未経験でも海外就職・転職できる?結論、職種や国を選ばなければ可能です

海外就職・転職は一見すると難しそうな感じがしますが、職種や国を選ばなければけっこう簡単にいけます。

むしろ、国によっては未経験で働いている人の方が多いような国もあります。

未経験でも海外就職や転職が可能な理由

未経験でも就職ができる理由は大きく分けて2つあるかなと考えてます。

1.BPO拠点とかオフショア系は開発系でない限りスキルを求めないし、ITのスキルが無くても雇ってくれるところもある

BPOとはビジネスプロセスアウトソーシングの略です。

イメージで言うと、日本でやっている業務を人件費の安い国で移して低コストにすることによって営業利益を高めようとする事業のことですね。

このあたりは特にスキルを求めない仕事が多く、日常会話程度の英語力と日本語でコミュニケーションが取れれば入社できるところも多いです。

可能であれば未経験でも日本語でのビジネスコミュニケーションが取れればかなり重宝されると思います。

その拠点のマネジメント側にもなれるかもしれないですので、ビジネス経験ががっつりあってプロジェクトマネジメントやリスク管理、モチベーション管理、数値進捗管理などの経験があるとなおよいと思います。

2.そもそも海外で働きたいと考えている日本人が少ないため、働きたいという意思があることが評価される

グローバル化と言われており、日本も外国人労働者をどんどん受け入れている政策を打ち出している昨今ですが、若い人はどんどん海外に行かない傾向にあるそうです。

そもそも海外に行きたい人が少ないけど日本人が欲しいと考えている企業はたくさんあるので、海外に行きたいという希望だけで重宝されますし、海外生活にしっかりとアジャストできる人材も重宝されます。

海外就職・転職しやすい職種は?【スキルを必要としない職種】

海外就職をしやすい職種をスキルを必要とするものとしないもので分けてみました。

1.コールセンター

カスタマーサポートやちょっとした営業などコールセンターといっても若干やってる内容が異なるようですが、基本的に日本語で業務をしているので日本語を離せれば問題ありません。

また、マニュアル等を使って模範解答をすることがほとんどなので特にスキルが無くてもできます。

コールセンター経験があって仕事の覚えが速い人は教える側になったりマネジメント側になったりで若干給与もよくなったりするらしいです。

2.事務職

現地支社の事務処理周りは事務関連やある程度前提となる知識がなくても働ける職種です。

しかし、基本的にコストを抑える目的で採用をかけているので、どれくらいの給与で生活レベルはどれくらいになるかを事前に確認しておく必要があるのでしっかり下調べをしましょう。

3.日系語学学校スタッフ

僕はフィリピンに住んでいますが、セブ島、ダバオなど様々な島に語学学校があります。

その語学学校でのスタッフの仕事です。

仕事内容としては生徒が来た時のピックアップや現地での生活サポートなどがメインとなります。

海外就職しやすい職種は?【スキルが必要な職種】

次にある程度スキルが必要となる職種で海外でも求人の多いものを紹介します。

ある程度英語が話せるとさらに幅が広がるかもしれませんが、英語を話せなくても下記職種はそれなりに募集があります。

1.フロンドエンド・バックエンドエンジニア・デザイナー

オフショア開発拠点の多いフィリピンやベトナムなどの地域ではこれらの職種が重宝されます。

また、英語がビジネスレベルでできれば現地企業への就職も可能になってくるので、英語に自信がある人は是非チャレンジしてみてください。

2.ツアーガイド

ツアーガイドは国によっては資格が必要になる場合もあるので注意が必要です。

海外にも日系の旅行代理店がたくさんあるのでそこの募集内容を確認してみましょう。

3.美容師

髪を切ることは世界どこに行っても一緒です。
特に日本人が少なくて日本人がやっている美容院が無い場所であれば日本人で美容師経験があるというだけで重宝されます。

その場合個人で店舗も持ちやすいので自分でビジネスを立ち上げてみてもいいですね。

4.日本語教師

日本語教師の職種はあんまり募集がないのが実情みたいですが、現地語や英語も話せれば日本語を教える機会も増えます。

日本語だけしか話せないと教えるときに説明ができないので厳しいです。

日本語教育能力検定なるものがあるらしいので、海外で日本語を教えたい方はチェックしてみましょう。

5.料理人

料理も日本でも海外でも食材があればどこでも作ることができます。

日本である程度実績のある料理人であれば海外で個人で日本食屋さんを開くことができます。

日本食屋さんは海外にけっこうあるのでまずはそこで働いて自分で独立してみるのもありですね。

海外で働くための5つの選択肢

海外で働きたいと考えたらまずはどんな選択肢があるかを知っておきましょう。

スキルが全くないとか英語が全然話せない、いったん海外生活がどんなもんなのか試してみたいという人は1と2、
発展途上国で仕事してみたい方は3、
海外で長期で住みたい方は4、
海外でチャレンジしたい方は5がおすすめです。

1.ワーキングホリデー

僕は大学生時代カナダにワーキングホリデーに行きまして、

【週3日】外資系WEBマーケ会社でインターン(無給)
【週2~4日】高級日本食店でサーバー(有給)
【空いてる日】日系カナダ人用の介護施設でボランティア(無給)

で過ごしてました。

全部自力で探したので結構大変でしたが、探す過程含めてよい経験になったなと感じています。

海外で一回住んでみたいみたいな人はワーキングホリデー制度を利用すると学校にも行けるし仕事にも行けるのでぜひ利用してみてください。

ワーキングホリデー中にインターンを見つけた方法や探した方法を別記事にまとめてます。

この方法で仕事も見つかる可能性もあるのでよければこちらも参考にしてみてください。

ワーホリ中になにする?ワーキングホリデー中にインターンシップを見つける方法6つ!

2.海外インターン

Twitterを見てると結構海外インターンを募集している起業家さんとかいらっしゃいます。

そこに思い切って飛び込んでみると面白い経験ができるかもしれません。

ただ、無給のものが多いのでそれだけしっかりとお金を持っていくこととなぜ行くのか目的意識がないと金銭が発生しないのでモチベーション維持が大変なのかなとも思ったりします。

3.青年海外協力隊/日系社会青年海外協力隊

短期と長期でそれぞれ仕事を募集しているようなので、こちらの求人から仕事を探してみましょう。

https://www.jica.go.jp/volunteer/application/seinen/

4.海外就職(現地採用or駐在員採用)

海外就職と一言で言っても、『現地採用』『駐在員採用』で別れます。

これらで待遇が全然違う場合もしばしばあるのでしっかりと内容を確認しましょう。

スキルが無い人は現地採用でないと厳しいです。

駐在員採用になりたいなら『ある程度の英語力+マネジメント経験(人材面・経理面・業務面等多岐にわたる)』とかがあるとそれなりに仕事があるんじゃないかなと思います。

5.海外起業

ちょっとハードルが高いかもしれませんが、発展途上国であれば日本でやっていることを海外に持っていくことがまずビジネスとして成り立ちます。

自分でビジネスを立ち上げたい、一旗揚げたいみたいな人は海外起業の道を模索してもよいかもしれません。

職種と行ける国の選択肢を増やすには語学+αが必要

未経験でも探せる職種は今回上げた以外にもけっこうありますが、何か今後のキャリアにつながるかと言われればつながらないものも多いです。

しかし、海外生活での対応力や多少のビジネス力があればそこでマネジメント経験ができ、その能力を使って転職につながるかもしれません。

誰でもできる未経験の募集にはあまりやる気のないというと失礼ですが仕事は別にしたくなくて生活のために仕方がなくという方もいらっしゃるのでキャリアアップを考えていて一生懸命働くだけでマネジメント側になれたりします。

まずは日本でしっかりとしたビジネス経験を積んでから海外就職をするのがおすすめです。

そこでコミュニケーション能力や論理的思考、タスク管理、数値管理などが一定以上のレベルでできれば海外でも重宝されます。

さらに言えば、英語+α何かスキル(プログラミング・マーケティング・会計・人事等)があると海外就職の職種の幅も、行きやすい国の幅も広がります。

ただ単に海外に出たいだけであれば仕事が見つかるかもしれませんが、何のスキルもつかないのにただ単に海外にいると日本に帰ったらつきたい仕事に着けなくなってしまう可能性もあるので、先をしっかり見据えて仕事選びをしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です