社会人でシェアハウスに住むってどうなの?メリットデメリットをまとめてみた。

シェアハウスは今はかなり主流になっていて引っ越しをする際には選択肢のひとつとして考える人も多いと思います。

僕も大学生時代にシェアハウスに住みましたし社会人になってからも1年間は友達とシェアハウスをして過ごしました。

大学生時代は社会人の方々と同じ屋根の下で社会人としての経験やそこから得た考え方、知見をいろいろ共有してもらいました。

これは普通に一人暮らしや実家暮らしをしていれば得られなかったのでとてもよかったと思います。

しかし、社会人と大学生では立場も違えば生活リズムも異なります。

共同生活なので助け合いや譲り合いが必要となってきますが、社会人としてそこに対応することはしんどいという方もいます。

共同生活でのストレスももちろんそうですが、新卒で社会人になって初めてシェアハウスを経験する人は苦労する人もいると思います。

家でも職場でも異なる環境に適応することが求められることになります。

僕は海外でも日本国内でも、学生の時も社会人になってからもシェアハウスの経験があります。
海外では約半年、日本では約1年半のシェアハウス生活をしていました。

シェアハウスでは本当にいろんなことが起こるので大変なこともあります。
他記事でもシェアハウスについて書いているので下記を参照してみてください。

シェアハウスで約一年生活!メリットとデメリットをまとめてみた。
シェアハウスに2年以上住んでみて経験したよく起こるトラブル8選!

社会人がシェアハウスに住むメリット

まずは社会人がシェアハウスに住むメリットについて書いていきます。

1.同世代の社会人の考えを共有できる

社会人、特に若手の社会人は仕事の仕方とか上司が言っていることが本当に正しいのかとか、会社の方針やマネージャーの方針と考えが合わないとかいろんな悩み、葛藤があると思います。

家に帰ったら気軽に相談ができるような友達とシェアハウスをしていれば常に仕事について話せる人がいます。

同じ会社の人とばかりしゃべっていると考え方がその会社の考え方だけに染まってしまう可能性があります。

第三者の意見が常に聞ける環境というのはシェアハウスに住んでいるいないにかかわらず必要かと思います。

2.比較的安い

社会人1~3年目の給与はけして高くありません。

東京に住むとかなり家賃もかかります。

しかし、シェアハウスはいろんなものをシェアできるので基本的に安く済みます。

僕は新宿に住んでいましたが、水道光熱費を含めて6.5万円でした。
それでも使いすぎて貯金はできませんでしたが・・苦笑

3.仲が良ければ代わりに何かをしてもらうことができる

シェアハウスに住むなら仲の良さが大事です。
仲が良くなければほんとうにただ単にコストカットだけです。

コスト削減のためだけにあるシェアハウスは正直おすすめできません。

仲の良い人と一緒に生活をすると郵便物の受け取りがスムーズにできます。

また、欲しいものがあって仕事が遅くなるときは誰かに買ってきてもらうみたいなこともできます。

誰かにしてもらったら自分も何か相手のためにできることはないかをしっかり見ておくことが必要です。

4.一緒に副業とかしやすい

一緒に仕事を生み出すことも可能です。

異なるスペックを持った同世代と切磋琢磨してサービスを作ることもできます。

仕事だけでなく副業もしたい人にはシェアハウスは向いています。

社会人になると仕事終わりに会って仕事の話をする場所を打ち合わせるのもめんどくさいですが、住んでいるので予定も簡単に合わせられます。

社会人がシェアハウスに住むデメリット

次に社会人がシェアハウスに住むデメリットについて記載します。

1.個人によって活動の時間帯がばらばら

当たり前ですが、同じ家で済む住人個人個人でライフスタイルはばらばらです。

朝早い人もいれば遅い人もいるし夜遅い時間まで起きている人もいます。

人との共同生活なので常に物音があります。
寝る時間が合わなくてなかなか寝れないような人はシェアハウスには向いていないかもしれません。

僕は夜遅くまで話をしたり映画を見たりとかゲームをしたりしていたので睡眠時間は割と短くなることが多かったですね。

フリーランスのひととかいるとほんとにもう生活の時間帯がばらばら

みんな会社員をしているとは限りません。
フリーランスの人もいたりします。

フリーランスの人は自分で自由に時間を決めているので本当に行動の時間帯が異なります。

そういった人たちとも協調性を持って生活できるかどうかは重要なポイントですね。

2.朝の時間帯のシャワーやトイレが交通渋滞になる

会社員が多ければ多いほどシャワーは渋滞が発生します。

渋滞を避けるように朝は余裕を持って起きる必要があります。
逆にそれで生活リズムが良くなる時もあります。

なので、デメリットだと思わずに逆にメリットだととらえて朝型人間になることも可能です。笑

3.友達や彼女を家に呼べない可能性もある

シェアハウスは共同生活なのでルールによっては友達や彼女を呼べない可能性もあります。
逆に外に出ることが多くなるのでそこで経費が発生してしまう可能性があることもあると思います。

どんなシェアハウスにどんな目的で住むかを考えよう

社会人になってシェアハウスに住むメリット、デメリット

シェアハウスにどんな目的で住むのかは人によって異なります。
コストカットをしたい人、いろんな価値観を受け入れながら一緒に何か事を起こそうとする人、海外の人と一緒に住みたい人など目的は様々です。

今は様々なコンセプトのシェアハウスがあるので目的に合わせて場所を選びましょう。

また、僕は友達や先輩と住んでいましたがシェアハウスを思い切って作ってしまうのもありですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする