読書したい社会人必見!ビジネス書要約サイトFlierなら短時間でたくさんインプットが可能!

本は読みたいけど、本を読む習慣がなかなか身につかないという社会人や学生は多いですし、そもそも読む意味あるのかとか読むのめんどくさいから読まないっていう人も多いと思いますが、そんな人にもおすすめなのがこの本の要約サイトFlier(フライヤー)です。

また、めちゃくちゃ本毎月買ってます!みたいな人にもおすすめです。

僕はそれなりに本を読むのが好きなので月に5冊くらいは少なくても読みます。

本当はもう少し早く読んでたくさんの知識を詰め込んで大量にアウトプットしたいんですが、大量にインプットしたからと言って質の高いアウトプットができるわけではないので質の高さも追及していきたいところ。

僕は、現在海外で生活をしているのですが、日本にいるときは月10冊程度は最低読んでいました。
しかし、現在は5冊程度にとどまっています。

本を日本から輸送したりとか友達が来るときに持ってきてもらったりとか、日本に出張で戻るときとかに大量にまとめ買いしたりして紙の本を海外に持ってきています。

僕はどっちかっていうと紙で本を読みたい派なんですよね。

しかし、海外にいるとそんな贅沢も言っていられません。

最近はWEBでいろんなものを読んでいます。

最近読んでいるWEB媒体でも特におすすめしたいのがこのflierです。

社会人や学生はどれくらいの読書を年間にしているのか?

社会人や学生は読書をどれくらいの量しているのでしょうか?
少し古い記事になりますが下記記事に月の平均冊数が記載してあったので引用させていただきました。

■あなたは1か月で何冊くらい本を読みますか?

平均冊数  2.58冊

まずは調査結果での平均数を出したところ、2.58冊という結果に。これを多いと思いますか? 短いと思いますか? 続いて冊数の分布を以下にご紹介しましょう

■月の本の冊数の分布

0冊 141人(36.1%)
1冊  78人(19.9%)
2冊  53人(13.6%)
3冊  32人( 8.2%)
4冊  24人( 6.1%)
5冊  17人( 4.3%)
10冊 20人( 5.1%)
20冊 8人 ( 2.1%)

今回は社会人男女391人に調査しました。その結果、上記のような分布に。全く読まないという人が最も多く1/3以上という結果に。一方で10冊、20冊という人もそれなりの数字となりました。

引用:マイナビフレッシャーズ『意外と少ない社会人の読書量、最多は約4割の0冊「忙しい」「ネットで十分」』

僕の感覚で言うともっと社会人が読む本の冊数は少ない気がします。
上記でアンケートを答えてくれた人はある程度意欲のある人?だったりとかする気がします。

僕は絶対こういうアンケート答えません・・・笑
平均すると1冊も行くか行かないかくらいなんじゃないかという感覚です。

読まない理由も同時に書いてあるのでそちらも引用させていただきます。

0冊

・読書は好きではない(男性/39歳/金属・鉄鋼・化学)
・読む習慣がない(男性/35歳/情報・IT)
・忙しくて読んでいる時間がない(男性/49歳/自動車関連)
・ネットでほとんど終わってしまう(女性/27歳/情報・IT)
引用:マイナビフレッシャーズ『意外と少ない社会人の読書量、最多は約4割の0冊「忙しい」「ネットで十分」』

読書をするのが好きではないのはもう仕方がないですが情報源を得る手段を読書する人に比べると失ってしまっていますね。。

忙しくて読んでる時間がないというのはもはや言い訳です。たぶん。
本気で忙しくて本を読む時間がない人ってほんとに世の中に数人いるくらいなんじゃないかって思います。

後術しますが、Flier(フライヤー)は本1冊の要点だけをしっかりまとめてくれているので5~10分くらいで読めちゃいます。

その時間も捻出できなくてかつそれが楽しくないようであれば辞めちゃった方がいい気がします。。
何のスキルもなく、3年続けたら身体もぼろぼろになり何のスキルもついてなく終わる気がします。。

話がそれてしまいますね。

前置き長くなりましたが、本の要約サイトFlier(フライヤー)について紹介させていただきます。

本の要約サイトFlier(フライヤー)とは?

