シェアハウスで外国人と一緒に住むうえで気を付けたいこと

海外のシェアハウスで半年以上生活していましたが、外国人の方とのシェアハウスは楽しいこともたくさんありましたが、いろんなことがありました。
また、周囲の友達が住んでいるシェアハウスでも様々なトラブルがあったようです。

この記事では海外のシェアハウスで外国人の方と一緒に住むときに気を付けるべきことを体験談をもとに紹介していきます。

シェアハウスで外国人と住むなら最低限気を付けたいこと8つ

せっかくの海外での異文化の外国の方々とのシェアハウスなので楽しく過ごしたいですよね。

最低限これを気を付けておけばトラブルや問題を抱えずに過ごすことができるのではと思うものを上げてみました。

1.大事なものや使われたくないものをリビングに置きっぱなしにしない

シェアハウスにはトイレやシャワールーム、リビング、キッチンなど様々な共有スペースがあります。

絶対に使われたくないものや携帯や財布など貴重品は置きっぱなしにしないように気を付けましょう。

1か月過ぎとか3か月過ぎたくらいにシェアハウスの人たちともある程度コミュニケーションが取れたり仲良くなってきたりするとついつい気が緩み置きっぱなしにしてしまうこともあります。

盗まれるのは盗んだ方が悪いのは間違えないのですが、盗まれないようにきちっと対策をすることも重要です。

トラブルの種をまかないように気を付けましょう。

2.トイレやシャワーが長い場合があるので余裕を持った行動をする

シェアハウスに何個トイレがシャワーがあるかにもよるかもしれませんが、外国人のシャワーは長いと感じます。
おそらく、他の人が次に使うこととかをあまり考えていないからだと思います。

海外は移動も日本のように時間に正確でなく、ゆっくり出たほうが良いので、朝にシャワーを浴びるときは早めに済ませておくとよいです。

面倒かもしれませんが、朝早起きできる訓練だと思って乗り切りましょう。

3.部屋には必ず鍵をかける

これは当たり前かもしれませんが、部屋の鍵は必ず締めて出るようにしましょう。
家の鍵はもちろんですが、部屋の鍵が開いていてものが盗まれても文句言えないですし、防犯カメラがあるわけでもないので証拠も探せないことが多いです。

トラブルにならないためにも必ず部屋の鍵を閉める習慣をつけましょう。

シャワー中に開けっ放しで出る人もいるみたいですが、そういう時でも鍵は閉めておいた方が無難です。
注意することに越したことはないのでしっかりと戸締りは確認しておきましょう。

4.夜中でも騒いでるときがあるため耳栓は必須

海外の人に限った話ではないかもしれませんが、周囲の迷惑を気にすることなく騒いでいる人はたくさんいます。
僕のシェアハウスでは週末になるとテキーラとかウォッカとか飲んで騒ぎまくっている人達がいました。

たまに一緒に交じってましたが、毎週やるのは結構きついです。

一緒になって飲んでいないときはそのうるささが際立ちます。
寝ようと思ってもうるさすぎて寝れない場合もしばしば、、、、

耳栓などを買ってうるさい時の対策をしておきましょう。

5.使い方が汚い場合がある

日本人が求めるきれいさと外国人が求めるきれいさは違うこともあります。
これは個人差がありますし日本人でも汚いことは多いですがこの汚さにいちいち文句を言うような人だとシェアハウス生活はつらいかもしれません。

キッチンやトイレの使い方が汚い場合もあります。

気になる人は外国人が入居しているシェアハウスを借りる前にどれくらいの頻度で掃除が入るのかや現場を見てきれいさを確認しておくとよいでしょう。

6.宗教や文化に対しての話は慎重に

外国の人はけっこう日本人に宗教に関して聞いてきます。
僕は少なくともけっこう聞かれます。

ただ、海外の人は自分が信仰している宗教に誇りを持っていて彼らの生活の一部としています。

そこへの質問は慎重に行きましょう。
ここで喧嘩になってしまうと後戻りできない場合が多いです。

7.貴重品は探しづらい場所へ隠しておく

一番最初に貴重品などをリビングに置かないと書きましたが、部屋の中でも極力貴重品は隠しておいた方が良いです。
日本から持ってきた免許証や銀行カードなど使わない貴重品はスーツケースの中に鍵をして入れておくなどの対策をしましょう。
スーツケース毎とられてしまうこともあるみたいですが・・・・

僕はベットの下に隠してました。
盗まれたことも部屋に入られたこともたぶん一度もなかったですが、極力見つかりづらい場所に置いておくことが良いでしょう。

また、ルームシェアの場合は物の管理に慎重になるべきです。
個人的にはルームシェアはおすすめしません。

確かに異文化に触れやすくはなりますが、トラブルの種になりやすいです。

8.オーナーがどんな人なのかも気を付けるべき

一番最悪なのはオーナーが盗んでいるケースです。
オーナーが盗んでいる気がするみたいな話とかちょいちょいありました。

また、トラブルが起きてもオーナーが何もしてくれなかったりすることもあります。
オーナーがどんな人なのかをしっかり確認しましょう。

複数人住んでいるシェアハウスで可能であれば同じ年くらいの日本人が一人くらい住んでいるところだとある程度事情も聴けて良いかもしれません。

外国人とのシェアハウスは楽しいことも多い!

外国人とのシェアハウスは文化の違いに驚いたり、えっそんなこと起こる?

というようなトラブルが発生したりしますが、生活に支障をきたさなければ楽しいことやメリットになることも多いです。

英語が学べたり文化に触れられたりと海外に来た意味を生活の中で感じることができます。

上記で挙げたことも最初に管理人と話し合っていればある程度解決できることもあります。

もしよければ海外でシェアハウスを借りるときに確認しておきたい事項についてもまとめているのでこちらも読んでみてください。
『海外でシェアハウスを契約する前に最低限確認しておきたいこと』

他にも外国人の方とのシェアハウス生活では注意すべきことがあったりするので、自分の身の回りは自分でしっかり整える気持ちをもってよりよいシェアハウス生活が送れるとよいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする