【超時間術 読書レビュー】今すぐ実践できる時間有効活用法が見つかります

【超時間術 読書レビュー】今すぐ実践できる時間有効活用法が見つかります

日々仕事に追われて今週もやろうとしていたことができなかったなあとなることありませんか?

この本によると人は週40時間も無駄にしているのだそう。

僕も、確かに1日や1週間を振り返った時に

『この時間無駄だったなあ・・』

と反省する場面があり、週40時間も空けられるかはわかりませんが、毎日数時間であれば確保できそうだなと思うこともあり納得感があります。

メンタリストのDaiGoさんが書かれた『週40時間の自由をつくる超時間術』では、様々なデータや心理実験などを例にとり、なぜあなたに時間がない理由を明確にしてくれます。

様々な時間がない理由に対しての対処法が書かれているので、あなたにも必ず今日から実践したい時間を有効活用するための科学的に実証された実績のある対処法が見つかります。

超時間術がおすすめな人は下記です。

週40時間の自由をつくる超時間術がおすすめな人
・いつもなんとなく残業してしまっていて無駄な時間だと感じている人
・やりたいことがあるのにやりたいことにうまく時間を使いこなせない人
・すでにやりたいことに時間を使っているがさらにキャパシティを広げて時間を作りたい人
・無駄なことに時間を費やしてしまい重要なことに時間を使えていないと感じる人

時間を有効活用するためのアイディアを得て、少しでもやりたいことに時間を当てられるようにしていきましょう!

『週40時間の自由時間をつくる超時間術』の概要や読むことで得られるメリットについて解説していきます。

『週40時間の自由時間をつくる超時間術』の概要

メンタリストのDaiGoさんが著者の週40時間の自由をつくる超時間術の目次構成は下記。

週40時間の自由時間をつくる超時間術の目次
【第1章】時間にまつわる3つの勘違い
【第2章】時間感覚を正す7つのフィックス
【第3章】それでも時間がないあなたに贈るストレス対策
【第4章】職場の「時間汚染」に打ち勝つ働き方
【第5章】自分の時間を取り戻す8週間プログラム

時間がない理由から紐解いていき、その理由を考慮した解決策を提示してくれます。

時間術の本は正直他にもたくさんありますが、この本は忙しいと感じている人にとって本当に解決するためのアイディアをもらえる指南書になるはずです。

【第1章】対処法だけでなくなぜ時間が無いと感じるのかが明確になる

時間の有効活用についての本はここで紹介している超時間術以外にも様々あります。

しかし、なぜそもそも時間がないと感じるのかについて考察のある本は少なく、あったとしても数ページ程度であまり根拠がない印象ですがこの本では、

・なぜ忙しいと感じてしまうのか?
・なぜ自由な時間があるはずなのに忙しいと感じてしまうのか?

と言った問いから忙しく感じる理由をデータや調査結果から明らかにしていくところから始まります。

そもそも、なぜそう感じてしまうのかを理解できないと、どう課題を解決していけばよいのかが分かりません。

本書では、時間がないというのは勘違いでその勘違いに気づくところから始まります。

指摘されている勘違いは大きく分けると3つ。

≪時間にまつわる3つの勘違い≫
①物理的な時間がない
②やるべきことが多すぎる
③忙しい人は仕事ができる

週40時間の自由をつくる超時間術より

この3つが勘違いだと言える根拠やどうやったらこの勘違いが取り除かれていくのかが説明されています。

会社に勤めていると時間が無いとか忙しいとか、仕事量が多すぎて手が回らないと言っている人を良く見ます。

僕はネット広告業界にいるんですが、仕事量が多くて忙しい、やりたいことに手が回らないと言っている人が本当に多いと感じています。

僕はマネジメント側としてメンバーに仕事を振り分けてコントロールする立場にいますが、この勘違いは良く理解できます。

多くの仕事を渡している人がより大きな仕事を探して動き、そこまで多くの仕事を渡しておらず難易度の低い仕事を渡している人が忙しいと口癖のように言っている現状を間近で見ています。

この章を読むことで、忙しいという言葉はもう捨てて、自由な時間を作るためのアイディアを得られます。

時間が無いという錯覚をなくし、自分で時間をコントロールし、自由な時間を手に入れましょう!

【第2章】時間が無い感覚を正すための7つの具体的な方法で自分に合った解決策が見つかる

第1章ではなぜ時間が無いと感じ錯覚するのかについての理由がメインになっていますが、第2章ではこの錯覚を正すための7つの方法が紹介されています。

第2章のタイトルは『時間感覚を正す7つのフィックス』となっていて、時間感覚を正すと聞くと大ごとに聞こえますが、その日からすぐに実践できるものが多いのも特徴的。

どれも難しい内容ではなく、誰にでも簡単にできるものが紹介されているので、自分に合った方法から始めてみるのが良いと思います。

7つのフィックスの中でも個人的に気に入っていてやるべきだと感じるのは、『ゴールコンフリクトを正す』という部分です。

ゴールコンフリクト = 目標(ゴール)が衝突(コンフリクト)しあった状態

心理学ではこれが時間がないという感覚を起こしてしまう最大の要因だと考えられているとのこと。

自分の欲望が重なり合うたびに、どんどん時間が無いという感覚に陥ってしまいます。

このゴールコンフリクトが起ってしまうパターンは3つ紹介されています。

≪ゴールコンフリクトが起きてしまう定番パターン3つ≫
①分かっているけどやらないコンフリクト
=つい欲望に負けてしまうタイプの問題
②思い込みコンフリクト
=勘違いが原因で目標の衝突が起きてしまうパターン
③無知コンフリクト
=知識が足りなせいで起きてしまう問題

週40時間の自由をつくる超時間術より

例えば①の分かっているけどやらないというのは、ダイエットしたいけどお菓子を食べ過ぎてしまう見たいな欲望に負けてうまく行かないパターンです。

あなたにも心当たりがあるのではないでしょうか。

それ以外にも思い込みや知らないことが原因で起きているコンフリクトもあり、確かにそうだなと納得できる例がいくつも紹介されています。

それぞれのゴールコンフリクトを正すための方法が紹介されているので、少しでも実践してみると時間間隔を取り戻し、目標達成に使う時間を増やしていけるはずです。

【第3章】時間感覚をただす方法を試してもうまく行かない人にもすぐできるストレス対策

第2章で紹介されている解決策は忍耐力のいるものも多くあり、これは継続するのが難しいなと感じる人もいるかもしれません。

しかし、第3章では

1秒ですぐできるものから1か月以上かけてできるものまで21個の時間感覚を取り戻すためのアイディアが掲載

されています!

挫折しないために手軽な方法もあるので、こんなことで効果あるの?と思わず愚直にやってみるのが大切です。

上記で書いた7つの方法とこちらでこの章で書かれている21の内容を組み合わせて実施していくことで得られる効果として下記が記載されています。

①時間の感覚に余裕が生まれ、焦らずに作業に取り組める効果
②作業効率が上がった結果、本当に時間の余裕が生まれる効果

週40時間の自由をつくる超時間術より

時間感覚を取り戻すには、いきなり明日すぐに全て解決できるわけではないので、できるものから少しずつ取り入れていくことで無理なく時間感覚を取り戻していくことが可能です!

【第4章】無駄な残業を減らせる?職場での時間汚染への対処法

職場での仕事が忙しくて残業も多くなかなか自分の自由な時間を取ることができなかったり、目の前のタスクに追われてなかなか本当にやりたいタスクにたどり着けないと感じたりする人も多いのでは?

この章では、多くの人が悩んでいるであろう職場での時間汚染への対処法について書かれています。

この章では、

通勤時間中にできる解決策や仕事中、または会議中での対処法などすぐに職場で使えるテクニック

が紹介されています。

この章を読めば、職場の忙しさを言い訳にせず、時間を有効的に使うためのアイディアを得られるはず。

この章に書いてあることがうまく実践できなかったり、そもそも職場環境が悪いと考えている人は客観的な視点を持って本当に無理であれば職場を変えるのも一つの手です。

『週40時間の自由時間をつくる超時間術』は時間を作るために本当に動き出したい人のための指南書

『週40時間の自由時間をつくる超時間術』は時間を作るために本当に動き出したい人のための指南書

この本が気になっている人は時間を有効的に活用できていないと感じていて、何か目標達成するために時間を使えるようにしたいと考えているはずです。

今までいろんな仕事を早くしようと業務効率化をはかったり時間を効率的に使うための本を読んだりしてもなかなか時間をうまく使えなかったという人はぜひこの本を読んでみてください!

今までの他の時間を有効活用するための本とは違った本質的な対処法が知れますよ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です