Twitterが情報収集をする上で欠かせない理由と収集方法

Twitterは日本での情報収集において欠かせないツールになってきています。

僕は大学1年(2010年)からアカウントを変えたりしながらTwitterを使っているのでかれこれ8年ほど利用していていまだに多用します。

2010年当時は僕みたいな地方大学生大学生はあまり多くの人がやっている印象はなくリアルな友達とのつながりはあまりなかったですが当時からTwitterを通して様々な人と知り合ったり情報収集をしることで活動の幅を広げたりビジネス利用を試みたりしてみたりしたのでTwitterにはけっこういろんな思いでがありますし今も一番利用するSNSはTwitterが一番長いです。

今回はTwitterがなぜ情報収集において欠かせないのか、どうやってTwitterで情報収集をするのかについて紹介します。

日本では情報収集を行う上でTwitterが必須のツールに!

まずはかんたんに日本での利用状況を見てみましょう。

日本はTwitterの利用者数が世界最大規模でTwitterは日本のマーケットを重要視しているとまで言われています。

アクティブユーザーは4,500万人程(2017年10月)となっています。

ツイッターは27日、日本国内の月間アクティブユーザー数(MAU)が10月に4500万人を突破したと発表した。昨年9月(4000万人)から1年1カ月で500万人増えた。
アクティブユーザーとは、サービスを実際に使っている人の数。
ツイッターは2011年3月に日本にオフィスを開設。当時の国内MAUは670万人だった。東日本大震災など自然災害の際の安否確認や、新年の「あけおめ(明けましておめでとう)ツイート」に使われるなど、日本人の生活に定着している。利用者の規模が大きくなったが、今年初めてJRの電車内広告やテレビ広告を打つなどさらなる成長を目指している。
引用:毎日新聞『ツイッター国内利用者4,500万人に』

アクティブユーザーの定義があいまいなのでつぶやいた人なのか閲覧だけした人の数も含んでいるのかは定かではありませんが・・・・・

実際に使っている人の数とのことなのでおそらく閲覧しているだけでつぶやかない人もいるのかなと思います。

つぶやいた人にするとどれくらいいるんだろうか・・

そのあたりの数字は気になることではありますが、多くの人がTwitterを利用しており匿名性が高いこともあってみなさん言いたい放題に自分の言いたい事や考えていることをつぶやいています。

匿名性が高くFacebookやLINEよりも気軽にタイムラインに投稿できるTwitterは情報収集に最適ですし日本国内に落ちている情報を拾いに行くのであればTwitterは最高のツールだと思います。

【Twitterが情報収集で重要な理由1】情報の鮮度が高い

前述しましたがTwitterの最大の特徴は

『今の情報を素早く受け取れてそれにすぐさまユーザーが反応すること』

だと思います。

速報が知りたい情報、例えば電車遅延情報など今知りたい情報をすぐに拾う事が可能です。

震災時にはTwitterに避難情報や生存確認など様々な用途で利用され情報インフラとしての地位を確立されてきています。

自身だけでなくても新しい技術や政府の発表、世界情勢などがリアルタイムで飛び交っているのでその情報の拾い方で情報通になることができます。

ニュースや何かしらのメディアよりも情報のスピードは速いので使い方次第で鮮度の高い情報をいち早くキャッチすることが可能です。

【Twitterが情報収集で重要な理由2】匿名性が高いためユーザーが言いたい放題リアルな声を言っている

新しい商品やサービスの開始やアプリのアップデート情報などもすぐにTwitter上で反応を見ることができます。

しかも実名のSNSの方が信頼できるとの声もありますが匿名なSNSの方がうまく情報を精査すれば確信をついた誰も指摘してくれないような意見をぐさっと言ってくれたりします。

実名だと当り障りのない意見になったり非難が集中したりするのであまり厳しい意見を言えなくなるのが大半の人間です。

その商品を買うべきかどうか気になるサービスのリアルな感想はどうかなど今欲しい情報を鮮度が高い状態で得ることができます。

なにかしらの購買行動を起こす前に何か迷っていたり他の人が使った感想を知りたいならTwitterが最適です。

匿名性が高いので本当にリアルな声が発信されています。

匿名な人が言いたい放題言っている情報をしっかり精査して拾うことができればビジネスにも利用できます。

【Twitterが情報収集で重要な理由3】様々な情報やニュースに関する著名人の意見や考え方を知ることができる

最近は著名人もTwitter利用が活発になり様々なニュースに対する意見や考え方を発信されています。

自分が気になっている記事について著名な方々はどう考えているのかを知ることでその情報をただしるだけでなく考えるきっかけになります。

特にビジネスにつながるような情報はしっかりと試行を深めることが重要だと思うので他の人の考え方、意見を知る場に最適です。

【Twitterが情報収集で重要な理由4】興味関心のある分野の情報収集を気軽にできる

興味関心のある分野のアカウントを50~100くらいフォローすればかなり情報が集まります。

全てほしい情報だけとは限りませんが少し幅を持たせることであっ、そんな情報もあるんだという気づきを得ることができます。

実名制が高いFacebookのようなツールだと例えば本当はアニメとかが大好きな人でもそういったFacebookページにいいねばかりつけると友達に知られて嫌だなーみたいなことがありますがTwitterであれば複数のアカウントをもつことができるのでリアルなアカウントと情報収集に特化したアカウントなど作り分けることも可能なのでコアな情報収集もやりやすいです。

Twitterでの情報収集法

Twitterを情報する価値をなんとなーく理解していただけたでしょうか?

今度はどうやって情報収集をするのかを簡単に紹介させていただきます。

【Twitterで情報収集をする方法1】プロフィール検索で気になる情報を発信しているユーザーを探す

まずはTwitter上であなたが欲しい情報を持っている第一人者や企業、メディアなんかをフォローしてみましょう。
あなたが気になる情報を発信しているユーザーがどこかにいるはずです。

そしてあなたが気になる情報に精通している人はプロフィールにそのことを書いてるはずです。

特定のキーワードを入れて下記のツールなんかをつかって気になるユーザーをフォローしましょう。

あなたが気になる情報を引用リツイートなんかしてたりするとあなたと同様の興味を持っているユーザーが反応してきてお互いに情報交換ができるような関係になれるかもしれません。

下記リンクのついぷろは年齢や職業、趣味などでも検索が可能なので様々な検索方法を試してみましょう。

https://twpro.jp/

ツイプロ

【Twitterで情報収集をする方法2】ハッシュタグやTwitter検索を利用する

気になる話題やテーマに関しての情報や世の中の反応を知りたいときはハッシュタグやTwitter上での検索が有効です。

ハッシュタグを見ればその内容に関するユーザーの反応が一目瞭然です。

自分の興味関心のある情報について周囲がどんなことを考えたり感想を持ったりしているのかをすぐに理解することができます。

【Twitterで情報収集をする方法3】リスト管理をしっかりしてTweetDeckで閲覧する

ネットサーフィンは楽しいですがかなり時間が経過していてやりたかったことができなかったなっていう経験ないでしょうか。

Twitterも同じでただただタイムラインを見ているだけだとだらだらみがちな人が多い気がしています。

目的を持ってTwitterを利用し効率的に情報収集ができるツールがTweetDeckです。

分野をしっかり切り分けて仕事とプライベートのことなどを効率よく閲覧しましょう。

他キイでTweetDeckの使い方を書いていますのでよければ参考にしてみてください。

『Twitterで効率よく情報収集したいならTweetdeckを活用しよう!』

【Twitterで情報収集をする方法4】ついっトレンドを活用して世の中で流行っている情報をいち早くキャッチする

ついっトレンドは各地域別で話題になっている情報を閲覧できるサービスです。
特定の地域で流行っている言葉なんかをしれるので面白いです。

東京と田舎で流行ってるものが違ったりとか世の中の地域別でのトレンドが分かるので暇なときに見たりしてます。
あなたの出身の県で何が流行っているのか見てみるのも面白いですね。

https://twittrend.jp/

【Twitterで情報収集をする方法5】ツイナビを活用する

ツイナビはTwitter上の様々な情報をまとめてくれたり特定のアカウントをまとめてくれたりしてくれています。
ツイナビ上に下記の様に説明がありましたので引用させていただきます。

ツイナビは、あなたのTwitter(ツイッター)ライフを100倍楽しくするソーシャル・ガイドです。Twitterの使い方や有名人アカウント、Twitterを活用した企画やサービスなど、最新のニュースをリアルタイムにお伝えします。また公式Twitterアカウント「@twinavi」でもツイッターで注目の話題を毎日ツイートしています。
引用:ツイナビ『ツイナビって何?』

リンクから飛んでもらえるとわかりますが様々なアカウントをカテゴリ別で紹介してくれたりしますし話題になってる事をスポーツやエンタメなどのカテゴリ別でまとめてくれていますのであなたが欲しい情報を手軽にまとめて閲覧したいときはこちらを利用するのが良いでしょう。

Twitterを使いこなすだけでニュースアプリを使う以上に情報を得られる

Twitterでの情報収集

情報のキュレーションアプリはやっぱり少し情報が遅いなと思います。

特にネット広告代理店に居るとよく感じます。

その情報の遅さが時に命取りになる業界なのでそう感じるだけかもしれませんが。。。

情報は早く得られて得することはあっても損することはありません。
Twitterを使いこなして効率よく素早く質の高い情報を集めましょう。

しかし、Twitterにも限界があるので様々なサービスを用途に応じて使い分けましょう。

別記事で他の情報収集方法についてかんたんにまとめているのでよろしかったら下記記事もご覧ください。

『情報収集を効率的に!興味関心の高い情報を素早く集める方法』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です