初めての海外就職が可能な年齢は?未経験なら30代前半までが現実的

海外就職が可能な年齢

人生で初めて海外就職をするなら年齢を意識しておいた方が良いです。

僕が実際に海外で働いていて周囲の話を聞いたり自社で採用していて思う現実的なラインは未経験であれば30代前半が限界かなと思います。

可能であれば、25~30歳くらいの間にはしておくべきかなと考えています。

その理由を解説していきます。

初めての海外就職を30代前半までにしたほうが良い理由6つ

海外就職をするのであれば30代前半までに一度は経験しておかないと厳しいと考えます。

理由を6つ挙げてみました。

海外就職の募集に年齢制限があることもある

僕が所属しているフィリピンにある会社でも海外就職で募集をかけていますが、年齢を35歳までにしています。

他の会社の募集でも30歳のところもあれば35歳のところもありますが、40歳以下とか年齢制限なしの会社は少ないと感じます。

あったとしても、狭い選択肢の中から選ばなければいけなくなってしまいます。

まだ柔軟性があり未経験でも教育しやすい

30代以上になるとすでに今までの社会人んとしての経験で得てきた考え方やマインドが染みついています。

また、ある程度仕事のやり方も確立されている事が多いのでそういう人を教えるのは相当骨が折れます。

同様の業界であればある程度考え方とかも近しいのかもしれませんが、未経験の職種に30歳を超えてから来るのは教える人が若い場合もありますしやりづらさが出てしまいます。

30代前半であればぎりぎり考え方に柔軟性があり、未経験の業界でもすっと受け入れてやっていける可能性が高いので採用のハードルも低くなります。

若い方が海外生活になじみやすい

30代後半になってからいきなり海外生活を経験するのはしんどいです。

生活環境ががらっと変わります。

今までに海外生活を経験していて慣れている人であればいいですが、初めての海外就職をするときに長期で海外に一度も住んだ事がないのに希望される方は意外と多くいます。

海外生活に馴染めないと生活面までフォローしなければならないですが、若い人の方がその環境に対応できるかなと思います。

マネジメントのしやすさ

海外拠点をマネジメントしている日本人は、大手メーカーとか部品作ったりしてる工場とかでない限りけっこう若い人がマネジメントしていることも多いです。

そうなると、30代後半の人は年上になってくるのでマネジメントがしづらかったり教えづらかったりして教育やモチベーション管理にかなりの人的リソースを咲かなければなりません。

また、会社の中の人も若い場合は、その輪に馴染めるかどうかも考慮しないといけません。

30代後半でいきなり初めての海外就職を希望する人は変な目で見られやすい

これは完全に偏見になってしまいますが、

『30代も後半になっていきなり海外就職希望?』

っていう疑問が出てきます。

若いうちにチャレンジできなかったのかなとか、日本だともう居づらいとか雰囲気に馴染めなくて海外に来たのかなと勘ぐってしまいます。

年齢が高いと長期で働いてくれないのではと思われる

基本的に海外就職希望の人は永住希望出ない限り2~3年とかで帰ってしまうことがほとんどです。

年齢が高くなればなるほど、あまり長い事この国にいてくれないのではないかと不安になります。

若い人の方が長期でいてくれたりするので無理に30代以上の人を取らなくてもよいかなとなってしまいます。

初めての海外就職年齢の理想は25~30歳程度

30代前半までなら可能と書きましたが、実際の理想では30歳になる前の方が選択肢の幅が広がるかなと思います。

前述したように30歳までの募集要項のところもあります。

年齢制限があるからといって応募できないわけではないですが、年齢制限を超えている場合、それ相応の理由が無いと内定しないです。

また、25歳~30歳という年齢はある程度ビジネス経験は積んでいて基本的なマナーとかビジネススキルは持ち合わせていると考えられるのが普通です。

極力教育コストをかけたくないのがどの企業も思っていることなので、少ない教育時間で戦力になってくれれば企業としては万々歳です。

逆に言うと、25歳~30歳くらいでビジネススキルが何も無さそうな人は給与もだいぶ低めの簡単な仕事の職でしか探せなくなることもあるので注意が必要です。

35歳後半でも海外で通用する経験や実績、スキルや能力があれば可能

現在30代後半でも一念発起して海外就職したいと考える人もいると思います。

30代後半でも、何かしら海外で通用するスキルや能力があれば就職可能です。

・日常会話以上の英語力

・プログラミングの複数言語を一人である程度書くことができる

・プロの料理人

など、他にも英語x○○のスキルがあれば35歳以上でも可能かなと思います。

英語ができなかったとしても、特定のスキルや能力、知識が突出してあれば採用されることもあると思いますので、自分の能力が活かせそうな職種がないか探してみましょう。

男性と女性では年齢のハードルが異なる現実。。

差別的な感じになってしまうのは嫌なのですが、女性の採用を躊躇している企業を時々見かけます。

男性よりも女性の方がその会社にいてくれる期間が短い可能性があり、

せっかく教育したのに。。

ということになりかねないからです。

女性の場合は27~28歳以降の年齢の方だと厳しい印象です。

独身の方の場合、1年くらいいるともうそろそろ結婚したいなあというような考えが出てきて、日本に戻って婚活したいというような要望も面接時点ではなくても働いているうちに出る可能性があります。

『3年は働きます!』

みたいなこと言っても実質2年くらいでいなくなっちゃう人もいます。

海外での採用は能力とどれだけの期間いてくれるかが同じくらいのレベル感で測っている会社も話を聞いていると大事にしているところもあるなと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です