海外生活に持っていくべき持ち物リスト【3年以上の海外在住経験から考察】

海外生活で何を持っていこうか悩んでいる

フィリピン(セブ島)、カナダ(トロント)での合計3年以上の海外生活経験から

・海外生活で重宝する持っていくべき持ち物リスト
・必要だと思ったけど現地調達でも良かったなと思う持ち物

をピックアップしました。

始めて海外に行ったときは

だいたいのものは海外で買えるはず、、

と思っていたのですが日本のようにうまく手に入らなかったり手に入ったとしても質が悪かったりして不便な場面もありました。

最初に海外生活を始める時だけでなく、一時帰国の時にも荷物制限ギリギリまでいろんなものを買い込んで運ぶのが良いです。

海外生活を始める前に何を持っていこうか悩んでいる人の参考になれば幸いです!

Contents

海外生活で役立つ持ち物リスト【日用品】

歯ブラシ

海外にも歯ブラシは当然売っていますが自分が普段から使っている歯ブラシを持っていくのが良いです。

海外のものでも良いですがブラシが異様に固いなど自分に合わないこともあります。

爪切り

海外で爪切りを探すのは大変です。

海外にも爪切りは売ってますがうまく切ることができないものもしばしば、、

嵩張るものでもないですし爪切りはひとつ持っていきましょう。

耳かき・綿棒

みみかきも日本製品より良いものはありません。

個人的には下記のような使い捨てのものをたくさん持っていっておくのが良いなと感じました。

ひとつだけ通常の耳かきを持っていくのも良いですが僕はなくしやすくて困った時があったのでなくしちゃうんだよなあという人は下記のようなものを持っていくのが良いです。

アリの巣コロリ

東南アジアで住む場合は場所によってけっこうありが出ます。

しかし、アリの巣コロリを置くとほんとに次の日とかには一気にいなくなったりするので強力でかなり重宝していました。

そこまでかさばるものでもないのでアリの多い地域かどうか調べて必要に応じて持って行ったほうが良いと思います。

洗濯ネット

海外で探すと意外と見つからなかったりするのが洗濯ネット。

あっても網が荒いものとかでお気に入りのものがないかもしれません。

折り畳み傘・ レインコート

海外の天候と日本では天候が異なります。

突然大雨になったりします。

しかし、日本のような丈夫できれいに折りたためる傘がなかったりするので日本から持っていくことをおすすめします。

海外の折り畳み傘ってすぐキレイに折りたためなくなったりします。。

シンプルで丈夫なものがいいかなと思います。

おしゃれなものは総じて盗まれる対象になるので。。。

ポールペンとノート

海外のペンやノートは質が低い事が多いので使うことが想定される人は日本で買っておくと良いです。

ボールペンは下記のような数のあるものを買っておくのがおすすめ。

日本のものは安くても質が高いので海外で買うよりも日本のものの方がストレスなく使えます。

ペンだけでなく、ノートも同様。

書き心地や紙の質が低いものも多いのでノートを使う予定のある人は日本で勝っていくのが無難です。

使い捨て手袋

特に料理などを使用と思っている人は使い捨て手袋を持っていくのがおすすめ。

現地にもある場合が多いですがサイズが大きかったりと日本のものの方が良いなと感じます。

マスク

排気ガス規制などがまだ間に合っていない発展途上国に行く場合マスクがあると便利!

個人的には使い捨てと通常のマスク両方あると良いです。

東南アジアやアフリカ、南米に行く人はバイクに乗ったり窓のない車などがあったりして排気ガス対策が必須!

マスクじゃなくてバンダナみたいなのを巻いてマスク代わりにしてる人もたまに見かけました。

余談ですが

バイクタクシーに乗る人はいろんな人が使っているヘルメットは清潔感が無いのでバンダナを頭に巻いてヘルメットをかぶってる人がいたのでバンダナは割とおすすめ

です。

国によってはその現地の独特な柄のものがあったりするのでそういうものを購入して使うのも良いですね。

S字フック

収納があまりない物件に住む場合S字フックがあると便利です!

カバンを掛けたりキッチンで使ったりと用途は様々。

収納をきちっとしたい人はS字フックを持っていくのがおすすめです。

便座カバー

日本のトイレは電気で温かい便座もありますが海外には少ない、またはない国もあります。

便座カバーがあると座っても冷たっとならないので生活の質が向上します。

個人的には吸着型のものの方が多少形が合わなくても合わせやすいのでおすすめです。

体を洗うボディタオル

ボディタオルがなんでもいい人は海外にも売っているのでいいですが、きめが粗くて肌が傷ついたりするので肌の弱い人は日本で買っていったものを持っていくほうがよいです。

防虫剤

服の防虫剤は海外にもありますがにおいがきつかったりするので日本で使っていたものを持っていくのが良いです。

クローゼットの中で使うものと棚の中に入れるタイプ両方持っていくのがおすすめです。

衣装ケース用はこちら。

クローゼット用は下記を箱から出して持っていきました。

袋で小分けになっているので使いやすいです。

海外生活で役立つ持ち物リスト【衣類・バック】

コンパクトに折りたためるダウン

上着は本当は種類をいくつか持っていきたいところですがかさばります。

特に冬場のアウターは分厚くてスーツケースに入れるのはできれば避けたいところ。

なので、折り畳みができるようなライドダウンを持っていくのが便利です。

黒とか地味な色の方が何にでも合わせやすいのでいいかなと思います。

温かい国に行く場合でもどこか他の国に旅行に行く場合ダウンがあると便利なのでひとつ持っていくと安心感があります。

レインコート

僕はフィリピンにいてバイクのタクシーに乗っていたので雨が降ったときのためにレインコートがあると便利です。

ユニクロやH&Mなどのシンプルな服

服はあまり目立たない服を買いましょう。

僕はフィリピンにいたときは現地で200円とか400円くらいのTシャツでしたし、カナダの時はジーパンに黒のTシャツとかでした。

他の人もそんなにおしゃれな格好してません。

外国人のスタイルや顔立ちが良すぎて服がシンプルでもかっこよすぎて嫉妬しますがそこは慣れです。笑

リュック

リュックはみんな出発時に持っていくとは思いますが旅行に行く時もリュックがあると便利。

普段もリュックで手が空いた状態で歩く方が良いです。

斜め掛けのチェストバッグ

ちょっとしたお出かけに斜めがけのチェストバックは最適。

僕は下記が防水でコンパクトなサイズで気に入って使っています。

通りすがりの人からの盗難のリスクも軽減できます。

スーツ

使う用途が無かったとしても何かしらのパーティに参加したりすることもあります。

現地調達でもよいですが個人的には持っていくのが良いです。

インドなど生地を使ったものが名産のところは現地で仕立ててもらうのも良いので場所によります!

海外生活で役立つ持ち物リスト【ガジェット】

ノートパソコン

海外でも購入可能ですがキーボードがアルファベットの記載だけになります、、苦笑

日本とのやりとりを想定するのであれば日本のPCの方が無難。

盗難が怖いのであれば安めのPCと家の中だけで使うPCと使い分けるのもあり!

今は3万円台で質の高いPCを購入できるのでPCをよく使う人はサブPCを持っていってもよいと思います。

ボイスレコーダー

僕はカフェで海外の友達と英語で話すときにボイスレコーダーを使うことがあります。

後で何といったのか振り返り語学学習に活かすためです。

語学学校に通う人も使ってみるといいと思います。

後で何を言ったのか分からなかった単語や使いたい表現を復習することができるのでおすすめ。

また、何かを契約をするときに何を言われたのかしっかり確認し記録するときにもボイスレコーダーがあると安心感があります。

変圧器

国によっては充電器の電源の型が異なるため変圧器が必要になります。

何に使うかどの国で使うかにもよりますが、ドライヤーなどもしようしたい場合は下記のように2,000Wまで使えるものを用意しておくといいと思います。

使い方が書かれているので注意事項をよく守って使いましょう。

日本からだと遠い周辺国に旅行に行く事を想定している人も変圧器を持っていくと便利です!

SIMフリースマホ

日本だとSIMフリーでないスマホがあったりしますが、海外だとSIMフリーが当たり前です。

現地でSIMを購入して使いたい場合は日本でSIMフリーのスマホを購入しておきましょう。

盗難の可能性もありますしHUAWEIのようなメーカーであれば安価で長期的に使えるのでおすすめです。

Kindleなど書籍やマンガが読めるタブレット

海外で手に入れるのが難しいものの一つに日本語で書かれた書籍があります。

日本で発売されたビジネス書だったり小説だったりマンガを海外で購入することはなかなか難しい。。。

国によっては日本語の本を扱っている本屋さんがあったりしますが入荷が遅かったり古い本ばかりだったりすることもしばしば。

Kindleを持っておくことでいつでも日本語の書籍を読むことができます。

個人的に気に入っているのは、Kindleのホワイトペーパーのものが目が疲れづらいのでおすすめです。

僕は、紙で読みたい派なのですが、海外滞在中に日本の書籍を読みたいときはキンドルが役に立ちます。

デジカメ・ミラーレスカメラ・アクションカメラ

海外での生活や旅行を思い出に残しておくのが良いです!

しかし個人的には一眼レフのような大きなものはあまりお勧めしません。

なぜなら盗難の可能性は日本よりも断然高いからです。

盗まれても仕方がない、またはあまり高くないものだと諦めがつきます。

今時デジカメで十分に良い写真が撮れるのでそちらを利用しましょう。

しかし、利用する際は細心の注意を払って利用することが必要です。

特に発展途上の国やまだまだ貧富の差が激しくてセーフティネットが無いような国ではなおさらです。

出し入れしやすいコンパクトなものをお勧めします。

僕はミラーレスカメラの型落ちのもので少し安く買ったものを持っていきました。

オリンパスは初心者にも使いやすいと評判なのでおすすめです。

それか、僕はフィリピンでダイビングをしたいなと思ったのでGo proも買って持っていきました。

Go proも最新のものではなくても、型落ちのもので十分使えます。

充電式電池

海外だと質が高く長く使える電池が無かったりします。

普段仕事で使っているマウスが電池式だったり他電池式のガジェットを持っている人は充電式電池を持っていると便利です。

モバイルバッテリー

スマホを外でよく使う人はモバイルバッテリーがあると便利。

旅行に行く時もモバイルバッテリーは重宝しますよ。

モバイルモニター

僕は旅行に行く事が多くPCを持ち歩いていたのですがモバイルモニターがあると旅行の時にも持っていけるしもちろん家の中でも使えるので便利でした。

僕は下記モバイルモニターを使っていて800gほどで持ち運びにも最適です。

このモバイルモニターについてのレビューを別記事でしているので購入に迷っている方はこちらも読んでみてください。

ドライヤー

現地で安いものを買えばよいかなと思っていたのですが安すぎるとよくないのと熱すぎて髪が痛んだりします。

フィリピンで500円程で購入したドライヤーは3か月で火を噴いて髪がチリチリになるところでした。。苦笑

1,200円くらいのものを購入したら2年ほど使えました。

V数が異なるのでドライヤーを持っていく場合が海外対応のドライヤーを持っていくのが無難ですね。

髭剃り

髭剃りも海外のものだとうまくそれなかったりすることがしばしば。

下記のような100~240V対応の髭剃りを持っていくのが安心です。

海外生活で役立つ持ち物リスト【医薬品】

目薬

目薬は国によっては見つからないときもあります。

日本のものが売っている専門店にはあるかもしれませんがない場合も多いです。

毎日目薬をする人は日本で買って持っていくのが良いです。

バファリン

頭痛がひどい人は必須アイテムです。

女性の方も生理痛がひどい方などは持っていくとよいと思います。

正露丸

個人的な感覚になりますが、海外でかかった病気は海外で買った薬の方が良く治る気がしてます。

ただ、おなかが痛いときや食あたりは正露丸が最強だと思ってます。

特に発展途上国に行く人はお腹の調子が悪くなることも多い可能性があるので持っていくのが良いです。

オロナイン

オロナインはやけどやにきびなど様々なものに使えるので重宝します。

メンソレータム

オロナインと同様メンソレータムも肌の悩みに対して様々な場面で活用できます。

虫刺されの薬

ムヒや虫よけスプレーも発展途上な国に行く場合重宝します。

旅行の時はスプレーなどを持っていくのも良いですね。

ウコンの力

お酒を飲んだ時の強い味方です。

小分けになっているので箱から出して持っていくとかさばらないです。

日焼け止め

特に南半球に行く人は夏の日差しが強くなったりします。

海に遊びに行く機会も多くなる可能性があり日焼け止めを持っていくとよいでしょう。

もちろん現地でも購入可能なので肌が弱い人は日本で使っているものを持っていくとよいです。

NIVEAとかはけっこうどの国でも見る気がします!

海外生活で役立つ持ち物リスト【その他】

国際免許証

海外での身分証明証はパスポートが一般的ですが持ち運ぶのは危険。

免許証は盗まれると困りますがパスポートほどではありません。

クレジットカード(VISA/MASTER)

クレジットカードは基本MASTERかVISAならどこでも使えます。

JCBしかない人はMASTERとISAを活用しましょう。

海外での支払いで変な店でクレジットカードは使わないようにするのが良いです。

日本の銀行で海外で引き落とせるカード

現地での銀行カード以外にもお金に困った時のために日本から引き落とせるカードを持っておくのが良いです。

三井住友や楽天銀行デビットカードなどがあるので探してみてください。

長期の海外生活のために持って行かなくてよいと思たもの3つ

海外赴任で複数のスーツケースをもって海外へ行かれると思いますが個人的に必要ないなと考えているものを紹介します。

海外での長期滞在になると持っていくものが多くなるので、極力必要なものをしっかり詰め込んでいきたいですね。

手さげのバッグ

海外では斜め掛けのバックかリュックなど両手の空くものを利用しましょう!

手持ちのものだとひったくりにあう可能性が高くなります。

持ってくるバッグは斜め掛けなど体にくっつき手が空くものにしましょう。

海外で普段と違う場所に行くときはマネーベルトを服の中に入れてました。

窃盗にあったとしても最悪外に出てるバックだけ渡してマネーベルトに入れてるお金で家に帰ることができます。

書きな感じの薄型のものだとしてるとばれずらいのでいいかなと思います。

それか靴の中に少し入れておくとかですね。

おしゃれな服を必要以上に入れない

海外で街を歩いているとおしゃれをせずに歩いている人は少なかったりそうでなくても気にしないことも多いのでシンプルで捨ててもいいような服を持っていけば十分です。

2~3着おしゃれができる服でデートに使ったりビジネスシーンで使ったりできるようなものを持っていけばそれ以上必要ないかなと思います。

基本的な調味料は基本現地にある(けど少し高い)

醤油やみりんなどの基本的な調味料は基本的に現地にあります!

少し高めなのでスーツケースの中に余裕があるのであれば持っていってもよいかもしれませんが液体は基本的に重たいし面積を取ります。

最後の最後、本当にスペースが余ったら持っていくくらいでよいです。

どうしても日本でほしいものがあれば海外転送サービスを活用しよう!

どうしても日本が恋しくなって何か欲しくなったり必要なものがあったら海外転送サービスを利用するのが良いです。

僕はZenmarket(ゼンマーケット)というサービスを使っていました。

別記事で紹介しているので、利用したいと考えている人はこちらも読んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。