ランゲージエクスチェンジで英会話相手を見つけるためのアプリ『Hello talk』【世界中で英語を話す友達がみつかります!】

ランゲージエクスチェンジで英語勉強するためのアプリ『Hello talk』

英語を使いたいと思っていてもなかなか使う場面が無い人はまずはネイティブの友達を作るところから始めてみましょう。

HelloTalkは世界中のランゲージエクスチェンジをしたい人同士をつなげるためのコミュニティアプリなので、どの国でも一緒に語学学習をできる友達を見つけることが可能です。

対応言語は150言語以上なので基本的に相当ニッチな言語でない限り、学びたい言語を話す人を見つけられるはずです。

この記事では、HelloTalkの基本的な機能と活用のメリットなどについてまとめました。

『HelloTalk』の基本的な機能と活用のメリット3つ

HelloTalkには世界中の言語学習者をつないだり交流を深めたりするための機能がいくつかあります。

これらを使ってHelloTalkを使いこなしましょう。

まずは、無料版でできる機能を3つ紹介します。

言語学習者を探すための検索機能

まずは言語学習者を探すための検索機能について紹介します。

HelloTalkの検索機能はいくつかあるのですが、「システムマッチ」、「オンライン」、「周辺」、「真剣な学習者」、「タイムライン」の5つのカテゴリで言語学習者を探すことができます。

画像で言うと、各項目をクリックすると書きな感じでいろんなユーザーが出てきます。

HelloTalkの検索機能(システムマッチ)
HelloTalkのシステムマッチ画面

この5つのカテゴリについてかんたんに説明してみました。

「システムマッチ」:年齢やどんな言語を学びたいかなど条件にあった人をシステムが選出
「オンライン」:現在オンラインの人
「周辺」:GPSで検知した周辺にいる人
「真剣な学習者」:ほとんど有料のVIP会員でよく添削とかいろいろアクティブに使っている人
「タイムライン」:タイムラインをよく活用して投稿している人

上記のような検索だけでなく、ユーザーの「年齢」、「地域」、「母語」、「学ぶ言語」など詳細な情報を絞って検索をかけることも可能です。

後述しますが、有料会員になると性別でも絞ることができます。

出会い系サービスにしないための配慮ですね。

HelloTalkの言語学習者を検索する機能
HelloTalkの検索画面

言語学習者と話すためのチャット機能

HelloTalkのチャット機能は言語学習を助けてくれる機能がたくさんあります。

発音が分からない単語を読み上げてくれたり翻訳もなかなか正確なものが出てきます。

また、下記画像の様にどこが間違っているのかを指摘して修正する機能なんかも備わっています。

HelloTalkのチャット画面
HelloTalkのチャット画面

世界中の言語学習者が集うタイムライン

タイムラインでは様々な人が言語について質問したり、海外の情報を集めたり交流したりしています。

ここで積極的に交流をしたり誰かの日本語を添削しているとあなたが打った文章を添削してくれる人が出てきたり、その交流の中でどんな英語を使えば伝わるかなと考えたりできるので良い英語の練習になります。

なにかあったら積極的に投稿してみたり、誰かの投稿にコメントしてみると世界中の異なった出身の人から連絡が来て世界中に友達ができたような感覚になりますよ。

HelloTalkのVIP会員になるとできること

HelloTalkは無料版でも十分使えますが、もっといろんな機能を使いたいと思ったら有料版にしてみましょう。

有料会員の金額は、2019年8月12日時点で月額600円、年間契約だと4,000円なので長く使おうと思ったら年間契約の方がお得です。

内容をよく検討して、年間通して使いそうだったら年間契約にしましょう。

年間契約の場合、7か月で月額にするよりもお得なのでそこまで使うかどうかを考えてみてください。

一般会員よりも友達を増やせる可能性が高くなり複数言語学習可能

HelloTalkのVIP会員になるメリット(露出機会増)
HelloTalkのVIP会員になるメリット(露出機会増)

自分から積極的にメッセージを送って友達を作っていくことも可能ですが、日本語を勉強したい外国の方も同様にこのサービスを利用していて地域や年齢、プロフィールなどを参考にしながらメッセージを送っています。

VIP会員になると一般会員と比較して最大9倍程誰かの目に触れる可能性が高くなるので、あなたにメッセージを送ってくれる人が増える可能性が増えます。

また、英語を話すだけでなくスペイン語やドイツ語など別言語も同時に学習したい場合は、一般会員だと英語であれば英語しか翻訳できなかったりするので、複数言語同時に勉強したい人はVIP会員になるとサービスを使いやすいです。

翻訳機能の制限がなくなる

HelloTalkでVIP会員になるメリット(翻訳機能)
HelloTalkでVIP会員になるメリット(翻訳機能)

TOEICのスコアが700点くらいある人が英語で誰かと話すときはそこまで翻訳の機能を使うことはないかと思いますが、勉強する言語がまだまだ初心者の場合は翻訳機能を多用すると思います。

ブラウザで単語を調べたりすることも可能ですが、何度も翻訳をするのにいちいちブラウザを開くのは面倒です。

初心者の方で翻訳回数が植えそうな場合はVIP会員になると使い勝手がよくなります。

検索に追加できる項目が増える

HelloTalkでVIP会員になるメリット(検索機能)
HelloTalkでVIP会員になるメリット(検索機能)

HelloTalkをどこまで使いこなしたいかにもよりますが、リアルでも会ってカフェなどで話ができるほどの関係になるためにはけっこう手間がかかります。

途中までいい感じに連絡していたのに相手が突然返信を返してこなくなったりこの人ちょっと変な人かなとか興味関心があんまり合わなそうだなとかこちらが日本語を結構添削してるのに英語の添削をしてくれないなとかいろんな理由でなかなかリアルで会うことに繋がらない場面もしばしばあります。

そういう時は辛抱強く数で勝負をするのが良いですが、一般会員の場合は15人までと制限があります。

15人にメッセージを送ったとしても、その日に帰ってくるのは3人くらいしかいないこともふつうなのでさらに数を当たってできるだけ早く直接会って一緒に言語学習ができる友達を見つけるにはVIP会員になるのも手です。

また、女性は男性と会うよりも女性と会う方が安心感があると思うので、検索機能で女性に絞れたほうが良いかもしれません。

その場合にはVIP会員になると性別も絞って検索が可能になります。

チャットで使えるスタンプやグリーティング機能などが充実する

 HelloTalkでVIP会員になるメリット(チャット機能が充実)
HelloTalkでVIP会員になるメリット(チャット機能が充実)

VIP会員になるとチャットで使えるスタンプやグリーティングカードが使えるようになったりします。

また、過去にどんなことを話したかとかあの時どんな表現したかなみたいなことを確認できる検索機能があります。

広告の量がすごい多いわけではないですが、うっとおしいなと感じる人はVIP会員になった方が使い勝手が良いです。

HelloTalkで一緒に言語学習をするための相手を見つけるためのプロフィール記載のコツ

Hello Talkで友達を見つけるためには自分で探してフォローしてメッセージを送ることもできますが、逆に日本語を話せるあなたを探している可能性もあります。

相手をフォローしてメッセージを送ると、フォローしてくれた人、メッセージをくれた人がどんな人なのか気になってプロフィールを見ます。

プロフィールを充実させて、どんな人なのかがわかるようにしておきましょう!

あなたの経歴や趣味はできるだけ詳しく書く

見知らぬ人とコミュニケーションをとることになるので、できるだけ何かしらの共通点がある方が話を始めやすいです。

できるだけあなたの関心が何でバックグラウンドとしてどんな経験があるのかを詳しく書いていくとあなたに興味を持ってくれる人が増える可能性が高まります。

・大学生か社会人なのか
・どんな勉強、または職業なのか
・どんな国に行ったことがあるのか
・どうして外国語を勉強したいのか
・どんな趣味があるのか

などなど様々な情報を書いてあなたに興味を持ってもらえるポイントをできるだけ多くちりばめておきましょう!

プロフィール欄での説明は英語だけでなく日本語も入れる

ランゲージエクスチェンジでは自分が英語など別言語を学ぶ場合には相手に自分が話せる言語、この記事を読んでくれている方はだいたいが日本語のネイティブだと思うので相手に日本語を教えたり日本語で会話をする必要があります。

自分が勉強したい言語ばかりでプロフィールを書いていると、この人は自分の勉強のことばかり考えているのかな?となりかねないので、ある程度かんたんな日本語でかまわないのであなたについての趣味や今までの経験などを日本語で書いてみましょう!

タイムラインであなたの趣味が分かるような親近感のある情報をアップしておく

プロフィールとは少しずれてしまいますが、タイムラインで写真などを投稿して海外に遊びに行った時の写真などを投稿しているとあなたの日常が垣間見れて親しみを持ちやすくなり、知らない人とコミュニケーションを取ろうとしている相手の心理的障壁を少しは軽減できるかなと思います。

普段からタイムラインでの添削をしておく

普段からたまにで良いので誰かの日本語を添削してあげましょう。

それを定期的に行っていくとプロフィール欄に添削した回数が表示されるので

この人は日本語の勉強に親身になってくれる人なんだな

という印象を作ることができます。

私は英語を勉強したいだけではなくあなたの日本語学習を手伝うスタンスがあるんですよというのを見せるにはこの方法が手っ取り早いかなと思います。

添削をしていると、あなたの投稿も誰かが添削してくれる可能性が出てくるのであなたの言語学習も進むはずです。

英語を積極的にアウトプットしたい人は『HelloTalk』を使おう!

英語など言語学習したい外国語はインプットしているだけでは話せるようになれません。

インプットしたものをしっかりアウトプットに使って初めて使えるものになってきます。

積極的にアウトプットの場を作って普段のインプットの成果を発揮しましょう。

しかし、HelloTalkには弱点があってすぐには友達を作れないことです。

何十人にメッセージを送ってもなかなか返信がなかったり続かなかったりして英語のアウトプットがなかなかできない場合もあります。

英語を文章でアウトプットするだけならタイムラインに投稿したり日本語を積極的に添削したりしていればあなたのアウトプットをただしてくれる人が現れますが、リアルで会ったり電話して話したりする仲になるには少し時間がかかります。

友達を見つけるのが大変で手間がかかると感じたらオンライン英会話を活用するとお金はかかってしまいますが、すぐに英語をアウトプットする場を確保できます。

僕も様々なオンライン英会話を試してきてますが、個人的にはDMM英会話がおすすめです。

なかなかアウトプットする場ができなくて困っている場合はDMM英会話の無料体験版をしてみましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA