ワーキングホリデーに行く前に最低限やっておきたい英語勉強とその方法

僕は大学を休学してカナダのトロントにワーキングホリデーに行きました。

ワーキングホリデーに行ってかなり驚いたのですがほんとにBe動詞も分からないのに英語留学をしたりワーキングホリデーに来ている人たちがいて驚きました。

海外に住んでみたいという理由で来ている方もいるので一概によい悪いとは言えないのですがせっかく海外に来ているのであれば日本ではできない経験を積みたいですよね。

もちろん、英語が全く話せないから何もできないなんてことはありませんが英語が話せた方がより多くの事が話せます。

ワーキングホリデーでは英語を話せないと圧倒的にチャンスが減る

ワーキングホリデーの醍醐味は仕事もできて勉強もできてとなんでもできることです。

ホリデーのイメージが強いのでその感覚で来ている人も多いのですがうまく使えばいろんなチャンスを拾えます。

そのチャンスを拾うためにはやはり英語が必要になってきます。

僕も英語が全く話せない状態で行きましたが、仕事探しやインターン探しは本当に大変でした。

なにしろ相手が何を話しているのかだいたいしか理解できなかったので。笑

大枠は分かるので何の話をしているのかはわかるのですが詳細が分からないとたくさん聞き直さなければならないし、英語を話せない人にチャンスを与えようとしてくれる人は少ないです。

英語が話せてやっと一緒にやろうとか考えてもいいかなくらいのレベルの土俵です。

IT企業でインターンをさせてもらいましたが、正直言って仕事中は本当に地獄でした。

本当に何を話しているのかなんとなくしか理解できなくてボイスレコーダーを利用して録音し後で聞き直すみたいなことをしてなんとなく理解して行きました。

唯一の救いはその企業で使う用語をある程度理解していたので専門用語には苦労しなかったことですね。

逆に専門用語が分からなかったら何もできなかったと思います。

また、英語が読めないとチャンスにつながる情報が書いてあったとしても見逃してしまう可能性があります。

ある程度英語を読めるようにしておくこともチャンスを得るうえで重要です。

ワーキングホリデー前に最低限やっておきたい勉強

英語勉強法

最低限これだけはやっておいた方がいいよという方法を順を追って書いていきます。

本当に英語を勉強したことない人向けに書いていますが、大学受験くらいでしか使ったことないくらいの人も順を追って復習したりとか実践で初めから使っておくためにも下記実践してみることをおすすめします。

1.まずは文法をしっかりと覚える

まずは英語の文法構造を理解しておくことが重要です。

いろいろな便利な表現やいい方を覚えておくと覚えた単語を使ってかんたんに文章をつくることができます。

基礎的なスキルがあると後は単語を覚えてその文法に並べることができればある程度会話が成り立ちます。

話すときに文法を意識しすぎると話せないみたいなこともあるので注意が必要ですが、ある程度文法を知っておかないとあ千絵が何を話しているのか分からない場合もあるのでしっかりと復習しておきましょう。

2.英単語を覚える

文法が分かってもどの単語がどんな意味なのか分からないと聞くことも話すこともできません。

最悪単語が分かって適当につなげればなんとか話はできます。

英単語を覚える方法はいくつかありますがアプリを使うのはひとつよい方法です。

通学・通勤時間や隙間時間に英単語に振れる習慣を作りましょう。

mikanという英単語を覚えるアプリがあるのですが隙間時間に自分のペースで英単語学習を進めることができます。

3.書きまくる、聞きまくる

文法と英単語はずっと復習してほしい項目ですが、今度はそれを使う機会を作ったり、耳で鳴らすことが重要です。

世の中には英語の文章を添削してくれるサービスが存在します。

僕が使っている(いた)のはLang8というサイトです。

英語以外の学習にも使えるのでスペイン語圏などに行く場合でもこちらを利用できます。

また、聞きまくるならVOICETUBEもおすすめです。
下記記事で紹介しているのでよければ試してみてください。

TOEIC勉強に最適!無料動画で英語を学べるVoiceTube(ボイスチューブ)を試してみた。

4.日本国内で英語を使いまくる

文法が分かってきて単語もちょっとずつ分かってきて文章が少しずつ書けるようになってきたり耳が慣れてきたら今度は実際に使う機会を設けましょう。

日本各地でランゲージエクスチェンジのイベントが行われているので手っ取り早いのはこういったイベントに参加することです。

探し方が分からない人は世界的に有名なイベント共有サイトMEETUPを使ってみましょう。

このサイトは海外に行っても使えるので便利です。

イベントに行くのは時間も合わないし嫌だという人はオンライン英会話がおすすめです。
オンライン英会話はたくさんのサイトがあるので自分にあったものを見比べてみましょう。

5.フィリピン留学等の格安英語留学でスパルタ教育

上記を行ってある程度英語に慣れてきたらワ―ホリ前の1カ月くらいでもいいので格安英語留学ができるフィリピン留学をお勧めします。
1カ月で15万もあれば宿付き、ご飯付きの留学プランを探すことができます。

中でもスパルタな留学プランを用意している学校がお勧めです。

朝から夜まで本当に嫌になるほど英語漬けになります。

フィリピンは遊びの誘惑も多い国ですが、ワーキングホリデーに行く前の準備期間だと割り切ってしっかり英語の勉強うちこみましょう。

ワ―ホリ先で語学学校に行くよりもかなり節約できます。

また、ワーキングホリデーは現地に入ってから1年間有効だったりするのでまずは現地で英語学校に行くとせっかくの期間を英語の勉強に費やさなくてはならなくなります。

ワーキングホリデーの期間をめいいっぱい使いきるには格安で留学にいける場所で英語を学んでから行くことをお勧めします。
また、海外生活になれるという意味でも一度フィリピンを挟んでおけば他の国では生活しやすいなと思えるはずです。

いざ、ワーキングホリデーへ!

英語力が付いたら後はワーキングホリデーに行くだけです。

ワーキングホリデーは海外生活を楽しむ上でのビの問題もクリアできますし自分のしたいことをしたいようにできます。

ワーキングホリデーを充実させるためには多少は会話ができるようになっておくとよい時間が過ごせるのではと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする