海外生活をしてから変化したこと7つ【海外在住3年の僕が語ります】

海外生活をフィリピンで2年、カナダでのワーキングホリデーやバックパックの期間を含めると3年ほどになる僕が、海外生活で自分氏自身の考え方が変わったなと思うことを7つにまとめてみました。

【海外生活を経験して変わったこと1】店員のミスや遅さにいらいらが少なくなった

日本は

『1分1秒でもお客様に早く届けなければならない!』

とか

『絶対に何が何でも完璧な状態でお客様に商品・サービスを提供しないとだめだ!』

的な感じがありますが、僕がかれこれ2年(2018年5月時点)住んでいるフィリピンにはそんな風潮は一切ありません。笑

ファストフード店が全然ファストではないので行くメリットが僕にとってはありません。笑

日本にいるときの僕にとってファストフード店の価値は『早く出てきてさくっと食べれること』だったので。

ただ、フィリピンにはあまりおいしい食べ物が個人的にないと感じているのでしぶしぶファストフードを食べることがありますが。。

3か月~半年に一度日本に帰りますが、早く食べ物が出てきすぎて『ほんとにちゃんと調理したのかな・・』と心配になります。笑

友達と飲みに行ったときに

『ここ食べ物出てくるの遅いね』

と言われて全然そんなことを思わなかったです。

フィリピンだと飲み物が出てくるのに最長1時間30分待たされたことがあるのでそれに比べたらだいぶ早いなって思います。

待たされても全然いらいらしなくなりましたが、逆に並んでる店とかはかなりの時間を要してしまうので日本だったら少々並んでてもお店に入ることはありましたが、フィリピンに来てからは長い列ができているお店には絶対に入らなくなりましたね。

【海外生活を経験して変わったこと2】『当たり前』が『感謝』に変わることが多くなった

日本だと時間を守って集合するのが当たり前、ちゃんとした状態で食べ物が提供されるのが当たり前でしたが、フィリピンやカナダにいたときも全然当たり前ではありませんでした。

日本で感じていた当たり前なことが実は結構すごいことなんだなと感謝の気持血が出てくるようになりました。

ただ、フィリピンには時間を守らない日本人がめっちゃくっちゃ多いのでびっくりしますが、、、苦笑

住んでると感覚までその国に染まってしまうのはよいのか悪いのかといったところです。

【海外生活を経験して変わったこと3】外へ出るときの服装や髪型がてきとうになった

髪の毛を気にすることが無くなり、ワックスを付けたりとか髪を整えることをしっかりしなくなりました。

服装もTシャツとパンツの組み合わせがいまいちかなと思ってもまあフィリピンだしなくらいの感じでてきとうになりました。

会社に行くときも日本にいたときではありえない格好で出社してます。笑

ただ、フィリピン人でオフィスワークをしている人(特に女性)はけっこう服装に気にするので本来はきちっとした格好をしたほうがいいのかなと思うときはあります。

困るのは服装がてきとうになりすぎてちゃんとした服がなく、デートの時に着ていくものに困ることですね。

【海外生活を経験して変わったこと4】家族や彼女にもっと時間を使いたいと思うようになった

僕は海外に住んで長いので家族や友達と過ごす時間がとても短いのですが、離れてなかなか会えない環境になると定期的に顔を見せないとなという気持ちになります。

また、海外赴任になったときやワーホリ行きを決めたときには彼女がいたので彼女との時間を取れないこともよくありました。
遠距離恋愛での失敗について別記事に書いているのでもしよければこちらもご覧ください。笑

『海外と日本の遠距離恋愛を2回失敗して学んだ遠距離中の彼女・彼氏との付き合い方!』

大切な人との時間を定期的にとることは重要だなと物理的に距離が遠くなってからより感じるようになりました。

また、フィリピン人やブラジル人の友達を見ていると家族が一番大事で家族を中心に時間を使います。

それを見てるとやっぱりもっと家族と時間を過ごすということを大切にしたほうが良いのかなと考えさせられます。

【海外生活を経験して変わったこと5】健康を意識するようになった

海外に来ると食生活がかなり変わります。
日本だと野菜や魚が多かったのですが、今では肉が大半を占めています。

青汁を日本から買ってきて飲んでいますが食べ物からしっかり栄養を取りたいなと感じます。

レストランに言っても栄養のバランスを意識して注文するようになりました。

また、海外で病院に行くのは相当なストレスです。

言語の違うドクターがいろいろ質問してきたり説明してくれたりしますが、言語が違うため100%理解できているか、理解してもらえているのかが不安になります。

病院にだけはお世話になりたくないという気持ちが強くなった結果、健康に気を付けなければという感じです。笑

【海外生活を経験して変わったこと6】どんなに周囲に何を言われようと夢を語ることは素晴らしいなと思うようになった

海外の人は何のロジックがなかろうと手元に軍資金がなかろうと割と自分の夢について語るなと感じます。

いいとか悪いとか人に言われても気にしない姿勢や自分はそれになるんだという姿勢は自分も見習うべきだなと考えます。

日本人はあれこれいろんな人に言われて本当にそれでいいのかなとか反対されてやっぱだめなんだとなりがちですが海外にはそうなる人は相対的に見て少ない気がします。

特にフィリピン人は生まれながらにして日本人並みに恵まれた環境にいる人がそもそも少ないので夢を実現するためのハードルが高いと思います。

それを見ていると夢や目標を実現できないことを環境のせいにできないなとつくづく感じます。

【海外生活を経験して変わったこと7】日本にいる友達や親との価値観が合わないと感じることが増えた

親やおじいちゃんおばあちゃんに

『フィリピン人の彼女できて結婚まで考えてるって言ったらどうする?』

と日本に帰ったときに話したところ

『フィリピン人なんかと結婚するのはやめろ。
それ以外にもこの国とこの国はだめだ。』

と言われました。

さすがにカチンと来ました。

田舎の人ならでは?なのかもしれないですが、外国人と結婚することへの抵抗とか差別的なのがすごいです。

まあ、海外に出たことが無かった中学の時とか高校くらいの時っておそらく近しい価値観を持っていたりしたかもしれないのであんまり批判できないことではありますが、そのあともしばらく話し合いましたが結局親やおじいちゃんおばあちゃんの考えは変わらず理解し合うことができませんでした。

海外の人と結婚するとなったら最悪そういう状況になっても理解されない場合縁を切るしかないのかな~っていうのを思いました。

人の選択に対して法律の範囲内だったりとか道徳的に見て問題ない話であれば基本的に応援してあげたいなーって思いました。

海外に来て働き始めてからというもの、海外の人と働く価値観とかは全然違うなと思いますし、その中で話をしたり一緒に物事を進めたり遊んだりとしていると彼らの価値観と交わって自分の考えが変わってきたりします。

良いことではあるかもしれないのですが、日本にたまに帰って友達や家族と話すと自分の考えが変わったのかなーと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です