新卒でとえりあえず3年働けの意味は?その根拠やリスクを考察

仕事の悩み

この記事では新卒で3年働けの根拠・理由を考察し、今転職すべきなのかどうか、転職しようと考えたらどうすべきなのかを転職活動を2回行い納得のいく内定を勝ち取った僕がまとめました。

僕も新卒3年以内での転職活動経験がありますが

・新卒3年目で十分なビジネス経験がないけど転職すべきなのか
・新卒3年未満のビジネス経験しかなく転職するべきかどうかをどう考えればよいか分からない

というような人の参考になれば幸いです。

Contents

新卒でとりあえず3年働けと言われる根拠・理由を考察

新卒でとりあえず3年働けと言われる根拠・理由を考察

個人的には3年は意味ないと言われがちですが、有意義に働く環境があれば3年というタイミングはかなり良いものなように感じています。

3年と言われる理由や根拠がどのあたりにあるのか少し考えてみました。

新卒3年くらいは経過しないと最低限のコストを回収できない

新卒を採用するにはまず採用のコスト、教育コストがかかり最初の1年目はよほど戦力にならない限りマイナスが積み上がります。

新卒1年でどれくらいのマイナスを被る可能性があるのかをざっくり試算してみると最低限

<新卒1年目が終わるころまでにつみあがっているマイナス>
【1人当たりの採用費】70万程
【入社してからの1年間人件費】1,000万※給与・福利厚生・PCなど概算
【教育担当者の人件費】300万

合計1,370万円

は2年目が始まる前までにざっくりマイナスになっている可能性があります。

もちろん、1年目に売り上げたお金があるかもしれませんがそれは教育してなければ余裕で売り上げられてた金額なのであなたが売り上げたとかは関係ないです。

2年目スタート時には1,300万以上の借金を背負ってここから回収してもらうには営業利益ベースで回収する必要があります。

※営業利益という言葉が分からない人は下記本がおすすめで簿記2級を持ってる僕から見てもかなりわかりやすいです

ざっくり営業利益とは

営業利益は商品やサービスそのものの成績を表す粗利益(売上総利益)から、販売・営業にかかるコストを差し引いたもの

ですがこれで1,500万稼ぐのは大変です。

しかも、2年目にも1,000万程の費用が自分自身にかかったり場合によってはまだ先輩が見てくれないと仕事を完璧にできない可能性もあるので2年目に年間営業利益2,300万円以上を出さないとマイナスです。

もっと言えば会社としてはバックオフィス側も計算しないといけないのでそれを入れると回収すべき営業利益はもっと多くなってきます。

2年目に回収できたとしても3年目にさらに積み上げる以上の成績を出してくれないと会社としては採用失敗です。

企業側からするとビジネスモデルでの営業利益率にもよりますが成果を出してくれる前提のやる気のある社員が3年以上最低働いてくれないと採算が合わない!

僕は新卒で入る前に友達と会社をやって死にそうで採用もそうですが給与の支払いなどに苦労した経験があります。

入社して必ず営業利益以上、中長期的に雇ってメリットがあったと言ってもらえるくらいは成果を出そうと心に決めて入社しました。

採用したのにマイナスだったというのが自分的には許せなかったのでこういうのを一つの目標にしてました。

やはり最低限のコストを回収できつつ会社の発展に寄与できる人材が欲しいですよね。

石の上にも3年ということわざ

石の上にも3年ということわざがあり

冷たい石の上でも、三年もすわり続けていれば石が温まってくる。
最初は辛くとも、三年も辛抱すれば報われること

という意味です。

この言葉に従って3年となんとなく思うのは理解できます。

この言葉は江戸時代にできた言葉であり現代とは違います。

3年しっかりと経験と実績を詰めれば3年という時間は実りになります。

しかし、なんとなく過ごしていると3年という時間はあまりに長く身動きが取れなくなってしまいます。

守破離を1年ずつで3年

守破離という古い言葉がありますが僕はこれが結構好きです。

それぞれに1年ずつとかかるということはないかもしれませんが、1年という数字は目標を立てるときなどに区切りなりそれぞれを1年ずつやっていけば3年。

師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階
破:他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階
離:一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階

仕事の方を作り守破離の容量で1年ずつ経験すると3年になり仕事の難易度などを考えるとキャリアを積んで仕事ができるようになるには3年という年数を正しく使えるのであればそこまで間違っている数字ではないようにも思えます。

新卒でとりあえず3年働いてしまったときにある2つリスク

リスク

何のスキルもつかないままてきとうに過ごしてしまうと転職に不利になる

とりあえずのスタンスでいてしまうと、結局何のスキルや経験もなく、年数を重ねるにつれてどんどん転職に対して不利な状況になってきます。

1年、ないし2年の間あなたは何を考えて何を実行しそこでどんなスキルや経験を積んできたのかを明確に言えるようにしましょう。

どれだけ短かろうとその会社で経験してきたことやスキルについて問われますのでてきとうに過ごしてしまうと

この人ちゃんと仕事してくれるかな、、、

と中途採用担当者も困ってしまいます。

面接で嘘をつこうと思えば噓も付けますが入社後に困ります。

若さで勝負できなくなってくる

最近は第二新卒採用が多くなってきたし世の中的にも当たり前にあるものな雰囲気になってきましたが、人は毎日月日を重ねることによって当然年を取り若さで勝負できなくなってきます。

若いうちはスキルや経験を求められないことが多いですが、年数を少しでも重ねていくとその中で得てきたことや経験、あなた自身が何を考え度動いてきたかの実績が求められるようになってきます。

なんとなくだらだら過ごすと何のスキルもないまま時間だけが経過して第二新卒というカードを切れなくなってしまいます。。

新卒3年以内に転職するときに考えておきたいこと

新卒3年以内で辞めて転職するにはそれなりの理由が必要

与が安いとか仕事がつらいとか福利厚生が良くないという後ろ向きな理由で転職活動をするとこの人はすぐやめてしまうのではという危機感を面接側は覚えます。

また何かしらネガティブな理由を見つけて退職すると思われる可能性が高いです。

なぜ転職を決意しどのようなことを今後やっていきたいのかポジティブな理由を明確にしましょう。

悩んでいる間は現職で真剣に業務に向き合ったほうが良いですね。

ポジティブな理由を探してその職場から逃げてきましたと思われないような転職活動にしましょう!

残ると身につくスキルや経験と残らなくて手に入れられるものを比較検討する

新卒採用で長い間時間をかけて就活したはずなので、それなりの理由や考えがあったはずです。

せっかくの新卒カードを使っては入れた企業で働く権利を手放すのは正直かけた時間やコストがかなりもったいないですし、新卒で入りやすい会社、転職で入りやすい会社とかもあったりします。

会社内に残るメリット・デメリットをしっかり考えましょう。

考えた結果、入ってみて何か足りてなかったのであればあなたの考えが浅はかだったと考えるのが普通だと思うので、何が足りていなかったかをしっかり明確にしましょう。

また、転職をしたところであなたが求めるものは本当に手に入るのでしょうか。

新卒入社した会社では手に入れられないのでしょうか。

しっかり今あなたが置かれている状況を客観的に分析して判断しましょう!

転職しても同じような状況にならないかを確認する

結局、どの会社に行くにしても入ってみないと分からないことっていうのはたくさんあります。

転職先に行っても同じような悩みや不満を抱える可能性もありますし、さらに悪くなる可能性だってあります。

何度も転職を繰り返すのもよいですが、新卒3年以内に何度も転職経歴があればあるほどその理由を聞かれます。

企業分析がへたくそなのか、何も調べたり考えたりせずになんとなくで入社しちゃった人なのかなと思われる可能性が高いです。

なぜ現職の状況になってしまったのか要因を分析して次はそうならないようにしっかり考えておきたいですね。

転職をしたところで事態が必ず好転するわけではないことを知っておきましょう!

3年以上会社にいると起こりえるメリット4つ

ここまで3年いると起こるリスクや辞める際に抑えるべきポイントを書きましたが、ポジティブな要素があることもしっかり知ったうえで新卒3年以内の転職を考えましょう。

役割が増えてきて今までよりもスケールの大きい仕事ができるようになる可能性

3年いると徐々に会社内での見られ方も変わってきますし、若いベンチャーであれば中堅くらいの状況に。

今までは関わることができなかった大きなプロジェクトにアサインされて入社すぐにはできなかった仕事ができるようになる可能性が高くなります。

もちろん、最初の3年でどんな実績を積んだかを社内でも見られるのでその期間でいかにスキル・経験を身に着けてきたかが問われるのは前提です。

マネジメント領域の仕事が入ってくる、またはポジション(役職)が付く

3年経過すると同期や教育担当として育てた後輩がマネジメント側になり始め、あなた自身もマネージャーとして活動している可能性があります。

常に上司だけでなく市場に求められる価値は何なのか、そこからどう自分がその部署に貢献できるかを部署にいる同期や先輩以上に考えてインプット・アウトプットを継続すれば必ずチャンスはやってきます。

ちなみに上司ではなく市場での価値を見て仕事するというのは下記本にも書かれており転職の思考法という本ですが自分自身のキャリア形成においてヒントが得られます。

別記事で紹介しているのでよければこちらも読んでみてください。

社内で様々な箇所で関係構築ができ仕事の調整がしやすくなる

新卒1年目だと舐められたりしてうまく他部署に話をもちかけても聞いてもらえないことがあります。

しかし、年数を重ね結果を出していくことであなたの実績を知った他部署の人と知り合いになることで徐々に社内調整のスピードが上がって仕事がしやすくなってきます。

また、前述したように同期もマネジメント側になっていて発言権が今までよりも大きくなっている可能性があり、どんどん社内を動かしやすくなってきます。

その会社の業界事情に詳しくなり、求められるスキルや能力が身につく

業界に長くいればその業界に詳しくなるということはありませんが、年数をかけたことで多くの情報が手に入り、その業界の変化をしっかりとらえながら自分自身の価値を高めていく事が可能です。

その業界で必要な知識や経験は何かを考え、それをしっかり得ていけば、業界内でも優秀なプレイヤーとして育っていけるはずです。

それをするかどうかはあなたの将来の方向性をどうしていきたいかによるので、新卒3年以内の転職をどうすべきか先を見据えてしっかり考えましょう。

やっぱり転職したいと考えたらやるべきこと

会社に残るメリット・デメリットを比較したうえで転職したほうが良いと考えたら早速転職活動をスタートさせましょう!

転職するとなったときにしたいことをまとめました。

新卒3年以内に転職するときに考えておきたいこと』という項目で確認した

・なぜ転職をしたいのかを考える
・社内に残るメリットデメリットの明確化
・転職して同じような状況にならないか

の3点を自分なりに考えたうえで転職活動を具体的に進めていきましょう。

今置かれた状況になった理由を考察し対策を考える

ここまで読んでくれた方はすでにある程度なぜ今あなたが現状転職したいと考えているのかが見えてきているはず。

転職したいと考えているということは

・自分が入社前に考えていたことと業務内容が違った
・企業のビジネスモデルの理解が足りなかった
・職種に対しての認識が異なっていた

と何かしら自分にも落ち度があったと思います。

自己分析が足りなかったのかもしれないですし企業研究が足りなかったのかもしれません。

足りていなかったことを明確にして対策を打っておくことでより良い転職活動が可能になります!

いつ転職するのかスケジュールを立てる

転職を中途半端にやると現職が中途半端に長く続いてしまい結果キャリアを積むことができず転職もできません。

転職すると決めたらいつ何をするのかを明確にしましょう。

転職準備には経歴の棚卸から職務経歴書作成、企業選び、面接対策などをするのに3か月ほどかかります。

スケジュールは転職しようと決意してから3~6か月後にするのが良いです。

この時に気を付けたいのが

・現職での業務に支障がでないスケジュールで余裕をもってスケジューリングすること
・転職先が確定してから現職を退職すること
・現職に迷惑をかけない1か月以上の余裕をもって退職を伝えること

の3点です。

先に現職をやめてしまうと転職活動に焦りが出てしまいます。

現職の職場ともいつまた仕事をするか分かりませんしそもそも人として誰かに迷惑をかけるような辞め方は極力やめたほうが良いですね。

必要に応じて転職エージェントに相談する

初めての転職の時は転職エージェントに相談してみるのが良いです。

転職エージェントに話を聞くことで

・転職市場の全体感や求人状況、待遇などの相場観把握
・転職活動と新卒採用の違いの把握
・転職の際の注意点
・職務経歴書のブラッシュアップ
・面接対策
・自分が知らなかった、または世の中に出回っていない求人情報の把握

など様々なことが可能になります。

特に職務経歴書のブラッシュアップと面接対策は自分ひとりではやりづらいことなのでこれだけでもエージェントに頼る価値があります。

また、新卒3年以内だと第二新卒専用のエージェントがあります。

第二新卒が良く悩むことなどを把握しているのでそもそも本当に転職すべきかどうかみたいなところから親身になって相談に乗ってくれるエージェントも!

別記事でおすすめな第二新卒向け転職エージェントを紹介しているので良ければこちらも読んでみてください。

転職サイトに登録して求人検索し受けたい企業を絞り込む

転職したい企業を見つけるには基本的には転職サイトから求人を見ていくことになります。

第二新卒でればこのあたりのサイトに登録しておくのがおすすめです。

それぞれ特徴があるので複数登録して使い分けましょう。

サイト名用途
リクナビNEXT・転職市場全体にある転職市場を幅広く見る
・様々な転職サポートツールを活用して転職準備をする
doda ・転職市場全体にある転職市場を幅広く見る
・様々な転職サポートツールを活用して転職準備をする
キャリトレ若手20代を採用したい企業からスカウトをもらえるため、
しっかり作りこんだ職務経歴書を登録しスカウトを待つ
マイナビジョブ20’s・20代専用の求人を見る
・20代の若手が欲しい企業からスカウトを待つ
転職会議面接を受ける企業で働いている人が感じている良さや不満を確認する

入りたい会社の情報収集をする

一言で転職の情報収集と言っても

・入りたい会社が属している業界全体の動向
・他社と比較しての強みや弱み
・ビジネスモデルや今後どのような展望
・その中でどんな役割の部署でどんな内容の仕事をするのか
・その会社で得られるスキルや経験が次にどう活きそうかの市場観
・その企業で働く人はその会社のことをどう考えているのか

など多岐に渡り情報をもとに自分で考える必要も出てきます。

この辺りは先ほど紹介した転職エージェントなどにも必要に応じて使ってみたり面接時に質問したりして理解していくのが良いです!

しかし、自分でも調べてみるのが大事。

自分で調べて気になったところをピックアップして面接で質問してみましょう。

下記に企業の情報収集をするためのツールをかんたんにまとめました。

項目用途具体ツール
企業情報
(IR情報)
企業のビジネスモデルや大切にしていること、
財務状況、会社の規模や組織体制などを把握
・四季報
・証券会社の

企業分析レポート
・IR情報
SNS企業名や愛称、対象企業のサービス名で検索する・Twitter
・LinkedIn
ニュース対象企業が取り上げられているニュースを確認して
必要に応じて面接で質問してみる
Googleアラート
転職口コミ
サイト
対象企業で働いている人の口コミを確認する転職会議
対象企業の
求人情報
求められているスキルや経験、
どのような業務内容なのかを把握
・リクナビNEXTなどの求人サイト
・企業HP内にある
採用ページ
・Wantedly

企業情報(IR情報)

上場している企業限定になってしまいますが、上場している企業は4半期に一度決算報告をしています。

そこで現在のビジネスの現状や実際目標として建てた売り上げや営業利益が達成できているのか、次の半期や1年で何に注力していくのかなど会社の方向性が語られます。

検索方法としては

『気になる企業名 + IR』

などと検索すれば出てくると思うので決算説明会の資料や動画があればそれを読んでみるのが良いですね。

SNS

SNS上では様々なことが語られます。

対象商品・サービスのレビューやその企業に対するイメージなどが話し合われている場合もあります。

働きたい企業で今現在働いている人を探すのは難しいですがそういう人が何を思っていそうかを探すこともやろうと思えば可能。

また、経営者がTwitterなどで投稿してたりしますのでそれを参考にするのもよいでしょう。

外資系であればLinkedInを活用して活発にリクルーティングをしているかもしれません。

ニュース

行きたい会社やその会社が属している業界のニュースは集めておきましょう。

それを活用することで面接時の質問や会話のネタになったりします。

また、業界未経験だったとしても対象の業界知識を入れておいた方が良いです。

いちいち検索するのが面倒な人はGoogleアラートのようなサービスを活用して対象企業の情報が自動的に入ってくる仕組みを作るのが良いです。

Googleアラートについて知らない方は別記事で使い方を解説しているのでよければ読んでみてください。

転職口コミサイト

転職口コミサイトは

・自社で働いている他の人がどのような考えを持って働いているのか
・気になる企業で働いている人が感じているメリット/デメリットは何なのか

を把握するのに役立ちます。

しかし、基本的には退職した人が書いているもの。

何かしらのネガティブな考えがあって退職している場合が多いかもしれないという前提に立ってすべての情報を鵜呑みにしないようにすることが重要です。

別記事で転職口コミサイト『転職会議』のメリット・デメリットについて書いているので転職口コミサイトを使ってみたい人は読んでみてください。

対象企業の求人情報

求人情報にはどのような役割が求められているのかや福利厚生などが書かれています。

同様の求人でも求人サイトによって書かれていることが微妙に違ったりするので求人情報はいくつかのサイトを見て確認するのが良いです。

面接のときに求人情報に書いてあって読めばわかることを質問するのはNG。

深堀するのや認識の齟齬がないかを確認するのは良いことですが間違っても読めばわかることを質問しないようにしてください。

内定が出たらオファー面談で業務内容などを確認する

内定が出れば聞きづらかった給与や福利厚生について確認しても問題なくなります。

オファー面談は内定を受け入れて入社すべきかどうかを判断するための情報収集を企業担当者に確認できるほぼ最後の手段

僕が転職活動をしたときに確認しておいたほうが良いと思ったことを別記事でまとめているので良ければこちらも読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。