大谷翔平も実践するマンダラチャートとは?【今度こそ目標達成したい人必見】

目標をせっかく立ててもなかなか継続できなかったり忙しくて忘れてしまっていて気づいたら目標達成期限を過ぎていたということありませんか?

目標を明確に意識するには本当にやりたい目標を常に見える位置に置いておいて常に意識することが大事。

その視覚化を助けてくれる目標を視覚化するためのツールががマンダラチャート。

メジャーで活躍されている大谷選手が学生時代に利用されていることでマンダラチャートはかなり有名になりました

下記本で大谷選手や他の方の事例を載せられたり記載の方法や達成方法なんかもいろいろ書かれているので、興味のあるかたは読んでみてください。

この記事では

・目標を立てるもののいつも忘れてしまう
・目標を整理できずいつも中途半端で終わってしまう
・目標を視覚化しておきたいけどどうやってまとめればよいかわからない
・目標をいつも達成できないから目標の立て方を見直したい

というような方に向けてマンダラチャートを使うことのメリットや使い方、参考になる書籍を紹介します。

マンダラチャートってそもそも何?

マンダラチャートは

9×9のマスで構成される目標設定のフレームワーク

のことです。

9×9のマスを用意し真ん中に達成したい目標テーマを記載し、その周りに達成のために必要な8個の要素を書き入れていきます。

大谷選手が高校生時代に書いたマンダラチャートが世に出たことで一躍有名に

マンダラチャートは現在メジャーで大活躍している大谷選手が高校時代に書いたものが取り上げられたことで話題になりました。

高校時代にドラフト1位8球団という目標を掲げその目標を達成するために野球の技術だけでなくメンタルや運、人間性というような項目が書かれているのが興味深いです。

マンダラチャート活用のメリット

マンダラチャートは目標を視覚化するための仕組みですが大きく分けて3つのメリットがあります。

・大きな目標を達成するために何が必要か整理できる
目標達成のための全体像を視覚化できる
・目標達成のために日々何をすることが必要なのかが分かる

目標を分かりやすく整理して視覚化しておくことは目標達成のための行動を習慣化していくうえで重要です。

マンダラチャートで目標を立てた後はネット上で見れるようにしておくのも重要ですが例えば印刷して壁や冷蔵庫に貼ったりノートパソコンの壁紙にしておくことで毎日意識的に確認しましょう。

マンダラチャートの作り方

のむらんが実際に作ったマンダラチャート

ではマンダラチャートの作り方を解説します。

僕は下記のような手順で作成しました。

9×9のマスの真ん中に達成したい事を書く

まずは真ん中に今後どうなっていきたいのか達成したい大きなテーマや方向性、目標を書きましょう!

分かりやすくするために真ん中に大きく目標を書くとよいと思います。

1で考えた目標を要素分解して別の8個のマスのテーマを決める

真ん中に書いた目標はすぐには達成できない、しばらく時間が必要な目標が書かれているかと思います。

その目標の要素を分解してあげることでより達成の可能性が見えてきます。

僕はこの8個出した要素も真ん中のテーマのように文章にしています。

単語よりも文章の方が個人的に頭に入ってくるなと考えているからです。

マンダラチャートの解説の中には、「人格、経済、プライベート、仕事、学習、社会、健康、家庭」のようにあらかじめ8個のテーマを決めているものもあります。

これは真ん中に書く目標がどのようなものかによって異なってくるので自分自身で考えて8個に要素分解しましょう。

仕事とプライベートなど別々のマンダラチャートを作ってもよいと思うのでごちゃごちゃしないようにしたいですね。

8個の要素を達成するためのTODOリストを8個書く

2で出した8個の要素を真ん中以外の8個の3×3のマスの真ん中に書いたら、各要素をさらに8個のTODOリストに分解しましょう。

目標をさらに細分化することでより達成に向けて確実な目標を作成することができます。

こうすることで真ん中に書いた目標を64個のTODOリストにすることが可能です。

マンダラチャート作成時のポイント・注意点

チェックポイント注意点

SMARTの法則をできる限り意識する

すべてのリストにはしっかり数値を入れることで達成できているのかどうかが分かりやすいものにしましょう。

ToDoリストの内容が曖昧なものだと結局達成できてかどうかが分からずに1年が終わってしまうことも・・

達成可能な目標なのかをチェックするための考え方としてSmartの法則というのがあります。

SMARTの法則とは

Specific:明確かつ具体的な表現
Measurable:具体的な数字
Achievable:達成可能である
Result-based:成果に基づいている
Time-line:期限がある

の頭文字を取ったものです。

目標を具体的なものにすることでより達成や行動へのイメージが湧きやすくなります。

詳しく知りたい方は少し古いですが概念自体は変わっていないので下記の本を読んでみてください!

本当にこなせるTODOリストの量なのかを見直してみる

Smartの法則はどちらかといえばひとつひとつのTODOに対して本当にできるのかについて言及していますが全体を俯瞰してみるとどうでしょうか。

全体を俯瞰してみてやることが多すぎてマンダラチャートに書いたもの全部をやろうとすると厳しくて結局できない・・・

という事態になっていないか確認しましょう。

やっていく中でやっぱりここまでは厳しいとか期限を変更して一旦こっちの目標に集中しようなどの調整を定期的に加えるのが良いです。

全てをやりきった時に目標達成ができていて自分の満足度が高いのか問う

すべての項目を1年間やりきった時に本当にそれで満足感が得られるでしょうか。

終わった時に

やっぱりこれをこうしておけばよかったな・・

とならないでしょうか。

そもそも本当にその目標を成し遂げたいのかを自分と向き合って考えてみましょう。

項目を埋めることを目的としない

マンダラチャートを実際作っていくと手詰まりになったりそんなにマスが埋まらないということがあります。

マスを埋める事ではなく納得度高く達成確率の高い目標の可視化と行動への落とし込みが目的のはずです。

もちろん達成のためのアイディアや必要なことをできるだけ洗い出しておくことは重要なのでしっかり考えてほしいですが埋まりきっていないから無理にマスを埋めるというのはやめましょう。

目的と手段をはき違えないようにしたいですね。

ちなみに目的と手段の違いについては下記本に詳しく書かれているのでこのあたりに興味がある人はこの本を読んでみてください。

前述したSMARTの法則についてもこの本で触れられているのでそのあたりも理解したい人におすすめです。

無理にマスを埋めて埋めただけで満足してしまわないように注意しましょう!

マンダラチャートの管理方法

目標の管理方法

スプレッドシートでスマホでもPCでも見れるようにしておく

目標は常にどこでも見えるようにしておくのが良いです。

Googleスプレッドシートでマンダラチャートのマスを作って目標を書き込めばPCからでも普段持ち歩いているスマホやタブレットからでも確認が可能。

毎日のTODOを確認して目標達成に向けたアクションを忘れずに行いましょう。

アプリを活用する

僕はPCでも確認したいのでスプレッドシートで目標管理をしているのですが、スプレッドシートはスマホだとやはり視認性が悪いのが現状。

会社からの帰宅途中での電車の中や仕事の休憩時間などに視認性高くマンダラチャートを確認したい人は下記アプリを使うのがおすすめ。

Grid ToDo Liteはマンダラチャート専用のアプリで難しい操作は何ひとつつ無く、マンダラチャートの枠に簡単に書き込んでいくことが可能です。

しかも複数シート作れるので仕事・プライベートなど分けて使うこともできます。

スマホで確認したい人はアプリを活用するのがおすすめです。

目標をしっかり可視化して実りある1年を!

目標を可視化して達成する

僕は作成したマンダラチャートを自分のパソコンのデスクトップと自宅の冷蔵庫に貼りました。

毎日目標を見ることで自分が立てた目標をリマインドできて意識的にやろうという気持ちになってきます。

常に見えるようにしておくことは大事だなと考えます。

ただ、見えるだけではなく、マンダラチャートのように視覚化し、ひとつの目標が明確になりさらにそれが達成されるための8項目、さらにその項目ごとの行動まで書き込むことができます。

KGIを立ててそのKGI達成のためのKPIを複数項目立て、さらにそのKPI達成のための手法を8個出すということも可能なので、個人だけじゃなくてビジネスにも活用できます。

行動計画が無い目標や数値が無い目標はどこまでやっていいのか、どうやってやればいいのか分からずあいまいなまま結局やらなかったりします。

今まで目標を立ててもうまく続かなかったり達成できなかった人はマンダラチャートで視覚化して目標と行動計画を立てましょう!

先ほども紹介しましたが、上記本の中に様々な人の記載事例あったり目標達成のためのヒントがちりばめられているのでよければこちらの本を読んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です