忙しい社会人が勉強時間を捻出するための工夫7つ【会社に依存しない人間になろう】

忙しいビジネスマンが勉強時間を捻出するための工夫

僕は残業をかなり(積極的に)していて特に時間は気にしてないんですが、平日100時間以上で土日も入れると150時間は超えてきますが、毎週20時間以上は勉強に時間を当てています。

忙しい社会人が勉強を捻出するためにやっていることをまとめました。

勉強が本当にしたい社会人の方は忙しいことを言い訳にせず、どうやったら勉強ができるかを考えて行動に移しましょう!

忙しい社会人が勉強時間を捻出するための工夫7つ【忙しさを言い訳しない】

忙しいことを言い訳せず勉強時間を捻出するためにどのような工夫ができるでしょうか?

下記を実践すれば1週間で20時間くらいは捻出できます。

そうすると月に80時間程は確保できます。

月に80時間できると何ができるでしょうか?

僕も勉強する時に使うオンライン資格講座のSTUDYingにそれぞれの資格取得時間の目安が書かれていたので引用します。

■中小企業診断士
1年間でストレート合格なら1週間に20時間。トータルで1000時間ほどが目安と言われています。

■ 税理士試験
税理士試験の科目別平均学習時間は一般的に簿財2科目が450時間ずつ、選択必修科目である所得税法と法人税法が600時間ずつ、選択科目は150時間から450時間程度と言われています。

■簿記検定
簿記検定に合格するまでに必要な学習時間は一般的に、簿記3級は50時間以上、簿記2級は100時間以上と言われています。

■ FP(ファイナンシャルプランナー)試験
一般的には、FP3級は80~150時間、FP2級は150~300時間

■個人情報保護士試験
全日本情報学習振興協会の調査によると、全体の52%が20時間以内、その中でも21%は10時間以内ということです。

STUDYing『資格試験の一般的な勉強時間はどれくらい!?』

月80時間あると簿記3級は取れそうで、2か月で160時間とれば簿記2級くらいは取れそうですしFP2級も取れそうです。

税理士とかは結構時間がかかりそうですが、簿記2級とかかんたんな資格なら取れそうですね。

少しでも勉強時間を確保するための方法を5つにまとめました。

勉強するツールを工夫する

忙しいビジネスマンが勉強をするにはいつでもどこでも空いた時間で勉強できるようにしておくことが必要です。

勉強するためのテキストやPCを持ち歩くのは面倒だし持ち歩いていても外で出すのが面倒です。

スマホやタブレットなど外で出しやすいもので勉強をしましょう。

今はスマホで勉強するためのアプリやWEBサービスなどがたくさんあります。

勉強したいもののアプリを探せば何か見つかるはずです。

僕は家に帰ってもスマホでも勉強できるようにしています。

先ほど少し紹介したSTUDYingというサイトでデータサイエンティスト講座を受講しました。

簿記やFP、中小企業診断士、 ITPパスポートなど様々な資格を勉強できるので勉強したい資格があれば使ってみてください。

1つ資格講座を購入すると次の講座の割引が聞いたりするので勉強するほどお得ですよ。

通学・通勤時間をうまく活用する

通勤時間では電車の時間であればスマホを使って読むことができますし、音声を聞いて勉強をすることができます。

通学・通勤時間が片道30分であれば往復1時間を使って勉強できます。

例えば、僕は英語を勉強していますが、1時間下記の単語帳の文章を読み上げるCDを録音してスマホで聞き、家に帰ったらその文章を読み上げて記憶するような形で勉強しています。

これで平日5日間働いている人なら週に5時間は勉強できます。

音声だけだと記憶で定着しないので家で復習すると良いかと思います。

また、通学・通勤時間で音声で勉強をするのであればイヤフォンが必要です。

個人的におすすめなイヤフォンを別記事で紹介しています。

個人的には通学・通勤中両耳ふさがると危ないので片耳で聞けるイヤフォンがおすすめですし、充電を忘れても複数日使えるものが良いかなと思います。

朝と夜の30分ずつを有効に使う

朝30分あれば問題集を2~3ページくらいはできますし、朝と夜使えば4~6ページくらいは解けます。

毎日こつこつやれば問題集を1週間で約28~42ページくらいは問題を解くことができます。

こつこつ勉強すればけっこうな量を勉強に費やせますね。

休日に勉強時間を増やす

土日休みの人はそれぞれ4時間ずつ勉強すれば計8時間使うことができます。

忙しく平日働いて休日はゆっくりしたいと思うかもしれませんが、目的が明確になっていれば休日に勉強するのも苦にならないですね。

仕事中にこっそり勉強する(注意点あり)

僕は英語を勉強しているので、仕事に関する情報を英語で集めています。

海外から先に情報が出てくる業界に属しているので英語で文面を意識していなくても読む場面がちょいちょいあるのでその英文をしっかり読むようにしています。

勉強しているわけではありませんが、英語に触れられます。

こんな感じで業務に関係ある事であれば、仕事中にもこっそり勉強に繋がるようなことができますね。

ただ、あんまりお勧めできませんが、仕事内容に関係あることであれば少しは時間を使ってもいいかなと思います。

無駄な飲み会を断る

会社では無駄な飲み会と意味のある飲み会があると思ってます。

無駄に愚痴を話すだけの飲み会であれば断って勉強の時間に割り当てましょう!

業務効率化をして勉強時間をつくる

仕事の時間を効率化して働く時間を減らし、勉強時間に当てましょう。

僕も日々残業時間を減らそうと考えて効率化を常に考えています。

かなりの時間働いている自負があります(笑)が、PCスキルを高めたりうまく人に振ったり効率化するためのシステムを作ったりして効率化してきました。

業務効率化のアイディアを別記事で一部書いていますのでもしよければこちらも読んでみてください。

日々の勉強が今後のキャリアや目標に繋がります

忙しいビジネスマンで会社に行って毎日業務をこなしているだけでは、会社以外での能力アップは難しいです。

忙しさを言い訳にして業務に追われているとそのままその会社に居続けて会社から出れないようになってしまいます。

また、その会社はあなたを図っと雇用してくれる可能性はありません。

毎日の業務に追われて会社以外での能力アップができていないと不安ばかりが募ります。

毎日の業務で能力アップができず経験を積めていないと感じる人、または能力アップや経験値を積み上げているとは感じるけどもっと別の知識を得てさらにキャリアアップを図りたい人は言い訳をせずうまく時間を作って勉強しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です