Firefoxで閲覧履歴を残さない方法【Chromeのシークレットモード機能】

Firefoxで閲覧履歴を残さずにブラウジングする方法

GoogleChromeにあるシークレットモードの機能ですが、実はFirefoxにも存在していてCookieやパスワード、閲覧履歴などのブラウジング機能を残さないようにしてくれる機能があります。

この記事では、Firefoxの閲覧履歴を残さないための機能であるプライベートブラウジングの紹介と使い方について解説します。

履歴を残さずにFirefoxを使用する『プライベートブラウジング機能』とは?

Firefoxを提供しているmozillaのサイトに下記のような説明がありましたのでこちらを引用させて頂きます。

プライベートブラウジングは、パスワード、Cookie、閲覧履歴といったブラウジングの情報を自動的に消去し、セッションを終了すると追跡されないようにします。Firefox は、コンテンツブロッキング 機能を備えており、隠れたトラッカーが複数のサイトをまたいでデータを収集したり、ブラウジングを遅くしたりすることを防ぎます。

Mozilla サポート

GoogleChromeのシークレットモードとほぼ似たような機能です。

他の人のPCでログインするときや情報を残したくないような内容のブラウジングをする際などに利用すると便利な機能になります。

しかし、たまに勘違いされる方がいますが、これはインターネットを匿名で利用できるというような機能ではないです。

下記のような注意書きが書かれているので気を付けましょう。

重要: プライベートブラウジングは、インターネットを匿名で利用できるようにする機能ではありません。ご利用のインターネットサービスプロバイダーまたは雇用者、訪れたサイトは、あなたの表示したページについての情報を収集できます。また、プライベートブラウジング機能は、あなたのコンピューターにインストールされているかもしれない キーロガー や スパイウェア からあなたを守るものではありません。より詳しく学ぶには、Common Myths about Private Browsing をご覧ください。

Mozilla サポート

もしGoogleChromeのシークレットモードについて興味がある場合は下記記事を次いでに読んでみてください。

Firefoxでのプライベートブラウジング機能の設定方法

プライベートブラウジング機能の利用方法は簡単です。

Firefoxを開いて右上にある三本ラインのメニューのところにカーソル合わせると下記のようなメニュー項目が出てくるので赤で囲ったところをクリックするだけです。

Firefoxでプライベートウインドウを開く方法

クリックすると下記のような表示になるので後は検索をかけるなり開きたいページのURLを張り付けるなりしてブラウジングするだけです。

Firefoxのプライベートブラウジング画面

常にプライベートブラウジングを使用するように Firefoxを設定する方法

常に閲覧履歴を表示したくないという方もいらっしゃるかと思います。

その場合は先ほどの3本ラインのメニューのところからオプションをクリックします。

Firefoxのプライベートウインドウを常に開くための設定方法

開くと『プライバシーとセキュリティ』という項目があるので、そこから履歴のところからプルダウンで選ぶと『履歴を一切記憶させない』という項目があるのでこちらを選択したら終了です。

切り替えるときはFirefoxの再起動が必要になります。

PCスキルはいろいろあるんですが、ブラウジングはPCを使う中でも多くの時間を占めるかなと思うのでその周辺の設定などは覚えておくとちょっとしたときに使えるので便利かなと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です