すっごい簡単に言うと厳選したビジネス書を10分程度くらいで読みやすく要約してくれているサービスです。

読者は自分が読みたい本の要約を読んで様々なビジネス分野の知識をさくっと入れることができます。

サービス紹介ページを引用させて頂きます。

「本の要約サイトflier フライヤー」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身に付け、スキルアップにつなげることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
引用:flier『サービス紹介』ページ

様々な分野の書籍が要約されているので自分が必要としている分野の情報を短時間で吸収することが可能です。

料金システム

僕は500円のシルバー会員として使っているのですが、2,000円のゴールド会員に変えようかなと考えているくらいけっこう愛用してます。
後で愛用している理由やおすすめポイントを記載しています。

まずは料金体系とそれぞれの会員の違いについて見ていきましょう。

本の要約サイトflierの料金体系

フリー、シルバー、ゴールドの3つの料金体系から選ぶことができます。

フリーでも読める書籍はありますし、まとめられているのでまずはフリーの書籍の要約を見てみましょう。

これだけは満足できない・・
という人はシルバー会員から始めてみましょう。

たくさん読みたいという方はゴールド会員になるのも良いです。

1冊の要約は10分もあれば読めるので毎日本を読むことも可能です。
シルバープランだと5冊までしか有料で読めないので、毎日見たら30冊になります。

それくらい余裕で読めるなと思ったらゴールド会員になってみましょう。

本の要約サイトFilerがおすすめなポイント

本の要約サイトflierのおすすめポイント

【おすすめポイント1】欲しい分野のアイディアが欲しいときにさくっと読める

個人的なおすすめポイントというか使い方は、困ったことがあった時とかアイディアが欲しい時にさくっと読んで仕事に活かす事です。

僕がこのサイトを使うのは上記のパターンが多いです。

本を読む時とかこの本気になるなという時は何かしら今課題に感じているものに目が行くと思います。

このサイトがあれば、ビジネスアイディアに躓いたりとか何かヒントを得たいときにさくっと知識を知ることができるので、アイディアを得てこれだっとなって質の高いアウトプットを生みだすことが可能となります。

ネット上に転がっている情報も良いですが、本にはその分野で様々な著者からの意見や考えを見ることが可能になります。

しかし、1冊1冊どこに必要な情報が書いてあるのか探すのは時間もお金もかかります。

このサイトを使えば欲しいテーマの本をすぐに探してさくっと読めます。

これをやってると月に5冊とかじゃとても足りません。笑

【おすすめポイント2】紙の本を買う前にこのサイトである程度内容を把握してから購入する

僕は日本にいるときは月に10冊程購入していたのですが、中にはてきとうにアマゾンでタイトルだけ見て買っちゃって失敗したな・・と感じた本もしばしばあります。
本の出費は1冊1,000円~2,000円くらいしちゃうのでサラリーマンにはそれなりのお金です。

毎月10冊購入すると月に1万~2万、年間にすると12~24万になります。
新卒とかの月の手取り金額くらいになります。笑

マックブックが購入できますね。

僕はアマゾンのレビューを見ながら本を選ぶこともありますが、レビュー書く人ってけっこう割と偏った意見を書いてくださっていて、意見同士を比較すると全然違う内容のものとかあったりします。笑

その点、Flierを確認すればある程度内容を把握できるので購入したときに失敗が少ないです。

特に僕は海外から輸入していてたくさん購入しづらいので、厳選して買わないと輸送代がえげつないことになります。笑
10冊くらい頼むと輸送代が5,000~10,000円になってしまうのでこのサイトを利用してある程度中身を確認しています。

※ちなみに輸送に利用しているのはだいたいこれです。
『海外に住んでいて日本のものを輸入したい時に使えるサイトzenmarketを紹介するよ。』

しかし、要約サイトの難点は新しい本とかほしい本、気になる本が要約されていないこともあることです。

ここはもう仕方がないのでアマゾンのレビューだったりどこかしらの経済誌のWEBサイトが紹介してたりするのでそれを見て買うか買わないか判断してます。

【おすすめポイント3】5~10分あれば内容を把握できる

どんだけ忙しい人でも5~10分くらいは毎日時間をつくれるはずです。
本1冊読もうとすると本を読みなれていない人にはけっこうきつかったり1か月かかっちゃって前回読んだ内容忘れちゃったりすると思いますが、このサイトを利用すれば要点だけを記載してくれているのでさくっと知識を入れられます。

本で書かれている結論が分かりやすいです。

しかし、本1冊をしっかり読む人にとっては『なぜこの結論に至ったんだろう?』となってもやもやするかもしれません。
そう考えたときは一度自分なりに結論に至った理由を考えて実際に本を購入してみて答え合わせとかすると論理的思考とか分析力とか文脈を読み取る力みたいなのがつくと思います。

個人的にこれ考えるのが好きです。

【結論】社会人も学生も暇があったら気になる本を読むべき!

本を毛嫌いする人の意見もたくさん聞いてきましたが僕は読書肯定派です。

本を読むときはだいたい自分の興味関心のあるトピックのタイトルのものを取ると思いますが、そこから見識が広がり新しいチャンスにつながっていく可能性もあります。
また、本をたくさん読んでいる人は教養があり、いろんなトピックに話を合わせられビジネスの場面では重宝します。

何もやることないなー、暇だなーと思ったらこのサイトを利用してさくっとでよいので目を通してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする