財務諸表の見方の概要を本で学ぶなら『財務3表一体理解法』【日商簿記2級ホルダーが推薦】

財務諸表の見方を学ぶなら『財務3表一体理解法』

仕事をしていると、業務の内容やポジションによっては財務諸表、損益計算書や貸借対照表、BS(Balance sheet)やPL(Profit and loss statement)の見方が分からないと困る状況が出てくるかと思います。

その時には簿記の知識、できれば日商簿記2級くらいまでの知識があると良いとは思うのですが、そこまで勉強する時間はないよという方もいるかもしれません。

特にマネージャーレイヤーの方は業務に追われてなかなか勉強する時間が無いという方もいるかもしれませんが、おそらく部署毎に損益を計算してしっかり収益が上がっているのかを確認していることも多いのではと思います。

ただ、一から勉強すると仕訳の方法とかになってしまい、仕訳は読むうえでも必要ないのでどの項目が何を指しているのかや仕組みをざくっと理解しておけば、部署の損益計算するくらいであれば問題ないかなと思います。

損益計算書や貸借対照表など財務諸表をざっくりと理解したいときに個人時期におすすめなのが『財務三表一体理解法』です。

今回は財務諸表の見方を知っておくことによるメリットとなぜこの本がおすすめなのかを解説していきます。

財務諸表の見方を知っておくメリット

まずは財務諸表の見方を知っておくメリットを書いていきます。

営業利益とコストの感覚を理解できる

財務諸表の見方が分からないと自分自身やチームの営業等でのコストがどれくらいかかっていて、どれくらいの収益が出ていれば成果が出ているのかがが分かりません。

営業利益がしっかりと出る体制になっていないとただただ赤字になってしまいますし、赤字になっているのに成果が出ていますとは言えません。

月間で1億うりあげていたとしても、広告費や人件費などを計算した結果1億5,000万の費用を販売するために使っていたらマイナスですよね。

単純に1億と言ってしまえばすごそうに聞こえますが、これだけの費用を使ってたら3億くらいは売上たいよねみたいな話になります。

成果が出ているというのを主観的な考えにしないためにも実際の営業利益で語れる人はできる人だなと感じます。

自社・他社の財務状況が理解でき健全な経営ができているかを評価できる

自社のPL/BSが見れる状況かどうかは上場会社かどうか、会社が公開しているかどうかにもよりますが、自社の経営状況が良い状況なのかどうかは特定の会社での在職期間が長くなってきたり役職が上がっていくと経営や事業戦略に少しずつ近い立場になっていくので気になってくるところかなと思います。

取引先にどの程度の支払い能力があるのかも気になります。

また、転職活動中も転職を検討している会社が健全な運営状況なのかを確認するうえでも財務諸表の見方を理解しておくとよいです。

ある会社が財務上どのような状態かを把握したい場合は財務諸表の読み方が分かることは第一歩として重要です。

マネージャーレイヤーまで昇進したい、起業したい人には必須の知識

マネジメントレイヤーになっていくと事業戦略に関わることになり、ほぼ確実にPLでマイナスにならないようにすること、プラスにすることが求められると思います。

新規事業領域や事業が投資フェーズであるとみなされる場合はそこまで気にしない場合もあるのかもしれませんが、この戦術を実行したことによってどの程度のコストが発生し、営業利益への影響がどの程度あるのかを考えられない事業部マネージャーは必要ないと会社に言われる日は近いと思います。

事業を創っていきたい、起業したいという方は自分の事業や会社のお財布状況、収支状況を理解していないのは危ない状況ですので勉強すべきかなと思います。

財務諸表の見方を学ぶのに『財務3表一体理解法』を推薦する理由

ここまで財務諸表を理解するメリットを見てきましたが、この本がおすすめな理由を書いていきます。

日商簿記2級を取得しようとするとそれなりの時間がかかり、1か月程は最低でもがっつり勉強しないと取れないかなと思いますが、この本を読めば基本的な見方やなぜ財務諸表がこうなっているのかを大枠で理解できるようになり、スムーズに内容の理解が進みます。

会計の仕組みを全体像から理解できる

簿記を勉強し始めるとだいたい仕訳の方法から勉強し始めるので、全体像をつかむのに時間がかかります。

仕訳とはどんな取引が発生したら帳簿上どんな記載が必要かみたいなのを個別に記録しておくものだと思ってもらえればいったん良いかなと思うのですが、何かしら帳簿に記載する前にどんな取引があったか記録しておくものです。

いちいち一番細部の部分的なところから勉強していくとかなり時間がかかりますし、全体像が見えづらくなってしまいます。

しかし、この本は簿記を勉強するためのものではないので、仕訳とかではなく財務諸表それぞれがどのように使われるのか大枠から入って細部に入っていくので内容を理解しやすいです。

簿記をやった僕でも得られる情報がたくさんあり、全体像の説明を聞いて納得感がすごくありました。

簡単な事業の動きからどんな会計上の手続きが発生するかを順を追って理解できる

この本では、実際に事業が行われる想定でそれぞれの取引でどんな財務上の手続きが発生し、それによって損益計算書や貸借対照表にどんな動きがあるのかをひとつひとつ解説してくれます。

実際の事業の流れにそって解説が行われるのでどんな取引が財務諸表の何に影響するのかがわかりやすいです。

実際のビジネスでどうなるかが分からないと知識だけを入れても意味があまりないので例題が分かりやすいところがおすすめポイントです。

分かりづらい言葉や素朴な疑問にも解説を入れてくれていて疑問を解決しやすい

本を読んでいるうちに

『あれ?この部分はどうなってるんだろう?』

と思うことってあるかなと思うのですが、そういったポイントに対しても解説を入れてくれているのでいちいち調べることなく、本の上である程度疑問を解決できるようになっています。

疑問を持たなかったとしても、あっ確かにそこ気になるねという点に解説があるのでより深い知識になっていきます。

日商簿記3級程度の知識があった方が理解しやすいかも

この本を読んでおけばある程度財務諸表の理解ができるかなとは思うのですが、知識が全くのゼロベースだともしかしたらつまずくかもしれません。

日商簿記2級まではいらないですが、せめて3級くらいの知識はあるとこの本がより効果的になってくると思います。

しかし、2~3回読みなおせば理解が追い付いてくるかなと思うので、詳しく知識を入れたい人は複数回読むことをおすすめします。

『財務3表一体理解法』だけでなく分析法の本も読むと理解が深まる

財務3表一体理解法は見方を学ぶための本です。

さらに分析の方法も知りたい方は分析法の本も同じ著者の方が書かれているので、財務諸表の知識を生かして分析まで行っていきたい方は一緒に読んでみると知識が深まると思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です