日本には帰りたくない?海外在住者が日本に住みたくないと考える理由7つ

海外在住経験ももう2年になりましたが、僕はいつもやっぱり日本が好きだなと感じます。

海外生活も好きなんですがたまーに日本に帰りたくなることもありますし、僕はやっぱり日本人でよかったなと思えることもたくさんあります。

しかし、僕が考えていることとは裏腹に世の中には日本にはもう帰りたくない、住みたくないと考えている人もいるようです。

日本人なのに日本に帰りたくない理由

海外移住している日本人が日本に帰りたくない理由

僕の勝手な感覚なので押しつけるわけではないのですが、日本人として日本に貢献したいなという考えがぼやっとあります。

別に自分が生まれた国を一生愛せとか言うつもりも全くないのですが、日本には相当お世話になったし両親や大好きな人たちがいっぱい日本に住んでるし日本食はおいしいしルールはそれなりにきちっとしてるし街でスリを意識しながら歩くことも必要ないしネットも早いし清潔感がどこに行ってもあるし日本の田舎の風を感じるのとか自然の匂いを感じるのも好きだし海は結局沖縄がきれいだと思うし見たいな感じで日本大好きなので僕には日本に帰りたくないとかもう住みたくないっていう考えはあんまり理解できません。笑

しかし、今回はあえて今まであった日本人の中で日本にもう住みたくないと言っている人の意見をたぶん下記7つくらいで分類できると思うのでまとめてみました。

1.協調性という名の画一化みたいなのがすごい

日本人は周りがどうしているかとかどう見られているかを他の国の方と比べて気にしがちだと言われてます。
僕は別にそこはあまり悪いことだと思ったことはないのですが、人の目を気にするあまり動けなくなってしまう人もしばしばいます。

海外の人たちの個人は個人という考え方が楽な人もいるようです。

確かに海外の人の方が周りの目を気にせずに自分のやりたいように好きな事を好きなだけやるような姿勢は良いなと思います。

ただ、好きな事を好きなだけやるなら責任もちゃんと取ってほしいなというのが正直なところ・・

海外の人は責任に対する考えが甘い場合もあるのでそこはきちっとしっかりやってほしいですね

2.子どもを日本で育てたくない

海外に住んでいて子どもを持っている人は少なからず考えることかもしれません。

日本の教育はなってない的な記事は良くありますが日本の良いところを謳っているものは少ない気がします。

日本の教育にも良いところは少なからずあると思うのですが、、

これは僕も少しだけ考えるところではありますが、日本で育てたくないというよりは海外で育てた方が良いんじゃないかということです。

海外のいろんな価値観や考え方、習慣に振れることで何事も柔軟に考えたりしたいことをしっかりできる子どもに育ってほしいと思った時には海外の方が適切なんじゃないかと考えることもしばしばあります。

現実的に日本での仕事探しができない

海外で長く働いているともう日本社会になじめるか不安で転職活動ができずずっと海外に住んだままだという人もいるそうです。

日本と海外で必要とされているスキルが大きく違うかといえばそうではない気がしますが日本独特の習慣についていけなくなってしまうとなかなか日本企業から受け入れてもらえないかもしれません。

4.日本での生活を忘れてしまった

海外で生活を長くしているとふと『これ日本ではやってなかったな』と思うことがたまにあります。
たった1年日本に帰らなかっただけでもそう思うことがあるので5年、10年帰っていない人は余計に感じるはずですし10年もあればだいぶ風景も変わります。

日本で自分ってどうやって生活してたっけというのを忘れ海外の方が居心地が良いのでもう日本に下手に帰るよりも海外で住んでいた方が良いと考える人もいるようです。

5.日本での差別が嫌

日本の男女平等のランクを見ると世界でもかなり低い方です。
先進国では最低水準になっています。

僕が住んでいるフィリピンでは女性と男性の立場が対等だ的な話もありますが実際生活していてもそれを感じることができません。

データの取り方とかそういう問題かもしれませんのでなんともいえませんが、日本で受けた差別を機に海外に来てもう日本に帰りたくないと考えた日本人もいるそうです。

6.のんびりゆったりと生活を送りたい

僕が住んでいるフィリピンではリタイアメントビザを取得して永住している日本人もいます。
日本で忙しく働いていた日々は忘れてゆったりとセカンドライフを楽しみたい人もけっこういます。

日本だと物価が高いので海外の安いところでリタイアメントビザを取得した方が節約できますしね。

7.冷静に考えると日本の方が死ぬ確率が高い

日本の人は海外は安全じゃなんだろ?と思っているかもしれませんが、海外の人は日本の方が危ないと考えている人も多いです。

その理由は震災の多さです。
5年~10年に一度くらいの確率でどこでどれくらいの規模の地震が来てどれくらいの人が死んでいるか分かりません。
年間の死亡率とかを見たら日本の方が危ないんじゃないかというようなことを話している人もいます。

確かに危ないというのは何も犯罪率だけではないです。
何かしらに巻き込まれて死んでしまう可能性がどれだけあるのかということです。

本当に死ぬ確率が高いのかどうかはまた調べてみたいと思います。

良いところ悪いところあるけど結局日本は最高!

結果どの国を見ても良いところ悪いところありますし、悪いところをどれだけリスクヘッジしたりうまくすり抜けたり活用したりしてできるかの方が大切な気がします。

日本に住みたくないーとか言わず、自国の良さをもっと知ってほしいなと感じます。
たまに、若い人でも日本の批判ばっかりしてるTwitterの方とかいらっしゃいますし、お年寄りでフィリピンに住まれている方で全然建設的ではないなんだかわからない意見を日本に対してぶつけてわーわー言ってるお年寄りの方々もたくさんいらっしゃいます。

そういう方々はどの国に行っても一定層いらっしゃるので同調することなく、自分自身の意見を持って行動したいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする