田舎から都会へ出てみよう!移り住むメリット・デメリットを考えてみた

田舎から都会へ移り住むメリット・デメリットを実際に岐阜の田舎から東京に移り住んだ僕が解説します。

個人的には今田舎にいて都会での暮らしに憧れがある場合は思い切って都会に移り住んで見るのがおすすめです。

田舎から都会へ移り住むのメリット

まずは田舎から都会に移り住むメリットについて解説します。

チャレンジしようと思った時のチャンスが多い

田舎でチャンスを探すよりも都会の方がチャンスも多いです。

その分、競合することも多いのでその中で一番になろうとすると大変ですが、多くの事業は基本的に東京で展開されているので様々な仕事がありますし、様々なチャレンジをしようとしている人がいます。

そこに飛び込むチャンスが多いのは東京ならではです。

僕が住んでいる田舎ではIT系の企業はおそらく一社も無いし働いている人を聞いたことがないし若い人も少ないので、ITをやりたいなら自分で作るしかありませんが、都会であればすぐにあるのでそこに思い切って飛び込めば仕事ができます。

質の高いサービスや食、娯楽の数が豊富

東京は質の高いサービスや食がたくさんあります。

一度経験してみると世界が広がります。

また、娯楽の数も多いです。

僕のところが田舎すぎかもしれませんが、カラオケもダーツも隣町まで行かないとありません。笑

田舎から都会へ移り住むデメリット

都会へ移るのはデメリットもあります。

満員電車がきつい

東京の満員電車は他の都市とは比べ物になりません。

名古屋だと東山線も相当混みますが、そのラッシュ時に最低でもプラス10%増くらいの人数が電車にのりストレスになります。

ある研究結果によると、東京の満員電車は戦場にいる兵士と同程度のストレスを感じるらしいです。

「通勤ラッシュ時の満員電車に乗った際のストレスは、臨戦態勢に入った戦闘機のパイロットや機動隊の隊員よりも高く、ジェットコースターが落下する寸前の2倍以上と試算される」  昨年、あるイギリスの心理学者がこんなおぞましい研究結果を発表して世間を震撼させた。すし詰めの満員電車で戦場(=会社)へと赴く企業戦士たちは、比喩でもなんでもなく本物の戦場並みのストレスを強いられていたのだ――。

日刊スパ「満員電車のストレスは「本物の戦場以上」。サラリーマンたちの通勤事情」

なので僕はちょっと家賃が高めですが会社から徒歩圏内のところに住んでいます。

徒歩の方がストレスが軽減されるし運動にもなるので良いです。

別記事で会社の近くに住むことをおすすめする記事を書いているので、家探しに迷ったらこちらも読んでみてください。

家賃や物価が高い

東京は家賃が相当高いです。

4〜5万くらいで住もうと思うと都心から1時間以上離れるか、築50年以上の物件とかに住むことになります。

また、遊びでも映画や飲みなども少し高めの金額設定になっています。

地方から都会での就職活動はきつい

地方から都会での就職活動は大変です。

まず、家がないのでその家賃代を確保しなければならないですし、基本的にホテルみたいなとこを取るのでかなりの費用が発生します。

また、情報がないので転職エージェントなどに相談してみるのが良いでしょう。

転職初心者の場合は求人が多くて様々な業界を紹介してくれるdodaのようなサービスがおすすめです。

無料の転職相談があるので、履歴書や職務経歴書を添削してもらったり、田舎から都会へ実際にきて転職活動をした人の体験談なども教えてくれます。

都会と地方のド田舎の格差はすごい

前述したように都会と地方では全然違います。

僕が住んでいる東京には世界中の様々なブランドがありますし食べたことなかったような料理店がいっぱい並んでいます。

様々な仕事があって地方では考えられないような職種もあります。

たくさんのことを知ることは人生の弊害にもなる可能性がありますが幅を広げて取捨選択できる環境は個人的に好きです。

どこで自分を活かせるのか何がしたいのかを贅沢に一生懸命考えることができます。

地方にいる高校生や大学生はぜひ一度東京の雰囲気を感じてみてください。

僕は高校生の時に大学に行く気がなくて、高校3年生最後の方に大学に行きたいと思って東京まで視野に入れることができなかったんですが、その時に大学行くなら東京がいいと先生に言われたことが頭に残っていました。

なんでそんなに東京がいいんだろうと思ってましたが、田舎と都会では大学生の質も違い、面白い活動をしている大学生がいっぱいいます。

これだけインターネットが普及した今でも情報格差は東京と田舎で全然違います。

東京が無理なら名古屋や大阪、福岡でも構いません。

それか海外でもいいでしょう。

思い切って田舎から都会、または海外に行ってみても面白いと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です