経歴やスキルからあなたの市場価値を知れる転職サービス『ミイダス(MIIDAS)』【強みや職務適正、マネジメント資質の診断が無料で可能!】

あなたの市場価値を知れる転職サービス『ミイダス』

社会人の方は転職したことが無い方でも一度は転職を考えたことはあると思いますが、いったい自分の市場価値がどの程度なのか評価を確認していますでしょうか。

市場価値を客観的に図るために転職エージェントに定期的に評価してもらう人が時々いらっしゃいますが、5分程のアンケートに答えるだけで自分自身の市場価値を学歴や職歴から判断して導いてくれるのが ミイダス(MIIDAS) という転職サービスです。

わざわざ転職エージェントに行くのはまだ良いけど、ざっくりとでも良いから自分自身の市場価値を知りたいという方は一度トライしてみましょう!

この記事では、 ミイダス(MIIDAS) の概要やできること、活用法を紹介します。

市場価値を測るだけでなく、自分自身の業務での適正についても出してくれるので面白いですよ。

僕が実際にやってみた診断結果も見せることで、どんな診断が行われるのかもお伝えしたいと思います。

あなたの学歴や職歴からあなたの市場価値を知ることができる転職サービス『ミイダス』とは?

ミイダス(MIIDAS) はあなたの市場価値を「みいだす」転職サービスで、求人を探す作業からあなたを開放しますというのがキーメッセージになっています。

まずはミイダスの紹介ムービーがあったのでこちらをご覧ください。

あなたと似た経歴の人がどの程度の収入をもらっているのか、どんなところに転職しているのか気になったことが誰もが一度はあるはずですが、 ミイダス(MIIDAS) は5分間程度でできるアンケートに回答して経歴を打ち込むことであなたの市場価値を年収の金額で教えてくれます。

僕は下記な感じでした。

ミイダスで診断したのむらんの市場価値
ミイダスで診断したのむらんの市場価値

また、業種別や職種別でもどの程度の年収のオファーが何社あるのかも出してくれます。

まずは業種別の僕経歴に興味のある企業の数が出てきます。

のむらんのミイダスの市場価値診断で出た業種別のオファー企業数
のむらんのミイダスの市場価値診断で出た業種別のオファー企業数

下記が僕の経歴から出てきた職種別の企業数です。

のむらんのミイダスの市場価値診断で出た職種別のオファー企業数

下記が僕の経歴を参照して他の人の転職傾向とかからマッチングした年収別の企業数です。

当然ですが、だんだん年収のレンジが下がっていくことに企業数が増えます。

1000万以下だとそれなりの数の企業数になってきます。

のむらんのミイダスの市場価値診断で出た年収別のオファー企業数

このような形でまずはぱっと見でどんな職種や業種やどれくらい年収別でどれくらいのオファーがありそうかを見せてくれます。

自分の経歴から算出されたデータから業種や職種、欲しい収入で直感的に自分が求める企業を知ることができるので、あなたが希望する年収や職種、業界の企業の募集をかんたんに見つけられるのがメリットかなと思います。

どうしても知っている企業に目がいきがちで視野が狭くなることを防ぐことができますよ。

また、ほかのサイトと違って特徴的な違いとしては、転職エージェントや転職サイトはあなたが希望する条件の中からもっともマッチングでの利益が高い求人を紹介してくるのが一般的ですが、ミイダスは様々なデータからあなたへの興味関心が強い順で企業を紹介してくれるのもおすすめのポイントです。

下記画像は、 ミイダス(MIIDAS) と他転職サービスとの比較表になっているので違いが一目瞭然です。

ミイダスの他転職サービスとの比較表
ミイダスの他転職サービスとの比較表

MIIDASに登録すべきメリット5つ

ミイダス(MIIDAS) のサイトにはこのサービスのポイントが10個書かれているのですが、僕としてはミイダスに登録すべきメリットは5つあるかなと考えています。

デメリットは、無料のサービスなので特にお金もかからないのでやってみればいいのかなと思うんですが、しいて言うのであれば経歴を打ち込むのに5分ほどかかるのとコンピテンシー診断をするのに15分くらいかかるのでその時間が無駄になることくらいかなと思います。

では、メリットを一つずつ見ていきましょう。

あなたの経歴・スキルから現在の市場価値が分かる!

同じ会社でずっと仕事をしていると自分の市場価値はどの程度なのか気になってきませんか?

僕は社会人になって5年目となり、一応マネージャーとしても仕事をしていますが、今ある自分のスキルや実績は市場の中でどの程度評価されるものなのか気になります。

ただ、転職エージェントに行って面談してもらうのもいまいち信用できないし時間もかかるなと感じたら、ミイダスを試すのがおすすめで5分程度の質問に答えてあなたの経歴を入力するだけで多くのデータの中からあなたの経歴に似た人の年収傾向からあなたの市場価値、つまりあなたが転職市場に出たときの年収がどの程度になりそうかをかんたんに算出してくれます。

7万人の転職事例を見ることができる!

転職事例と言っても、詳細が見れるわけではありませんが、自分と同じような経歴の人がどの程度の年収でどんな職種や業種に行っているのかを可視化してくれます。

また、今のあなたの年収や評価、ポジションが適切なのかを判断してくれます。

自分は評価されていないとか年収はもっともらってもいいはずだと思っていたら一度診断してみましょう。

それを見て、個人的には今の年収と100万以上離れていれば確かにあなたが正当に評価されていない可能性があるかなと思います。

50万くらいだったら誤差だと思いますし、今の年収と同じくらいだったらむしろもらいすぎているくらいかもくらいでもらっている収入程度のスキルや経験がないと危機感を感じるくらいがちょうどいいんじゃないかなと思います。

あなたが知らなかったあなたの経歴で受かりそうな企業を見つけられる!

アプリで自動マッチングができる転職アプリはほかにもあり、それらも同様ですが、使ってみる一つの理由として、自分が知っている範囲内の企業だけではなく、行きたい職種や業種の企業がどの程度あるのかみたいなのをさくっと知るためのツールとして有効だと感じます。

もちろん、広げすぎるのはよくないですが、希望する年収や職種と業種を絞り込んでいくとあなたにあった求人が見つけられるはずです。

日経バリューサーチの業界レポートをオファーから読むことができる!

日経バリューサーチは有料の10,000人以上のビジネスパーソンが利用する
ビジネス戦略に欠かせない企業・業界分析ツールです。

しかし、 ミイダス(MIIDAS) を活用すれば、オファーに合わせた業界情報を読むことができます。

オファーが来ている業界の特性やその企業がその業界でどういったポジションにいるのかを調べるときに使えます。

あなたの強みや職務適正、マネジメント資質が分かる!

コンピテンシー診断というあなたの強みや職務適正やマネジメント資質の診断が無料でできます。

こういった診断は様々ありますが、マネジメントの資質を上司としての視点と部下としての視点で診断してくれるものはあまりないかなと思います。

部下として、上司としてどういった特性があるのかを理解することで普段の自分の行動を見直すきっかけになりますよ。

MIIDASでできるコンピテンシー診断で自分自身の業務の特性や上司として、あなたとしての特性を診断しよう!

ミイダスのコンピテンシー診断

コンピテンシー診断は診断するのに15~30分ほどかかるのでちょっとしんどいですが、下記6つの項目が分かります。

  • マネジメント資質
  • パーソナリティの特徴
  • 仕事をしていくうえでのあなたの特徴
  • 職務適正
  • 上下関係適正
  • ストレス要因

様々な経歴の人々から得たデータから導き出された統計的なデータなのでそこそこ信憑性があるあなたの傾向が見えてきますし、たしかにそういうところあるかもなと納得感のあるものがデータとして返ってきます。

それぞれの結果をまとめてPDFデータにもしてくれるので、印刷したければそれもできます。

僕の診断結果をちら見せしながらどんなことが分かるのかを解説します。笑

この診断をすることによって、自分の診断結果をみてそういうところあるかなみたいなのを冷静になって見つめることができますし、ストレス耐性や普段の自分の行動などを見つめなおすと面接時の質問の想定なんかにも使えるかなと思っていますので、転職を考えている人はぜひ自己分析に使ってみることをおすすめします。

また、この結果を仲の良い同僚に見せると面白い意見が聞けると思います。

部下を持っている人は、転職サービスを紹介するのは気が引けるかもしれませんが、この診断をしてもらってそれをもとに面談してみても面白いかもしれません。笑

マネジメント資質

この項目は実際に日本の企業で活躍している人たちを対象として、マネジメント能力の高い人がどいうパーソナリティの特色を持っているかを検討した結果に基づいて出された結果です。

僕のは、基準点が5.5に対し8前後で出ているのでまあまあ高い方なんじゃないかと思いますが、社会人2年目から現在5年目ですが3年以上マネジメントをしているので、高くはなっていますが経験を積んできたことによってマネジメントの思考が強まってきた結果高めに出てるんじゃないかなという気がします。

僕は、もともと自分が結果を出していればそれでよいと考えていたタイプで誰かのモチベーションとか数字管理とか自分でしてくれと思っていたタイプの人間なので、マネジメントをやってなかったらこういう結果にはなってなかったかなという気がします。

ミイダスのコンピテンシー診断から出たのむらんのマネジメント資質
ミイダスのコンピテンシー診断から出たのむらんのマネジメント資質

パーソナリティの特徴

この項では、あなたのパーソナリティについて9つの側面からどういう傾向にあるのかを示してくれます。

9つの項目は下記です。

  • ヴァイタリティ
  • 人あたり
  • チームワーク
  • 創造的思考力
  • 問題解決力
  • 状況適応力
  • プレッシャーへの耐力
  • オーガナイズ能力
  • 統率力

僕の診断結果は下記です。

ちょっと、見づらいんですが僕の結果です。

けっこう真ん中によっているんですが、偏ることなく両方の特徴をバランスよく持ち合わせているからこそマネジメント資質が高めに出るのかなと思ったり思わなかったり。

ミイダスのコンピテンシー診断から出たのむらんのパーソナリティの特徴

仕事をしていく上でのあなたの特徴

僕の仕事をしていくうえでの特徴についてです。

おおむね当たってる気がしますが、人前で堂々としているのはけっこう苦手ですし、あんまり人前には立ちたくないです。笑

体力、気力に優れた人のようです。強い競争心をもち、課題を与えられたときに必ず達成しようと決意するタイプです。課題を達成するためには、危険を冒すこともためらわず、目標に向かってあらゆる努力を惜しまないでしょう。

自己主張し、相手を自分の思う方向に引っ張っていきたいと考えているようです。自己顕示欲が強く、人前で堂々としていられるタイプです。他人との関わり合いというよりも、自分について常に意識していることの方が多いかもしれません。

ミイダスの『仕事をしていくうえでのあなたの特徴』の診断結果

職務適正

ミイダスの診断結果で出た職務適正

職務適正では17の職種への適正を予測し、高得点なほどその職務に慣れるそうです。

事務作業は好きではないですが、エクセル作業などは割と自身があるので事務系に行ったら結構活躍できる自信があります。笑

職種を変えたいと思っている人はどんな職種に移るかを検討したいときに参考になるかなと思います。

上下関係適性

この項目では、上司として部下に、またはその逆の立場の場合にどう接しているタイプなのかを知ることができます。

既にチームをマネジメントしている立場であれば上司としてのタイプを見て、部下の立場であればそちらを参照してみましょう。

また、転職した場合は最初は役職がつかず上司だったのが部下としての立場になると思うので、診断結果を見て部下としての自分の振る舞いをどうすべきかを考える良いきっかけになるかなと思います。

上司としてのあなたの傾向を『指示指導型』、『権限移譲型』、『参加要求型』、『話し合い型』、交渉取引型』の5つの項目を標準地点からどの程度離れていてどういった傾向があるのかを可視化してくれます。

ミイダスで診断した上司としてのあなたのタイプ
ミイダスで診断した上司としてのあなたのタイプ

次に部下としてのあなたのタイプですが、こちらは『素直従順型』、『自主判断型』、『協調協力型』、『情報提供型』、『素直直言型』の5つの傾向からあなたの部下としての傾向を見ることができます。

ミイダスで診断した部下としてのあなたのタイプ
ミイダスで診断した部下としてのあなたのタイプ

僕はけっこうおおむね当たってるなという感じがしてます。笑

当たっている自分の傾向を見ると思わずクスッと笑ってしまいますが、そこから自分が直すべきポイントが分かったり、そういう面があるかなあというのを見つめていくと自己分析に繋がるかなと思います。

こういった傾向からあなたが面接時に伝えられるあなたの強みや弱みなどが見えてくるかなと思いますし、転職の面接で比較的聞かれる質問だったりするのであなた自身の傾向をしっかりと確認して何かエピソードが無いか思い出してみるのが良いです。

ストレス要因

あなたのストレスに感じやすい活動や条件、環境を予測しています。数値は標準点です。

指導されるのはあんまり好きじゃないですが、どちらかというと上司が抑圧的で何の説明もないのにチームとして働かないといけないのは嫌なのでチームワークという点と戦略欠如が重なるとかなりストレスを感じます。

個人で自由に動きたいタイプなので、抑圧的に抑えられてチーム優先で自分の行動が抑制されるとストレスを感じます。

ミイダスで診断したストレス要因
ミイダスで診断したストレス要因

面接では、どんなことにストレスを感じてどんな風に克服するかみたいなストレス耐性について聞かれることもあるのでそれの回答を想定するのにも役立ちますね。。

キャリアアップや給与アップのための転職は自分都合のタイミングではなく、マーケット都合で考えよう!

ミイダスがおすすめする転職タイミング
ミイダスがおすすめする転職タイミング

転職活動をしてみるとわかりますが、自分が行きたいと感じる企業の応募がずっとあるわけではないです。

良いオファーが一年後も来るとは限らないのは事実です。

良い求人が来た時は思い切って面接をしてみて、内定が出てから辞退するか入るかを決めればよいので思い切って受けてみるのも良いですね。

まずは、 ミイダス(MIIDAS) であなたの市場価値がどのように評価されるかを診断してみましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA