bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット・デメリットは?初心者が初心者のためにまとめてみました。

bitFlyerのメリット・デメリットを紹介します!
初心者でなんとなく仮想通貨を触って世の中の流れに乗り遅れたくない、触っておいた方がいい気がするというような感覚で始める方はbitFlyerを利用することをおすすめします。

とは言っても僕も初心者なのですが、簡単に言うと信頼性が一番高い取引所でまずは仮想通貨の取引を体験してみることが良いと考えます。

そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨をはじめたいならある程度しくみや用語を知っておくべきです。
仮想通貨の取引所であるbitFlyerでは下記のように説明されています。

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

資金決済に関する法律 第二条 5による定義:

この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
引用:bitFlyerビットコイン(Bitcoin)用語集

動画でも説明がされていますので、よろしければこちらもご覧ください。

また、かんたんに仮想通貨についてのニュースや情報収集のための方法を下記記事でまとめていますので、もし興味があればみてみてください。
『ビットコイン関連の最新情報や基礎知識を集める方法』

仮想通貨はどれくらいの人が利用しているのか?

仮想通貨は話題になってますが、実際は一部の人が利用しているだけです。

どうやって試算したのかはわかりませんが、日経新聞によると2017年末時点では日本国内で100万人に達したようです。

実際そんなにいるような感じしませんが・・

一度買ってみただけで実際に活発に取引している人でいうと50%もいないんじゃないかという感覚です。

それと、日本人がではないので、日本に住んでいる外国人とかも含めると日本人はそんなにいないんじゃないかなと思います。

僕のいる会社は仮想通貨ブームで100万とか突っ込んでる人たくさんいますがww

日経新聞って読んでる人多くて僕も学生時代結構読んでましたが、データをどこから引っ張ってきてるかが分からないことが多くてあんまり信頼してないんですよね・・
さらっとはいまだに目を通すこともありますが・・

別の話になってしまうのでやめておきます。笑

 2017年は「仮想通貨元年」と位置づけられる年だった。代表的な仮想通貨ビットコインの価格は年初来で一時20倍に上昇し、認知度も一気に上がった。決済で使える店舗は広がり会計制度も整ってきたことで、日本で保有する人は100万人に達したもようだ。
引用:日本経済新聞『仮想通貨、乱高下に翻弄 保有は日本で100万人 』

bitFlyerのメリット・デメリットとは?

では早速bitFlyerのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

取引所をbitFlyerにするメリット

まずはメリットから見ていきます。
日本国内No.1の実績、信頼性等初心者の方はやっぱりbitFlyerかなと思います。

【bitFlyerのメリット1】信頼性が高い

様々な面から見て信頼性が高いのがポイントです。
信頼性が高い理由は下記です。

国内最大の取引量・ユーザー数で国内1位

bitFlyerの実績

2017年9月時点で取引量・ユーザー数・資本金で日本最大のビットコイン・ブロックチェーン企業になったとのアナウンスがありました。
多くの人が信頼して利用しています。

※当社調べ、月間取引量:1.5 兆円超、ユーザー数:60 万人超、資本金:41 億 238 万円(資本準備金含)(2017 年 9 月現在)

セキュリティでも安心

bitFlyerのセキュリティでの安全面は様々な方が高い評価をしています。
セキュリティに関して下記のような記載があり、各システムの説明もされています。

株式会社 bitFlyer は全てのお客様に安心してビットコインを取引いただける環境を提供するために、使いやすさと強固なセキュリティが共存できるよう全力を尽くしております。セキュリティを追求した最新のビットコインテクノロジーであるマルチシグを他社に先駆けて導入するなど、自らがセキュリティ・AML(アンチ・マネー・ロンダリング)・KYC(本人確認)等の施策においても業界をリードし、スタンダードを確立していかなければならない立場にあると認識しています。強固なセキュリティ確保を求めることで、お客様にお手数をおかけしたり、不自由な思いをさせる場合もあると認識しております。
引用:bitFlyer のセキュリティ

また、bitFlyerに登録していただくとわかりますが、違う端末からログインするとログインが不正ではないかを確かめるためのメールが飛んできます。
もし自分が利用していない端末・時間帯での通知があれば不正ですのですぐに申告することが可能です。

また、2018年2月時点でbitFlyerはセキュリティにおいて世界最高の評価を受けているそうです。
10段階評価?なのでマックス値ではないですが・・・

コインチェックからの流出事件等もあったのでセキュリティは最重要視したいところですね

大手が出資している

bitFlyerの株主

日本の名だたる企業が株主として資金を提供しています。
SMBC、Mizuho、三菱UFJなどの大手が株主となっている点で信頼性は抜群です。

損害補てん規約がある

最近ではほかの取引所でもあるみたいですが、bitFlyerは早くから損害補填規約を作成しています。
しかし、二段階認証登録ユーザーではない人は対象ではないそうなので注意が必要です。

下記に詳しい記載がありますのでこちらを確認してみてください。
『メールアドレス・パスワード等の盗取による不正な日本円出金に伴う損害補てん規約』

【bitFlyerのメリット2】ビットフライヤー経由で決済できる店が多い

bitFlyer経由でビットコインを使っての決済ができるお店が増えてきています。
こちらも最初に記述した信頼性にもつながってきます。

ぐるなびへのビットコイン決済サービス提供のお知らせ(平成30年1月12日)
ビックカメラ・ドットコムへのビットコイン決済提供のお知らせ(平成29年12月13日)

【bitFlyerのメリット3】ビットコインをもらえるキャンペーンやアフィリエイトが充実している

bitFlyerでビットコインをもらう
※2018年1月現在で100ショップ

信頼性が怖いしあまり投資したくないな・・

という方はアフィリエイトを通してビットコインをもらうことをおすすめします。
bitFlyer経由で様々なサービスを登録したり購入したりすると一定のビットコインをもらうことができます。

自分が良く利用しているサービスを探してビットコインをもらってみましょう。

【bitFlyerのメリット4】初心者にとっては使いやすいUIになっている

あくまで初心者にとってはになりますが、使いやすいデザインになっています。
売り買いも2クリックで簡単にできますし、どこで取引残高を見るかも一目瞭然です。

【bitFlyerのメリット5】モナコインが購入可能

Zaifという取引所でもモナコインは購入可能ですが、モナコインは日本人がつくった仮想通貨で応援したくなります。
仮想通貨を購入する際はこのコインにしようと決めていたのでこれが使える取引所を選んでいます。

モナコインについての説明は下記でもう少し詳細を話しているのでこちらもよろしければ読んでみてください。
『仮想通貨のひとつモナコインを購入!ビットコインとの違いと特徴をまとめてみた』

bitFlyerにするデメリット

次にデメリットを記載していきます。

【bitFlyerのデメリット1】取引できる銘柄が少ない

まずは取引できる銘柄が少なくて購入したいコインすべてを買うことができません。
2018年1月現在はアルトコインの取引種類が5種類のみとなっています。
扱うコインが増えた際は下記リンクに追記されていくものと思われます。

当社が取扱う仮想通貨について

【bitFlyerのデメリット2】アルトコインの売買が販売所でしかできずスプレッド差が大きい

bitFlyerにはあるとコインの販売所しかないため、手数料が発生しています。
そのため、売値と買値の金額が乖離しますがその乖離が大きいといわれています。

スプレッドは下記のようにbitFlyerで説明がされています。

スプレッドとはBidとAskの差額のことです。
例えば、BTC/円、Ask:29,000円でBid:28,950円の場合であれば、スプレッドは50円です。
引用:ビットコイン用語集

取引所と販売所とは?

ビットコインを購入するには販売所で購入するか取引所で購入するかのどちらかが主流の購入方法となります。

ざっくり説明をすると

取引所:直接の売買が可能
販売所:仲介業者経由で売買が可能

といった具合です。

当然直接売買ができる取引所の方が仲介業者が存在していないため、手数料が安くなります。
スプレッド差が大きいと短期の取引では利益を得ることの難易度が上がってしまうのでデイリーの売買をしたい人にはお勧めできません。

bitFlyerではビットコインは取引所が存在していますがその他アルトコインは販売所でしか売買ができません。

長期保有の方でかつ安心・安全のセキュリティをとるならbitFlyerですが、手数料が気になる方はほかの会社経由の方が良いと思います。

ひとつの取引所だけでなく2~3くらいの取引所を目的に合わせて変更するのが良いと思う

ここまでbitFlyerのメリット・デメリットを見てきましたが、初心者の方でデイトレードのように短期で結果を出したい人ではなく長期で見守りたい人にはリスクが一番少ないのでおすすめです。
また、どのコインを買えばよいかわからない方もbitFlyerは取引できる種類は少ないですがそれだけ厳選されたものが購入可能ともいうことができます。

しかし、いくら信頼性が高いとは言ってもどんなリスクがあるかわからないのとほかの取引所を使うメリットもあるので個人的にはほかのものと使い分けたり目的によって使い分けるのが良いのではと思います。

個人的にはZaifが手数料も安くアルトコインのスプレッドも少ないそうなのでこちらも開設していきたいと考えてます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする