Tweetdeckとは?利用メリットや使い方を解説!

Tweetdeckとは?利用メリットや使い方を解説!

Twitterでの情報収集をもっと効率的にしたいと考えたことはありませんか?

TweetDeckというツールを使えば、よりTwitterを快適に利用でき、情報収集もしやすくなります。

この記事ではTweetDeckでできる事や設定方法などを解説します。

Twitterでの情報収集に欠かせないツールTweetDeckとは?

Tweetdeck

TweetdeckはTwitterでの情報収集をより快適にするための便利なツールです。

Wikipediaの説明を引用します。

TweetDeck(ツイートデック)とは、Twitterの公式クライアント・アプリケーションの1つである。カラムと呼ばれる「列」ごとにソーシャルメディアの友達や話題を割り当てて分類することで、混乱を起こさずに一覧表示できる。

Wilipedia

通常、Twitterを開くとタイムラインはひとつしか表示されず、自分が設定したフォロワーリストをいちいち開く必要があります。

しかし、TweetDeckを使えば

リスト分けされたフォロワーのタイムラインを一覧で表示することが可能

となり、自分自身が作成したリストのタイムラインを横並びで見れるのでTwitterでの情報収集が容易になることが活用の最大のメリットです。

TweetDeckでできる便利な機能

TweetDeckでできる便利な機能

Twitter利用をより便利にしてくれるツール『TweetDeck』の機能について紹介します!

リストを一覧表示

Twitterを開くと通常、ひとつのタイムラインしか閲覧することができませんが、TweetDeckを利用することで下記のようにリスト分けしたものを複数のカラムでタイムラインとして表示可能になります。

TweetDeckのタイムライン表示

ひとつのタイムラインで多くのフォローしているアカウントのつぶやきを把握するのは至難の業。

ひとつのタイムラインで多くのフォローしているアカウントのつぶやきを把握するのは至難の業。

気になる分野のアカウントをリスト分けしてあげることで情報が探しやすくなります。

フォロワーのアクティビティ(いいねやフォローなど)のみを確認

普段のTwitterのタイムラインにはフォロワーのツイートやリツイート、いいねなど様々なものが表示されますが、Activityという機能を使うといいねやリツイートなどつぶやき以外の反応を表示できます。

あなたが気になっているフォロワーさんがどんなツイートにいいねしたりリツイートしているのか気になるときはこのActivityの機能を使ってみましょう!

トレンドの確認

Twitterの管理画面と同じように、トレンドの確認も可能になっています、

TweetDeck上でトレンドの確認も可能

トレンドを常に気にしたい人はこのトレンドをTweetDeckのカラムに追加しておくと見やすいですよ。

ダイレクトメッセージを簡単に送信可能

TweetDeck上からもダイレクトメッセージを送ることが可能です。

TOのところでメッセージを送りたいアカウントのIDを検索してあげてメッセージを書けますよ。

予約ツイート

Twitterでは現在、ツイートしたい投稿を予約しておくことができません。

Twitterのフォロワーを増やしていきたいのであれば投稿内容も大事ですが、投稿する時間によってもユーザーの反応が異なるため予約ツイートは便利な機能のひとつ。

SocialMediaTrendというサイトに投稿に最適な時間についての分析記事があったので一部抜粋。

■平均UU数
平日・休日共にピークは21時台ですが、22時あたりを境に数値が落ち始め、午前4時台が最小値
■平均いいね数
平日・休日共にピークは6時台で、最小値は3時あたり
■平均RT数
平日・休日共に6時・12時・18時あたりにピークがあり、金曜日の12時が特に高い数値

SocialmediaTrend『投稿に最適な「曜日×時間帯」とは。2.1億のツイートから分析』

Twitterを利用してフォロワーを獲得し、自らのビジネスにつなげたりソーシャル上でのつながりを作りたい人は予約ツイートをうまく活用してみましょう!

ちなみに予約ツイート画面はこんな感じ。

時間と送信したいカレンダーの日付にチェックを入れるだけです。

英語で何やら表示が出てますが下記みたいな感じです。

あなたの予約ツイートはTweetdeckを起動してなくても送信されますよ
Your scheduled Tweet will send even if TweetDeck is not running at the time.

予約ツイートの時間にTweetDeckを起動していなかったとしても送信されるようになっています。

TweetDeckの使い方

TweetDeckの拡張機能画面※Googleストアから引用

TweetDeckの基本的な使い方を見ていきます!

割と直感的に使える仕様になっていて、だいたいこれかなっていう個所に欲しいものがあるはずです。

カラムを追加する方法

TweetdeckではTwitterで作成したリストを一覧で見ることが可能となります。

これをすることでTwitterで流れてくる大量の情報を見逃すことがほとんどなくなります。

GoogleChromeの拡張機能のひとつでもあるので、Chrome愛用者でTwitterをよく使う人は覚えておきたいツールのひとつです!

Tweetdeckは下記のようにリストが並ぶので自分が好きな順番にしておきましょう。

リストをカラムに追加するには『Add Column』を押して追加しましょう。

Tweetdeckの操作方法

これを押すと、どのタイプのカラムを追加したいのかが下記のような形で表示されます。

TweetDeckの追加できるカラム一覧

これを押せばメッセージが見たかったりとかメンションが見たかったりとかリストが見たかったりなどなど、自分の好みに合わせてカスタマイズ可能です。

予約ツイートをする方法

予約ツイートの機能はツイートするボタンのすぐ下にあります。

赤枠のところを押すとツイート画面が開きます

ひらいたらツイートする画面が出てくるので『ScheduleTweet』というボタンをクリック。

押すと下記のようなカレンダーと時間を入れるところが出てくるので予約ツイートしたい時間に設定してTweetを押すだけで終了です。

TweetDeckでの予約ツイートのスケジュール設定方法

リストを追加する方法

上記で紹介しているAdd columnから『List』を選択します。

TweetDeckでListを作成する方法

押すと下記のような表示になります。

『Name』、『Description』、『Privercy』のそれぞれの項目を記載していきましょう。

各項目の説明はざっくり下記です。

それぞれの項目を記載したらSaveボタンを押しましょう。

Saveを押すとサジェストなども出てくるのでプラスボタンを押して追加していきます。

既にリストに追加したいアカウントなどがある場合は検索窓から検索すると出てきて追加できます。

追加が終わったらDoneというボタンを押してもらえればリストは完成です。

気になる人がいたら都度リストに追加していきましょう!

Tweetdeckとリスト機能を使って効率的な情報収集を

僕は自分が読みたい人や読みたいニュースなど様々な分野にリスト化して情報収集しています!

Twitterはただただタイムラインを下にスクロールしてみていると圧倒いう間に時間が過ぎてしまっていたという方も多いと思います。

それはかなり無駄な時間でただただネットサーフィンをして時間を使ってしまうので、Tweetdeckを使って情報を整理かつ情報別にタイムラインを表示することによって自分が得たい情報を得たいときに得たい人から見ることができるようになるはずです。

特に個人のつぶやきを見たいときはこれをしておくと見逃さないので重宝します!

自分なりのカスタマイズで快適にTwitterを楽しみたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です