カナダ(トロント)は本当に住みやすい国なの?ワーホリで8か月程住んだ僕が考察するよ。

トロントの風景

僕は2013年5月から12月まで約8カ月間カナダのトロントで住んでいました。

今まで10カ国ほど海外に行っていますがトロントはその中でも一番と言ってよいほど住みやすい国です。

10カ国行ったと言っても実際は発展途上が多く、先進国はアメリカとカナダくらいなので比較対象が少なすぎですが・・苦笑

僕としてはアメリカはちょっときついなという印象です。
自己主張が強すぎるかなという感じです。

カナダの人は自己主張も強い人はいますが、自分が悪いなと感じた時に謝ることができます。

アメリカ人にも謝ることのできる人は存在していますが少数派です。(偏見も入ってます)

人の良さや生活環境あらゆる面を考慮してもカナダは住みやすいなと感じます。

トロントは住みやすい都市でずっと上位にランクインされてる!

トロントは2016年のエコノミストが選ぶ世界でもっとも住みやすい都市ランキングで4位に位置しています。

※情報元:The world’s most liveable cities

2016年だけでなく、長い間住みやすい都市とされています。
本当にトロントは住みやすい街なのでしょうか。

世界で住みやすい国=日本人が住みやすい国

とは限りません。

日本人と海外の人には当たり前ですが違いがありますし見ている視点も異なります。

日本人の海外移住者が住みやすい国ランキングにすれば選ばれる国や都市は当然変わってきます。

日本人も多く生活している

トロントは日本人も多く生活していますし、日系カナダ人の人も多いです。

日系カナダ人のため介護施設的な場所もあります。

既に3世とか4世の方々なので日本語を流暢に話すことはできませんが、どうして日本人がカナダに住んでいるのか、祖先はなぜカナダに来たのかなど興味深い話が聞けるのでボランティアに行くのもありです。

ワーキングホリデーから移住に切り替える人もちょいちょいいる

ワーキングホリデーを追えてからカナダにずっと住み続ける人もけっこういます。

なかにはワーキングホリデー中にカナダ人とつき合って結婚した方もいます。
ちょっと直近のデータを調べることができなかったのですが、2014年3月に発行されたJETROの駐在員の人数によると1万7,000人程の日本人がトロントに滞在しているようです。

恐らく現在はもっといるんじゃないかなと思います。
※情報元:JETRO

カナダは留学でもビジネスで行かれている方も多いので日本人向けのお店があるのも日本人からすると住みやすさを感じることができるポイントかもしれません。

実際に住んで見て良かったところ

僕が実際にトロントに住んでみてここが良いなというところを紹介させて頂きます。

1.危ない道を避ければ夜道もけっこう安全

海外は危ないというようなイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、カナダは比較的犯罪も少なく安全な街だと思います。
夜中で歩いていても危ない通りに行かない限り怖い思いをすることはほぼありません。

安全性があるかないかは住む際に最優先に考えるべき事項だと思いますがその点カナダは安全な国の一つだと思います。

2.街中に自然が多い

トロントはビルが立ち並ぶオフィス街にもところどころに公園があります。
芝があって木がありベンチがあるのでそこで新聞を広げている人や読書をしている人も多いです。

やはり外国人が新聞を読んでいるとめちゃくちゃ絵になるので写真を撮りたくなりますが迷惑なのでやめましょう。笑

トロントはオンタリオ湖もあって湖沿いでくつろいでる人も多いです。
僕もオンタリオ湖沿いで一人でぼーっとするのが好きでした。

都市部から近くに多くの自然があるのが魅力的です。

また、話は変わりますがカナダにはしっかり季節があります。
特に秋が好きです。

夏暑くなってから2週間くらいで寒くなってしまうので秋の期間はほんとに短いですがメイプルリーフの黄色とレンガ造りの家が立ち並ぶところはほんとうに素敵な景色になります。

季節の変わり目があるところも日本人が住みやすさや親しみやすさを感じることのできるポイントだと思います。

3.国際色豊かで1つの都市で様々な文化に触れられる

カナダは移民国家なだけあって多国籍です。

ブラジル人が集まるバーもありますし世界中どこにでもある中国人街、コリアンタウンやリトルイタリ-などがあります。
また、レストランも日本食、メキシカン、イタリアンなどと並んでいたりしてバラエティに富んでます。

一つの国に住んでいるのに様々な文化に触れられるカナダは孤児的には面白くて飽きないポイントのひとつです。

また、多国籍なだけあって様々な文化を受け入れる雰囲気も好きですね。

4.交通網が発達していて車なしでいろんなところへいける

トロントはTTC(Toronto Transit Commission)という交通網があります。
これのマンスリーパスを買えばバス、地下鉄、路面電車が乗り放題です。

トロントの街はごまの目状になっていてどの道にもバスと路面電車が走っています。
なので乗り継ぎをすればだいたい街中どこにでもいけます。

交通網が発達しているのでちょっとしづかな郊外に住んで仕事は街中と分けけ手も不便ありません。

5.スポーツが盛ん

僕がおすすめするもう一つのポイントはトロントは様々なプロスポーツチームがあることです。
野球もバスケットボールのNBAもアイスホッケーもプロチームがあります。

週末や休みの日はプロの試合を見に行くのもありです。

6.お祭りやイベントごとが多い

トロントのハロウィン

トロントは大きなお祭りがたくさん毎月のようにあります。

上記の写真のようなゾンビウォークや世界最大級のゲイパレードなどなど様々なお祭りがあります。

様々なお祭りに友達と出かけて騒ぐのも楽しみの一つです。

7.自由さが心地よい

トロントの日常

トロントは自由の国アメリカの隣に位置しているだけあって個人を尊重し個人が自由に自分の意志で生きているんだろうなと感じます。
もちろん、日本人も自分の意志で選んでいきていると思いますが、海外の人は周りの目を気にすることなく、自分の意志で選択をしているだろうなと感じることが多々あります。

日本人は良くも悪くも人の目をすごく気にしてしまいますし、僕も日本にいると海外に居る時よりも人の目が気になります。

人の目を気にすることなく自由にのびのびできるのはトロントに限らずですが海外の良いところですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする