OYOLIFEを使って引っ越してみた!物を持たずに身軽な生活が待ってます【30分で契約完了】

OYOLIFE

OYOLIFEを使って引っ越しをしたのでそのレビューをしたいと思います。

初期費用や家具が不要でしかも契約に保証人が不要なので、僕みたいに海外から帰ってきてすぐに家がない人にとっては最高のサービスです。

普通、賃貸を契約する時って保証人に親になってもらうために紙書いてもらわないといけないし、それを受け取らないといけないしで相当面倒ですが、OYOLIFEはスマホひとつで契約が完了します。

短期間滞在(1年以内とか)で東京への引っ越しを考えている人や海外から帰ってきて東京に住み始めるけど実家とか住める場所がない人におすすめです!

OYOLIFEについてや契約から入居までの流れ、メリットデメリット、実際に住んでみてのレビューをこの記事でまとめてみました。

Contents

「旅するように暮らす」新しいライフスタイルを提供する『OYOLIFE』とは?

OYOLIFEはソフトバンクが出資するインドのスタートアップで、日本にも法人があります。

簡単に言うと、初期費用や面倒な契約をなくしたレオパレス的なサービスです。

OYOLIFEのTOPページには下記のような説明があります。

全く新しい賃貸のカタチ
賃貸は、初期費用がかかるし手続きが大変。そんな賃貸の常識を変えるのが、 OYO LIFE。
敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用0円。しかも、電気・ガス・水道・家具・家電・Wi-Fi、全部コミコミ。 さらに、家事代行・カーシェアリング・洋服レンタルのサービスも 。
部屋に入居するだけで暮らしのすべてが揃っている全く新しいサービス。 OYO LIFEで、もっと自由なライフスタイルを始めよう。

OYOLIFE

敷金・礼金がこんなに高いのって世界を探しても日本くらいかなって思います。

カナダに住んだ時はデポジットありましたが、家賃1か月分で何もなければ戻ってきたりしていたのですが、日本だとアパートを契約するのに敷金・礼金とクリーニング代とかいろんなものが請求されて20万以上にはなってしまいます。

OYOLIFEで申し込むと初期費用を支払う必要が無く、家具も最低限そろっているのでスーツケースひとつとかで住み始めることが可能です。

OYOLIFEでアパートを契約するメリット3つ

OYOLIFEで契約するメリットを3つ挙げてみました。

面倒な手続きが不要でサクッと入居可能

OYOLIFEの入居前の手続き※公式サイトより抜粋※
OYOLIFEの入居前の手続き※公式サイトより抜粋※

普通アパートを契約してから内見したり審査があったり保証人の手続きがあったりでかなり時間がかかりますが、OYOLIFEは内見とか保証人を付けるみたいなところが不要なので最短30分で契約がスマホひとつで完了します。

海外から日本に帰ってきた人だと、家が無くてしばらくホテル暮らしだとかなり費用がかさんでしまいます。

OYOLIFEで契約しておくと月10万ちょっとで東京都内での生活をスタートできますよ。

初期費用が掛からない

OYOLIFEの費用イメージ※公式サイトより抜粋※
OYOLIFEの費用イメージ※公式サイトより抜粋※

日本でアパートを契約すると敷金・礼金、家具をそろえたりするとなんだかんだ30万とかは最低限必要になってきますが、OYOLIFEではこのあたりの費用が不要です。

長期で東京に住むのであればアパートを借りるのもよいですが、短期滞在であればOYOLIFEの方が圧倒的にお得です。

家具が最低限揃っている

少し被るところもありますが家具がそろっているのでその分費用を抑えられます。

また、家具をそろえていろいろ買い出しするとなんだかんだ早くても1週間とかは最低掛かってしまいますが、初めからそろっているのでそれを用意するのも不要です。

家具をいちいちそろえると退去の時も大変なので1年以内とかの短期滞在者にはOYOLIFEがおすすめです。

OYOLIFEでアパートを契約するデメリット3つ

次にデメリットについて解説します。

デメリットをしっかりと理解したうえで入居を検討しましょう!

家賃が高めで長期滞在には向かない

OYOLIFEの金額的メリットのイメージ※公式サイトより抜粋※
OYOLIFEの金額的メリットのイメージ※公式サイトより抜粋※

OYOLIFEは初期費用や家具の料金がかからない代わりに、月当たりの料金が高く、長期滞在をするとどうしても普通にアパートに入居した方が安くなってきます。

個人的には後述しますが、18カ月しか東京に居ないと決まっている人 であれば面倒な契約周りとかもありませんし、OYOLIFEがおすすめです。

入居してみるまでどんな部屋なのか細かいところが分からない・試し住みができない

公式サイトで物件を探すときに写真を見て選ぶことになりますが、写真が他のアパートを探すときと比べて多いわけではないかつ内見ができないので、どんな部屋なのかが行ってみるまでわかりません。

僕の場合はそこまで気になりませんでしたが、写真と家具が若干イメージと違ったりします。

細かいことを気にする人は内見ができないので向いていないと思います。

頼めばやってもらえるかもしれませんが、基本的にはできないものと思っておきましょう。

家具が必要最低限しかないので一部自分で購入の必要あり

自分が欲しいと思っている家具が全てあるわけではありません。

部屋によってはテレビがありませんし、炊飯器は基本的にどの部屋もない感じです。

扇風機が欲しいとか除湿器が欲しいとか乾燥機が欲しいとかハンガーラックが欲しいとかあるかもしれませんが、必要だと感じていても無いものが多いと思うので結局買うことになると思います。

半年以上入居の場合は我慢できずに家具を買うことになると思うので、その費用も考慮してどういう住み方が良いのかを考えましょう。

シェアハウスという選択肢もありますね。

OYOLIFEでの部屋探しから契約・入居までの流れ

OYOLIFEは契約から入居までかんたんにできて、OYOのスタッフと会うこともなく、WEB上だけですべてやり取りが完結します。

OYOLIFEの部屋探しから入居までのステップ※公式サイトより抜粋※
OYOLIFEの部屋探しから入居までのステップ※公式サイトより抜粋※

部屋探しの方法

部屋探しは住みたいエリアや現在位置から検索可能です。

住みたい地区や駅を指定して周辺にOYOで扱っている物件があるかどうかを調べましょう。

2019年9月時点だとそこまで物件数が多いわけでもないので、お気に入りの部屋が無くても若干割り切りが必要かもしれません。

OYOのスマホトップページ※2019年9月28日現在※
OYOのスマホトップページ※2019年9月28日現在※

駅名を入れるか、住みたいエリアに今いれば現在位置で検索してみましょう。

相談したい場合は、物件ひとつひとつ探していると下記の画像の様に赤いボタンが現れますので、条件を細かく記載して問い合わせてみるのも手です。

OYOLIFEの物件検索結果※新宿付近
OYOLIFEの物件検索結果※新宿付近

契約手続きの方法【WEB予約~支払い・契約締結まで】

住みたい物件が決まったら契約手続きです!

『入居情報』、『基本情報』、本人確認』、『入力確認』の4ステップで最初の手続きが完了し、残すは支払いして入居するのみとなります。

この4ステップは速攻で完了します。

そのあと支払いのメールが飛んでくるので支払いを完了した後に、WEBで契約締結完了するためのフォームみたいなものが飛んでくるのでそこで契約完了です。

入居情報

OYOLIFEの契約手続き(入居情報)※2019年9月現在

どの部屋に住むのか、どの期間住むのかを入れましょう。

クーポンがある場合があるのでそれも事前にクーポンが存在しないか確認しましょう!

この記事の最後に書いていますが、友達紹介という制度で10,000円分のPayPayポイントかAmazonギフトがもらえたりするクーポンがあるので、気軽にお声かけください!

部屋は物件によって、同じアパート内の階違いがあったりするのでプルダウンでしっかり確認しましょう。

基本情報

OYOLIFEの契約手続き(基本情報)※2019年9月現在

名前やメールアドレスなどの基本情報などを入力します。

日本の番号でなくてもそのあとのSMS認証が可能です。

日本の番号が無いと何かと海外から契約しづらいのでこれは助かります。

特徴的なのが性別選択欄で回答無しとかそのほかを選択できるのが海外から来たサービスっぽいですね。

日本だと男性か女性しか選べないサービスがまだまだ多いですが、回答したくない人は回答無しとかにしちゃいましょう!

OYOLIFE契約時のSMS認証画面
OYOLIFE契約時のSMS認証画面

本人確認

ここまで来たらこの後は入力内容の確認だけなので、ここが終わったら終了です!

OYOLIFEの本人確認ページ
OYOLIFEの本人確認ページ

本人確認は免許証やパスポートを使うのが有効です。

また、現住所が無い場合は実家とかを入れておけば問題ないかと思います。

ここまで入力したら一旦完了して、メールが飛んできて次に振り込みの作業になります。

支払いと契約締結

WEBでの予約が完了すると『【OYO LIFE】ご予約ありがとうございます。(契約は完了しておりません。)』 というタイトルのメールが飛んできて、内容は下記になります。

2日以内に支払いの案内が来るのですが、来ない場合は問い合わせましょう。

契約までの流れ
1.弊社オペレーターが予約内容を確認後、
2日以内にメールにてお支払いのご案内をいたします。
2.お支払いは、オンライン上でクレジットカードで行うことができます。
お支払い完了後、メールにて契約書の具体条項及び契約手順をご案内をいたします。
※ 入居日の前日までに契約締結が完了していない場合、
予約は自動的にキャンセルとなり、お支払い金額の100%を返金させていただきます。

▽ お問い合わせ先
ご不明な点があれば、下記のOYO LIFEお客様サポートまでご連絡ください。
0120-974-440(フリーダイヤル)

OYOLIFEのWEB予約完了後のメールを一部抜粋

支払いはクレジットカードも対応しているので便利です。

アパート契約だと振り込みしか対応してないとかあるので。。。

契約締結もWEBでできて支払い後メールで飛んでくるので、WEBですべて完結して契約完了です。

契約完了から住み始めるまで

契約完了したら、入居日の前日に入居の方法が書かれたメールが飛んできます。

鍵の受け取り方法やOYOPASSPORTの利用方法、部屋の現状確認を1週間以内にしてほしいという内容のメールが飛んできます。

まあないかとは思いますが、現状確認をしっかり行わないことによって、後でいちゃもんつけられてトラブルになる可能性があるのでしっかり写真を撮っておきましょう。

僕は完全に忘れてしまっていたので、トラブルにならないか若干震えております。。。

住んでいたところのレビューにも記載するのですが、最初の鍵の受け取りやポストの開け方がメールの記載内容と異なっていたので、やっぱり新興サービスだなあという感じがします。

ただ、わりかし対応も早く、返信が無くてもリマインドすればまあまあなスピードで対応してくれるので安心ではあります。

しかし、20時以降は返信が来ないことも多いので、最初の入居日は午前中に行っておくと良いでしょう。

中に入れないと困ってしまうので。汗

実際に入居したOYOLIFEに入居した感想【不備はあったがおおむね満足!】

実際に入居してみましたが、大枠の感想としては、金額がちょっと高いなと思いつつも、保証人が要らなかったり携帯ですぐに予約できたりするところはかなり良かったです!

しかし、ところどころに不備があったりするし丁寧なサービスを心掛けてるのかも知れませんが、新興サービスなのでやっぱり行き届いていないところも多いです。

今後に期待です!

また使うかどうかって言うと、短期の東京滞在があるかどうかにもよってきますが、海外からまた帰ってきて東京に住むときは次の家探しとかもあるので確実に使いますね。

もう少し細かいことを話していくと5つコメントさせて頂きます。

家具とかはきれい

単純にまだ始まったばかりのサービスだからかもしれませんが、置いてある家具は基本的にきれいです。

僕の部屋にある家具一覧を載せておきます。

OYOLIFEで借りた部屋にあるベッド

IKEAの木のベッドみたいです。

組み立て方の説明書が部屋に置いてありました。

タオルも小さいのと大きいのついてます。(僕は使ってないですがw)

OYOLIFEで借りた部屋にあった冷蔵庫、掃除機、ごみ箱、レンジ、湯沸かし器
OYOLIFEで借りた部屋にあった冷蔵庫、掃除機、ごみ箱、レンジ、湯沸かし器

冷蔵庫のコンセントが、タコ足配線についてるのが個人的には嫌だったのと、タコ足の何もコードささってないところが電源入りっぱなしになってたのがちょっとなっていう感じだったんですが、家具自体はきれいです。

ゴミ箱は中に袋が1つついてました。

OYOLIFEで借りた部屋にあった姿見
OYOLIFEで借りた部屋にあった姿見

170センチの僕が使っても十分な高さの姿見がありました。

ただ、ちょっと安定感が無いので倒れないか若干不安です。w

OYOLIFEで借りた部屋にあった引き出し

収納するためのボックスも2つついてました。

OYOLIFEで借りた部屋にあったテーブルとドライヤー

1人でご飯を食べるには十分な広さのテーブルがありました。

ただ、ドライヤーは使ってみたらかなり焦げ臭くて怖かったので一回使ってからは使ってません。笑

OYOLIFEので借りた部屋のトイレ

トイレはちゃんと新しい感じのものでした。

OYOLIFEので借りた部屋 のトイレットペーパー

一ロールだけですがトイレットペーパーがついてました。

OYOLIFEで借りた部屋にあった洗濯機
OYOLIFEで借りた部屋にあった洗濯機

こちらもそこそこ新しめでした。

OYOLIFEで借りた部屋にあった洗濯かご

洗濯かごもついていたので脱いだものををここにしばらく溜めておけます。

OYOLIFEの鍵受け取り用の南京錠てきなやつ
OYOLIFEの鍵受け取り用の南京錠てきなやつ

後、部屋の家具ではないんですが、個人的にはあまりいなかった南京錠だったので掲載。

鍵を受け取るときにポストにこれがついていたのですが、メールに書かれていた番号で開けたら南京錠が下記の様にあきます。

OYOLIFEの鍵が入っていた南京錠

この中に鍵が入ってると思ってなかったのでちょこっとびっくりしたので皆さん気を付けてくださいw

入居したときに海外のホテルに泊まったときによくあるカビくささみたいなのがあった

事前に入れないデメリットはここかなと思います。

入ったら黴臭かったので、カーペットや布団、カーテンにファブリーズをかけました。

東南アジアのホテルに泊まるとちょいちょいあるカビ臭いにおいで東南アジアを旅した時の事を少し思い出しましたw

匂いが我慢できない人はちょっと向いてないかもしれないです。

行くまでわからないので。

ポストの開け方や入居方法の説明に不備があった

ポストの開け方に不備があって、ポストを開けられませんでした。

鍵自体はポストの外から取り出せたのでスムーズに入居できたのですが、ポストがあかずどうしていいのか分からない感じになりました。

そのあと問い合わせたら返信はすぐ来たのですが、『メールに記載があった方法で試したが開かないので確認してもらえますか?』と聞いたら同じやり方が帰ってきたのでちょっといらっとしました。

そのあと何往復かして正しいやり方を教えてもらったのですが、間違っていたことに対しての謝罪もないのはあえてなのかという感じがしました。。

また、入居の説明も、オートロックの部屋に入る前のところでもう一段階鍵を使わなきゃいけなかったんですが、それの説明が無かったので見ればわかりますが、一瞬戸惑う人もいるんじゃないかなという印象です。

質問を投げたら対応は早いが、機械的な対応で答えてほしい質問に答えてくれないことも多々ある

上記でも少し記載しましたが、質問すると営業時間内(10~18時くらい)は返答が早いですが、それ以外の時間になると返答が遅いので急ぎの場合は電話にするか、困りごとが発生しそうな入居初日は早い時間に物件に行って質問ができるようにしておきましょう。

回答が明確に帰ってこないことが多いです。

メールでポケットWi-Fiのガイドラインが送られてきたので、てっきりポケットWi-Fiが部屋の中にあるのかと思ったら有線LANの部屋で自分でルーターを買わないと使えない状態だったのでちょっとびっくりしたりとかちょっとした不備がいくつかありました。

OYO PASSPORTが利用したくてもちょっとわかりづらくてOYOではなく、サービス側に問い合わせが発生することもある

OYO契約時には提携サービスを1か月無料で使えるOYOPASSPORTというサービスがあります。

OYO PASSPORTの特定のサービスを利用したくて問い合わせたのですが、ちょっと日本語がいまいちで何を言っているのか正確にくみ取れない回答内容だったのと、OYO側では確認できてないのでサービス側に問い合わせてくれという返答でした。

OYO側に問い合わせて解決できないのはちょっとなという感じがしました。

OYOLIFEは1年半年以内の移住や海外からの帰国時や上京してきて家がすぐ必要な人に最適なサービス!

まあいろいろ不備はあったんですが、契約のかんたんさや初期費用が掛からない点を考慮すると細かいことを気にしない人にとってはOYOLIFEはかなりおすすめです。

自分は細かいこと気にしないタイプなので良いのですが、周囲には僕と同じように海外から帰ってきて入居する人は海外では気にならないけど、日本の生活だとやっぱり気になったみたいな人もいるので自分はどうなのかをしっかり考えてから利用するようにしましょう。

また、期間としては個人的には1年半くらいしか東京に住まないと決まっている人や転職を考えていて会社の近くに引っ越さないとみたいな人はOYOLIFE利用に向いているのではと思います。

自分のキャリアプランと照らし合わせてどの程度そこに住みたいかをよく考えてから契約しましょう!

OYOLIFE入居する際は、クーポンコードがあって10,000円割引できるので、問い合わせかTwitterから連絡を!

OYOLIFEの友達紹介キャンペーン※公式サイトから抜粋※
OYOLIFEの友達紹介キャンペーン※公式サイトから抜粋※

OYOでは上記キャンペーンを実施中で、入居するときに1万円分のPayPayポイントかAmazonギフト券がもらえます。

Twitterか問い合わせから連絡していただければ、ギフトカードがもらえるので、周りに紹介してもらえそうな人がいなかったら気軽に連ら鵜をください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA