情報収集の質を高めるインターネット検索方法とツール

情報収集の質を高める検索方法

情報収集の質を高めるためにはインターネット上の様々な検索ツールを使って検索するのが良いです。

Googleが検索ツールとしては最大規模で様々な情報が集まりますが、現在は様々なプラットフォームがあり、検索するプラットフォームを変えることで情報の質や量、内容が変わってくるのでツールを変えて検索をしてみましょう。

情報収集の質を高める検索方法をツール別に紹介!

今回は情報収集の際に検索すべきプラットフォームを5つ紹介します。

ほかにもニュースサイトとかいっぱいありますが、いったんは大きなプラットフォームだけに絞って紹介させていただきます。

Google

やっぱりインターネット上で検索する際に使用するのはGoogleです。

世界最大の検索エンジンなので、検索KWをうまく指定してあげれば欲しい情報にたどり着けます。

一言でGoogle検索と言っても検索方法は様々あります。

個人的には検索オプションを使うとよいかなと思います。

検索オプションに関しては下記記事にて紹介しているのでこちらを見てみてください。

Twitter

Twitterは世界のトレンドに対しての反応をいち早く知ることができるプラットフォームです。

Twitterには様々な記事をシェアしている人がいて、その記事に対しての考え方や批判やそこから展開するような別の情報を提供してくれているユーザーもいます。

記事から得た情報に対してどんなことを考えたり批判したりしているのか自分とは違った考えを知ることができます。

Twitter上でほしい情報に対しての世間の反応を見てみましょう。

違った見方考え方を知れるので面白いですよ。

Twitterは検索窓だけではなく、高度な検索というページがあります。

このページからツイートされた日付を指定して検索したりAND条件、OR条件などで検索することが可能になります。

ぜひ活用してみてください。

https://twitter.com/search-advanced?lang=ja

Youtube

YoutubeはGoogleのサービスなので、Google検索をしてから動画タブに切り替えれば動画の内容も検索できますし検索演算子を使えば特定のサイトにアップロードされているyoutube動画だけを検索できたりします。

例えば下記のような形です。

site:URL

また、『intitle:』という演算子を使えば動画のタイトルのみを検索可能です。

また、演算子以外にも検索の際のフィルタが用意されていて、アップロードされた日付や動画の長さ、動画のタイプなどが選択可能なので必要に応じてフィルタを使いながら有効な動画を探してみてください。

しかし、Youtubeのフィルタでは細かい日付の指定ができないので、どの期間にアップロードされたのか細かい日付をしたいときはGoogle検索で期間指定をしてあげてから動画タブに行くのが有効です。

Googleトレンド

Googleトレンドは世界中で話題になっていることをすぐに知ることができる無料のツールです。

指定したKWがどの程度検索されているのかで知名度や関心度を理解できますし、検索したKWに関連したトピックやほかに気になる関連キーワードを表示してくれるので、そのトピックやキーワードを掘り下げていくとさらに幅の広い情報収集が可能になります。

あなたが調べたいことの関心度が世の中にどれくらいあるのか知りたいときはGoogleトレンドを利用してみましょう。

Googleアラート

これは検索とは少し違いますが、指定したKW関連の情報をメールにて通知してくれるサービスです。

毎回検索して探す手間が省けますので毎日検索して情報収集しているようなKWがあればGoogleアラートに登録しておきましょう。

Googleアラートの使い方に関しては別記事で紹介しているのでもしよければこちらも読んでみてください。

情報収集の質を高めるには検索だけでは足りない

検索して得られる情報、ネットに落ちている情報は大枠の知識を身に着けるのは便利かなと思います。

しかし、どの程度の深さまで情報を得たいかによって、必要な情報の質や深さが異なります。

さらに詳しい情報を得るためには大枠を把握したり専門用語の意味合いをざっくり検索で理解した後に本を読んだりその道のプロに聞くと質の高い情報を得ることが可能になります。

インターネット上で検索して情報にリーチできるのは便利ですがそれだけに頼りすぎると広い知識しか手に入らないので深さを求めたいのであれば他の情報収集ツールを使って深さを追及していきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です