仮想通貨のひとつモナコインを購入!ビットコインとの違いと特徴をまとめてみた

だいぶはやりに乗り遅れてビットコインを始めました。

だいぶ腰を重くして開始しました。笑

ただ、タイトルで記載の通り、ビットコインではなくアルトコインの1つモナコインを45コイン(2018年1月に購入して50,000円分くらい)程購入しました。

ビットコインで儲けようとかすごく考えているわけではないのですが、やはり流行っていると手を出したくなります。
すでに例とマジョリティ感は否めませんが・・・

ただ、ちょっと反抗してビットコインではなくアルトコインから攻めてます。

僕の勉強も兼ねてビットコインやアルトコインの違い、また様々な取引所がある中で僕が今回使用しているbitFlyerをなぜ選んだかみたいなところに触れながら記事を書きたいと思います。

また、モナコインを中心に購入した理由についても書いてみたのでアルトコインを購入の方にとって参考になると嬉しいです。

ビットコインとアルトコインの違いは??

まずはそもそもビットコインってなんなのか、アルトコインとはなんなのかを調べてみました。

引用多めです。

そのうち本を読んだらちゃんと追記します・・

ビットコインとは?

ビットコイン取引所の日本最大手bitFlyerには下記のように説明があります。

ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮想通貨」です。「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

しかし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。大きく「B」と書いてあるコインが存在するわけではないのです。ビットコインは、「仮想」の「通貨」です。
引用:bitFlyer

上記の通り、仮想の通貨なので手元に目に見える形でお金が存在しているわけではありません。
仮想の通貨とありますが、通貨というよりはシステム、または市場にそういった概念が上がっているくらいの認識で僕はいます。

言ってみればゲームの中で取引されるお金と一緒のイメージです。
それを仮想通貨という市場で勝手に概念を付けてやり取りしているだけの様に見えます。

すいません。
完全に素人の意見ですがそういう見方の人もいるんだなくらいに知っておいてもらえればと思います。笑

仮想通貨ではあるがすでにその価値が認められ始めている

仮想の通貨ではありますが、様々な場所で決済が可能となり、すでに現実でもその価値が認められ始めています。
実際に様々な場面で現実のものとの交換が始まっています。

たとえば不動産売買がビットコインでできます。
『日本初の「ビットコインで不動産売買」開始、不動産テック「イタンジ」が新サービス』

ビックカメラも始めていて決済上限の引き上げまで始めています。
『ビックカメラ、「ビットコイン」決済上限額を30万円に引き上げ』

これからもビットコインで決済できる事業者は増えていくものと思われます。

また、日本でも仮想通貨法というものが成立されています。
詳しく見たい方は下記リンクを参照してください。
https://bitflyer.jp/ja-jp/virtual-currency-act

税制面でも雑所得とされるなど徐々に整備が進んでいることがうかがえます。

ビットコインのメリット

世界には世界共通の通貨というものが今のところ存在していません。
世界中どこでも使える通貨がないため、海外送金はかなり時間を要しますが、ビットコインでれば世界中の人が利用している通貨ということもあって海外送金に時間も手間もかかりません。
通常海外送金には5,000円程度の手数料がとられてしまったりとかするのでかなり便利です。

世界共通の通貨という点でビットコインはかなり大きな注目を浴びています。

ビットコインのデメリット

仮想通貨というくらいなのでその仮想の通貨が何かしらの理由によってなくなる可能性もあるんじゃないかというのが僕の意見です。
なので、最初は手を出しませんでした。笑

ほかの通貨は国によっては頑張って価値を担保しようと動いていますが、仮想通貨は誰が管理しているわけでもないので大暴落したり価値がなくなっても誰も何も保証してくれません。
これが起こるか起こらないか不明ではありますがそういったリスクもあるということを前提に投資することが必要です。

お金を株に変えたり金に変えて保有したりしますが、ビットコインは資産を保有しておく目的ではなく、あくまでリスクとリターンがある程度大きい投資という側面が強いということを理解して購入することが必要かと思います。

ビットコインは誰が作ったのか不明

bitFlyerやWilipediaには下記のような説明があります。
bitFlyerの説明を引用させていただきます。

誰がビットコインをつくったのか
ビットコインは、2008年10月に、中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって、提唱されました。

それからわずか3カ月後、2009年1月には、ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され、公開されました。そしてすぐに、ビットコインの最初の取引が行われています。開発者や、この時からビットコインを所有している人たちは、膨大な価値を持ったビットコインを所有していると言われています。

それからおよそ1年後の2010年2月に、ビットコイン両替ができる最初の取引所が誕生しました。そして同年5月、はじめて現実社会でビットコインを使った決済が行われています。
引用:bitFlyer

一応作った人の名前は出ていますが、この人が誰なのかは特定できていません。
いまいち誰が作ったのかよくわからない通貨に相当な人数の人が現実の通貨をぶっこんでいます。

すごい世の中ですね。

アルトコインとは?

アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨の総称をそう呼ぶそうです。

アルトコインはビットコインの問題点を改善して作られたものや送金目的など様々な目的で作られたビットコイン以外の仮想通貨です。
下記リンクで仮想通貨の時価総額を見ることができるのでどんなコインがあるのか試しに見てみてもよいかと思います。

こんなに仮想通貨ってあるんですね・・

https://coinmarketcap.com/

モナコインを選んだ理由

ビットコインとアルトコインの違いを簡単に書かせていただきましたが、次は僕が購入したモナコインを選んだ理由について書いていきたいと思います。

1.2018年時点でかなり買いやすい価格帯になっていて参入しやすい

モナコインの時価総額は2018年1月13日時点で85位にランクインしていてまだまだ知名度が低いコインではあります。
しかし、ビットコインのようにすでに価格が高騰してしまっている仮想通貨はかなりの元手が必要になるため僕のような貧乏人では参入しずらいです。笑

価格の安い物を長い目で見ておいて跳ね上がったときに売るというのがそれなりに儲けを出すための安全策な気がします。

また、こういったコインでしっかりと増やしてビットコインに投資していきたいという意図もあります。

2.ビットコインモールでも利用可能

ビットコインモールという仮想通貨で購入が可能なECサイトがあります。

名前からするとビットコインのみで決済可能かと思いきや、実はモナコインでも決済が可能です。

それだけモナコインを信頼しているからできる芸当であると勝手に予測します。笑

モナコインの価値がいい感じに上がってきたら安く買い物するのにも使えますね。

他にも使える店舗がたくさんある

モナコインは2chのモナーをモチーフに作られているだけあって秋葉原に行くとけっこうモナコインを使えるようです。

アークというパソコンショップでもモナコインが利用可能との記述があります。

モナコインが利用可能なお店
※2018年2月17日現在の記載
アークオンラインストアご利用ガイドより引用

3.日本産の通貨なので応援したい

応援したい人やサービスにはついついお金を使いたくなるのが現代っ子の心理としてけっこうあるんじゃないかと思います。

自分が育てている、支えてるんだぞ感??がでます。

日本人が作ったサービスで様々な著名人も注目しています。

モナコインに興味がわきましたらモナコインの公式サイトもあるようなのでのぞいてみてください。
https://monacoin.org/

4.Twitter上で送金が可能!盛り上がりによっては今人気の動画LIVE配信みたいな感じにTwitter上が盛り上がるかも

tipmonaというサービスを使ってTwitter上で盛り上がっているものなどに対してモナコインを送付可能です。

SHOWROOMのような動画LIVE配信サービスが世界中で盛り上がってきている中、Twitter上で盛り上がっているコンテンツがあればtipmonaを利用すれば投げ銭ができるようになりました。
また、わざわざクラウドファンディング並みに手の込んだ文章を書かなくてもお金を集めてちょっとした企画や寄付みたいなのができるようになると思います。

使い方は使い手のアイディア次第ですがこれがTwitter上で盛り上がってくると面白い動きになりそうな気がします。

取引所をbitFlyerにした理由

bitFlyerを選んだ理由はそこまでないのですが、単純に日本最大の取引所で様々な大手の会社が出資をしているため安全性が担保できるかなというところです。

クレジットや銀行口座情報、身分証明書などを登録しないとビットコインを購入できないため、ある程度信頼性のある取引所じゃないと怖いなと。

僕みたいな初心者はぶなんにbitFlyerを選択しておくのが良い気がしています。

Zaifの方が直接の取引になるので価格は安いそうですがbitFlyerの方がセキュリティ的に安心なのでそこを加味して僕はbitFlyerで購入しています。
ビットコインの技術は分からないことが多いので初心者でかつデイトレードではなく長期保有で安いときにちょいちょい買う感じだったらbitFlyerでよいのではと思います。

2018年2月時点でbitFlyerはセキュリティに関しての世界最高の評価を得ているそうです。

bitflyerのデメリットは?

デメリットというほどではないのですが、いくつかあります。

1.取引できる通貨が現時点だと少ない

bitFlyerはかなり名のある取引所なのですが、取引できる通貨が少ないのがネックになります。
仮想通貨を始めるといろんな情報が入ってきてあの通貨も買いたいなと目を付けている通貨がほかにあるのですが、その通貨を購入することができません。

他の取引所に登録しなければいけないので面倒です。
しかし、bitFlyerはかなり厳選して通貨を選んでいるはずなので日本最大の取引所が扱う通貨ということで信頼性も高いです。
なので、逆に厳選された安心な通貨を買っているんだぞということもできるかと思います。

2.各通貨の変動を見づらい

たとえばcoincheckでは各通貨の動向を簡単に閲覧できますが、bitFlyerだとひと手間かかります。
このUIの問題は解決されてくるとは思うのでそこまで気にしてないですが、モナコイン以外の通貨を買って動向を確認したいときには不便さを感じると思います。

モナコインを買ってみた!

モナコインを買ってみた

とりあえず5万円分くらい購入してみました!
もう少し安いときを選んで買えばよかったな・・1,020円の時に・・・

もう少し追加で購入していく予定なので別記事で運用結果を報告予定です!

2018年1月の運用結果はこちら!
『【2018年1月】ビットコイン・アルトコインを買ってみた初月の運用結果を報告!』

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする