水です。
本当に気になる人はこの水を買うことをお勧めします。

It has the highest pH level suitable for drinking water.

この水が一番pHレベルが高いようです。
理科の実験とかで使った酸性とかアルカリ性とかを表す値ですね。

飲み水としてどれくらいが最適なのか分からなかったので下記引用させていただきます。

飲料水水質基準では、pH 5.8~8.6(弱酸~弱アルカリ)と定められています。広範囲だなと感じるかもしれませんが、一言に水といってもさまざまな環境におかれているので、pH値も影響を受けます。
例えば、井戸水においては主に弱酸性を示し、藻の生えた貯水池においてはアルカリ性を示します。浄水場から供給される飲料水が水質基準を超えることはまずありませんが、消毒剤の次亜塩素酸ナトリウムの影響により、水質基準の中で若干高めです。
基準値以下(pH 5.8> )のときは塩素剤、基準値以上(pH 8.6< )のときは、次亜塩素酸ナトリウムの過剰添加が考えられます。 pH値の水質基準は人体に対する影響に関するものではなく、浄水処理の方法や設備などの腐食という観点から設定されています。 引用:日本水処理工業株式会社『pHとは』

セブの企業の値は信頼できないのですが、これがNatureSpringの水では質が高いのでお金に余裕のある方はこの水にしましょう。

パッケージ裏にはこのような表示がありました。

なんだか良く分かりませんが、ネイチャースプリングの中では質の高い水であると言えそうです。

気を付けることにこしたことはないので十分気をつけよう

水の値段はそこまで高くないので基本的にはボトルウォーターを飲んでおくことをお勧めします。
特におなかの弱い人とか他の東南アジアで水で当たったという人は注意しましょう。

ボトルウォーターもネイチャースプリングなら緑色のパッケージのものを買っておく方が安全だと思います。
僕は緑色のやつをいつも買ってます。
水色のやつと比べると500mlで3ペソ(8円くらい)しか変わらないので安いもんです。

健康被害があった方が高くついてしまうのでけちけちせずに良い水を飲んで過ごすことをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする