通勤時間を有効活用する方法【隙間時間の積み重ねが大事】

通勤時間を有効活用する方法

通勤時間は思わずだらだらしがちですが、通算するとかなりの時間になるため、有効活用できると様々なことができます。

この記事では通勤時間を有効活用するためのアイディアを5つにまとめました。

通勤時間を有効活用しないと年間最低100時間以上無駄にする可能性がある

通勤時間は短い人でも往復30分程度、長い人だと3~4時間かかっていると思います。

仮に往復30分間だとすると週5日勤務で土日祝日休みだとすると230日くらいは働くことになるので、

30分×230日=6,900分(115時間)

は最低通勤に使っていることになります。

僕は日商簿記2級を持っていますが、3級くらいだったら独学で100時間あれば取得が可能なので社会人にとって基礎的な会計の知識を通勤時間で取得できる計算になります。

通勤時間と家にいる時間とをうまく使い分けて勉強の仕方を工夫すれば、様々なことができそうですね。

通勤時間を有効活用する方法6つ

通勤時間を有効活用する方法を大きく分けて6つに分けて紹介します。

【仕事】メールチェックやスケジュール確認、ToDoリスト管理をする

電車やバスの中でもスマホは基本的に触ることができます。

通勤中の中でメールチェックやスケジュール確認などを終えておけば会社に行ってからスムーズに仕事に入ることができ、効率的に仕事を終わらせることが可能になります。

ちなみに、ToDOリスト管理はツールを活用していないのであればTrelloというタスク管理ツールがオススメです。

無料でここまで使えるのかというくらい機能が充実していてタスク整理に長けているのでオススメです。

別記事でTrelloのオススメ記事を書いているので、タスク管理に興味のある方はこちらも読んでみてください。

【情報収集】SNSやニュースサイトなどを見て仕事や副業、競合他社や業界のトレンドなどをチェックする

通勤中にSNSやニュースサイトなどを見て情報収集をしておけば、仕事時間で情報収集する時間が必要なくなりますし、意外と仕事がたまっていて情報収集に時間を使うことができない可能性もあります。

通勤時間に情報収集するツールを活用して様々な情報を取り入れましょう。

Twitterを僕は良く使いますが、「英語」、「副業」、「広告関連」等々にリストを分けていてタイムラインを見やすくできるようにしています。

また、Googleアラートに気になるKWを入れておけば自動で最新のニュースを拾ってきてくれます。

Googleアラートの使い方に関しては下記記事で書いているのでよければこちらも読んでみてください。

【英語】リスニング力を鍛えたり単語を覚えたり文章に触れる時間にする

僕は通勤中英語学習メインで行なっています。

今時英語学習アプリはスマホにたくさんあるので様々なツールを使って自分にあった英語勉強法を探しましょう。

僕は通勤中に複数のことをやりますが、ほぼ毎日絶対やっているのが、英語の単語帳についているCDを通勤中に聞いて、家に帰ったら音読するやり方です。

下記の本に書かれている文章を読み上げてくれます。

各章にどの単語がどんな意味なのかを解説してくれているので、文章の中でどのように使われているのかを把握しながら単語の学習が可能です。

英語学習ツールは他にもたくさんあります。

下記で通勤・通学時間を活用して英語を勉強するための方法を複数記載しているので、英語学習をしたい方はこちらも合わせて読んでみてください。

【読書】オーディオブックやKindleを持ち歩いていつでも本を読める状態に

僕は外で本を読むときは基本的にはKindleを持ち歩いています。

持ち運び便利ですし本のようにかさばらないのが特徴です。

通勤中に本を読みたい方はKindleがオススメです。

下記でKindle Paperwhiteという端末を紹介しているので、Kindle購入を迷われている方はこちらを読んでみてください。

満員電車の中だと電子書籍ですら開くのが億劫だったり、歩きながらだと読みづらいし人にぶつかったりするのでうまく本を読めないという方はオーディオブックを活用してみましょう。

audiobook.jpというサービスがあり、プロの声優やナレーターが本を読み上げてくれるサービスです。

これを使えば通勤中もハンズフリーで読書することが可能になります。

気になる方はまず一冊買ってみて気に入れば月額登録してみるのもありかなと思います。

【エクササイズ】通勤時間にできるエクササイズをする

通勤時間で歩く時間が長い人は歩きながらできるエクササイズを意識してみましょう。

帰りに一駅前で降りて歩くとかをしてみても良いかと思います。

普段、運動不足の人は少しでも体を動かしておくと良いです。

特に座りっぱなしの仕事をしている人は血流があまり良くならないので意識的に歩いておくのが良いです。

また、下記本では通勤中にできる筋トレ方法が記載されているのでよければ読んでみてください。

僕はこの本に書いてあるリュックを背負って大股で腕を振って歩くというのを実践しながら通勤しています。

【資格勉強】通勤時間と家の時間をうまく使って資格を取る

今は資格勉強のためのサイトやアプリがたくさんあります。

スマホでも本でもいろんなツールを使って資格の勉強ができるので、自分の仕事に関連するものや少し幅を広げられるような資格なんかをとってみてはいかがでしょうか。

下記記事で通勤中のおすすめな勉強について書いているので何を勉強しようかと悩んでいる人は読んでみてください。

通勤時間を有効活用するために持っておきたいアイテム5つ

通勤時間で学習したり情報収集したりするのは当然普通に家でやっているよりは効率が悪かったりやりづらかったりするのが当然です。

しかし、通勤時間のたちっぱなしな状況や歩く時間、人混みにいることなどを考慮すれば、持っているアイテム次第で通勤時間を有効活用することが可能です。


通勤時間を有効活用するためのアイテム5つ
①片耳でも使えるイヤフォン
②kindleなどの電子書籍
③スマホなどの小さい画面で見づらい場合のipadやタブレッド
④スマホを落とさずに学習に集中できるスマホリング・スマベルト
⑤片手で本を読めるブックストッパー

上記アイテムについて下記記事で紹介しているので、気になる方は下記を読んでみてください。

何をしたいのか目的を明確にして通勤時間を有効活用しよう

時間を有効活用する目的によって何をするか変わってきますし、通勤時間の長さによっては複数のことを通勤・帰宅時間でできます。

何か目的・目標が無いと通勤時間をだらだらと過ごしてしまうのでまずは目的を明確にしてから取り組みましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です