オファー面談とは?最低限すべき9つの確認事項

オファー面談とは

転職活動をして自分で探してきた企業であればだいたいの場合、オファー面談があります。

オファー面談とは、内定後に行う条件の確認などを行う場となっています。

「処遇面談」(「オファー面談」と呼ばれる場合も)とは、内定が出た後に行う面談のことです。企業が内定者にあらためて直接会って労働条件を説明することで、「入社してほしい」という熱意を伝えると同時に、選考の過程で誤解が生じていないかを確認し、内定者に不明な点があればそれをクリアにしてもらうことを目的にしています。

doda「 内定をもらった企業の実態を入社前に知るチャンス! 」

僕は、新卒から同じネット広告代理店に属しているのですが、転職活動を行い、内定を頂きましてオファー面談をさせて頂きました。

また、海外支社で採用を行っていたこともあって、条件について話し合ったこともあります。

今回はこれらの経験をもとにオファー面談で最低限確認しておくべき事項についてまとめてみました。

オファー面談とは?最低限すべき9つの確認事項

オファー面談は面接される側から面接する側のような感じで立場が変わります。

オファー面談はこの会社に行くべきなのか判断する場になります。

より具体的な仕事内容や、面接のときにはしにくかった質問もできるようになります。

細かい内容をしっかりとヒアリングして入社前と入社後のイメージのギャップが極力大きくないようにしましょう。

どのポイントをみて内定に繋がったのか

まずは採用に繋がった理由を聞いてみましょう。

その理由をしっかりと用意してくれていない企業は、人が足りなくてとりあえずがんがんとってるみたいな可能性もあります。

足りない理由がポジティブであればいいのですが、ネガティブな場合もあります。

あなたという人をどう見てくれたのかを知れるので聞いておいて損はないかなと思います。

なぜこのポジションが募集されたのか

そもそも、募集された背景を僕は聞きました。

詳しく聞いてみると、

「今このポジションにこういう人を置いてるけど、こういう人材を置きたいんだよね」

という具体的な話をしてくれたので好印象でしたが、ポジションの適正化をはかって一人でやらせてもらえるみたいな内容で、僕としては興味がわきました。

ネガティブな理由もポジティブな理由もできるだけ聞けると入社後のイメージとのギャップが少ないかと思います。

人事評価はどういう制度になっているか

人事評価がどのようになっているのかは大切です。

どうすれば給与が上がるのかみたいなところに繋がります。

また、人事制度が整っていなくてノリで決まってるような会社も少なからずあるので注意が必要です。

また、どんな目標を期待しているのか、その期待値を超えるとどの程度収入が上がりそうかみたいな突っ込んだところも聞けそうなら聞いてみましょう。

どの程度の年収がもらえそうか

面接の段階で年収を提示してもらっていたり募集要項に書いてあったりするとは思いますが、だいたい100~200万くらい差があるレンジで採用募集がかかっていたりすると思います。

これが、そのレンジの最低年収くらいスタートだとちょっとなって感じがしてますが、現状の年収と比較したり、今やっている仕事との親和性がどの程度あるのかによって判断は変わってくると思います。

例えば、全く未経験の業界へ転職するときに低めの年収を提示されたらそれは最初から活かせるスキルがなさそうで、採用に繋がったのはポテンシャルを加味されているということだと思います。

逆にめちゃくちゃその業界でのキャリアがあってしっかり成果を残してきているのであれば年収アップの交渉をしてもいいかなと思います。

状況によって反応を変えましょう。

入社後所属するチームの組織体制や業務内容

入社後のイメージを具体化するためにもどんな組織体制でやっていてどんな仕事をやるのか、どんな人とどう連携を取るのかなどを聞いておきましょう。

この業務内容を詳しく聞いておかないと、転職に求めていたスキルアップや経験を得るということが難しくなってしまう場合もあります。

副業可能かどうか

副業を考えている人や今現在副業をやっている人は副業可能かどうかを聞いておきましょう。

確かに会社に黙っていてばれないようにして居ればいいですが、その罪悪感があるのはあまりよくないです。

福利厚生はどうなっているか

家賃補助はあるのかや夏季休暇の有無など福利厚生の部分も確認しておきましょう。

福利厚生は僕はあまり気にしてないのですが、あった方が良いですよね。

いつまでに入社するか否かの返事をするべきか

入社の返事はその場でしない方がいいです。

他の選択肢と検討してよく考えましょう。

どの程度猶予をもらえそうかを考えておくとよいです。

いつまでに入社すべきか

だいたいは1か月~2か月後には、、、っていわれると思いますが、入社時期が現職との兼ね合いでうまく都合をすぐに合わせられない場合もあると思うので聞いておきましょう。

ただ、入ると決めたらなるべく早くは入れた方がいいのかなとは思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です