ブログネタに困ったらやるようにしている8つのこと

ブログを書き続けて1年半以上が経過するのですが、ネタ作りに困ることってありますよね。

また、ブログをはじめようとしている友達にどうやってネタをつくってるの?と聞かれます。

僕のブログを見ていただければわかりますが、ブロガーと呼ばれる皆さんと違ってけっこう更新頻度が低いです。
思いついたときに思いついたネタを書いているだけだからです。

もう200記事超えてきてPVも10,000PVくらいは月に安定して出るようになってきたので、記事数とかを増やしたりリライトしてしっかりしていかなきゃいけないなと思う今日この頃ですが、いったんはマイペースでやってます。

しかし、ネタは常に探しに行かないとストックがなくなっていきます。笑

今回はネタ探しに困ったときにやっていることを8個にまとめてみました。

ブログは収益を上げるためだけにやっている人には向かないと思う

ブログをやり始めた人はプロブロガーみたいな人の記事を読んであの人みたいに稼ぎてーみたいなモチベーションでやる人がおおいと思いますが、ブログで稼ぐ人ってけっこう一握りだと思います。

僕も250記事超えてかつちゃんと記事を書き直したら収益を上げていくようにアフィリエイトリンクをはったりアドセンスに申し込んだりしようかなと思ってますが、初めの目的は『日常のアウトプット』でした。

アウトプットを意識しないインプットは意味がないので、アウトプットの一つの場としてブログをはじめました。
とか言いながらあんまり考えたこととかは書いてなくて自分の得意なこととか知ってることをまとめた記事が多めになってしまっていますが・・

ブログは書くネタを探すのも結構大変ですし、書いて編集する作業も好きな人じゃないと続けられないんじゃないかと思います。

収益を得たいだけなら何かに特化したアフィリエイトサイトのほうが良い

収益を得たいだけならほかの方法の方が手っ取り早く稼げるんじゃないかと思います。

サイト運営をしたいならアフィリエイトサイトのほうが収益を得やすいかもしれません。

稼ぎたいだけの人はある程度ニーズがあってかつあんまりやってなさそうな領域を探してアフィリエイトサイトを検討してみることをお勧めします。

では余談がながくなりましたが、ここから書く記事に困ったらやっていることを書いていきたいと思います!

1.サーチコンソールを見て意外と検索されてるもの探す

これはけっこう皆さんやられている方法だとは思いますが、サーチコンソールを使ってみるのが良いです。
サーチコンソールは下記のように説明されています。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするために Search Console に登録する必要はありませんが、登録していただくとサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。
引用:Search Console ヘルプ

これを使うことによって自身のウェブサイトの検索語句を確認することが可能になります。
書く記事を書いてSEOを意識したタイトルを付けている人は多いと思いますが、コンソールを見てみると、

『あっ、こんなKWでも検索結果に反映されてるんだ。』

みたいな気づきを得ることができます。
これは月に1回くらいのペースでいろいろ拾ってみることをお勧めします。

毎日見てもだいたい同じなのでw

サーチコンソールの登録方法はかんたんに下記記事にまとめてみたのでよければ参考にしてみてください。

GoogleAnalyticsと合わせて設定しておきたいGoogleSearchchonsoleとは?

2.旅出る

仕事の合間を縫って旅を出てみましょう。
旅先のことや旅で感じたことを書くことができてネタになります。

僕は単純にほかの国に行くのが好きなのでそれについてのネタを書くことにしています。
また、海外赴任ネタやワーホリ、バックパックネタとも相性が良い気がしていて、海外ネタの離脱率が低いように感じています。

そうなるとサイト回遊率も高まりますね。

ブログネタに困ったらッていう話と関係なくなってしまいますが、それなりにある程度近しいネタで書いてあったほうがユーザーもいろんな情報を一気に集められるので利便性が高まるかなと思います。

3.改めてブログのコンセプトを見つめなおしてみる

そもそもそのブログって何を発信するために始めたんでしょうか。
そのコンセプトに沿った良質な記事を提供できているでしょうか。
また、違った角度から切り込んだ記事とか書けないでしょうか。

コンセプトに立ち直って考えるのはどんなサービスを作るうえでも重要かなと思うのでブログも例外ではないですね。

4.気になってる商品やサービスを紹介してみる

普段友達と話しているときに『えっ、今使ってるものなに?』となった経験はないですか?

まさにそれがほかの人が欲している情報かと思います。
普段自分が当たり前のように使っている商品・サービスが周囲の人にとっては当たり前でない可能性があります。

いろんな好きな商品やサービスを使ってみてそれをアフィリエイトリンク経由で回収出来たら次から次へと新しい商品・サービスを利用できますね。

5.本を読んでみる

僕は理由があってまだあまりやっていないのですが、読んだ本を自分のサイトで紹介してみるのもありです。
その内容から得られた教訓や考えたこと、実際に実行してみたいこと、実行してみた結果などを記載すればほかの人の指針にもなるはずです。

6.やりたいことリストを見つめなおしてみる

僕は僕のやりたいことリスト100をブログで紹介しています。

※よろしければ見てみてください。
『死ぬまでにやりたい事リスト100が4年で半分達成してしまったので新しくしてみた。』

これだけでも十分記事になりますが、やりたいことリストに記載してあるものは普段あまりできない体験等が多くなっているはずなので、それを実行したレビューが記事になります。

また、やりたいことリストもどんどんリストから消えていくのでそれを追うのも楽しいですね。

7.学校生活や仕事での悩みとその解決法を考える

普段の生活や仕事、学校生活などで困っていることはないでしょうか。
あなたが持っている悩みはほかの人にも共通した悩みであることがほとんどです。

その悩みの解決方法を自分で考えて実行した結果を記載してみると自分のやってきたことの棚卸になりますし良いアウトプットの機会になります。

8.書こうとしないで1週間ほど放置してみる

あえて何も書かないという選択肢をとってみましょう。
一歩引いて自分のブログを見つめなおしてみると何か新しく書きたくなることがあるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする