田舎から東京へ出ることのメリット・デメリット【環境を変えると人生が変わる】

田舎から東京へ出る事のメリット・デメリット
田舎から東京へ出る事のメリット・デメリット

この記事では、実際に田舎(岐阜)から東京に移り住んでインターンや就職をした経験を元に、都会へ移り住むことのメリット・デメリットについて紹介します。

この記事では下記のような読者を想定しています。

この記事の想定読者
・田舎から東京に出て進学・就職したい人
・何かしらの理由で田舎の狭いコミュニティを抜け出したい人
・田舎から東京で就職したいけどどうしたら良いかわからない人
・今は田舎に住んでいるけど環境を変えて人生を変化させていきたい人

田舎から都会に移り住んで大学や専門学校に行ったり就職をしたりすると生活のスタイルや幅も大きく変わります。

僕も、大学の4年生の頃をインターンなどをしながら東京で過ごし、就職を機に東京にやってきましたが、田舎の岐阜にいただけでは考えられなかったインターネットを使った仕事ができています。

元マッキンゼーでディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を務められた大前研一さんは著書の中で人間が変わる方法は3つしかないと書かれています。

人間が変わる方法は三つしかない。
一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える。この三つの要素でしか人間は変らない。もっとも無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

大前研一(著)『時間とムダの科学』プレジデント社(2005)

普段慣れ親しんだ田舎から東京に出るということは、今まで頼っていた人は周囲からいなくなり、住む家や普段行く場所などが必然的に変わるということです。

人生を変えたいと思うなら東京に移り住むことは手っ取り早くこの3つが変わるかなと思います。

上記引用は下記の書籍から引用していますので、参考にどうぞ。

また、ホリエモンが書いている本に『あり金は全部使え』という本があります。

この中にも田舎から出る事を推奨されていますし、この人自身実際に田舎から東京に出て行った人なので説得力があります。

田舎から出ることを迷っている人は読んでみてください。

田舎から東京へ出ることのメリット5つ

田舎から東京に出ることのメリットを5つあげてみました。

最先端のサービスに触れる機会が早い

田舎では利用できないサービスもたくさんあり、最先端に触れる機会が多いのも東京の魅力。

田舎にはないビジネスモデルもたくさんありますし、新しいサービスが試験的に始まるのは東京だったりします。

UberEATSみたいなサービスも日本進出の場合東京で始まってます。

また、自分が興味関心のあるトピックでのイベントもたくさん開催されています。

そこに行けば自分と同様の関心のある人達と出会い新たな情報を得ることができたり新しい人脈を作ることができます。

公共交通機関が発達しており移動する時間が少なくなる

東京は交通網が発達しているので、車がなくても生活可能。

スーパーやドラッグストアなども至る所にあるので買い物にも困りません。

また、服なんかを買いたいなあと思った時も、良いお店が新宿や渋谷など主要駅まで行けば良いものがたくさん購入できます。

お酒を飲んでも終電で帰れますし、田舎みたいに代行を頼まなくてもタクシーがいるのでサクッと帰宅できたりするのもメリットに感じています。

さまざまな人種がいて田舎では知らない価値観に触れられる

僕は岐阜の田舎の方に実家があるのですが、岐阜の田舎だと大学卒業の人に会うのは高校生まで学校の先生くらいでした。

親は中卒・高卒ですし、友達の親もそう。

仕事は、トラックの運転手・大工・工場勤務・タクシーの運転手、、、などオフィスワークをしているような人に出会うことがありませんでした。

そんな中での価値観は地元に残って2~3世帯で家に住んで結婚して家族を作るのが当たり前になっていました。

それがだめとは言いませんが、ただ単にひとつの選択肢でしかありません

東京に来ると起業する人も多いし、意欲的にキャリアを築いていこうと人もたくさんいます。

その分、変な人や騙そうとしてくる人もたくさんいますが、さまざまな価値観に直接触れられる機会が多いのも都会の魅力です。

情報が多く就職のチャンスやスキルアップのチャンスも多い

東京では求人数や職種の幅が桁違いです。

例えば、僕はインターネット広告の業界で働いていますが、名古屋市と東京23区に絞って求人を検索してみました。

名古屋市での求人は15件で、それインターネット広告と関係ないよねみたいな職種も多いのが現状、、

リクナビNEXTで「名古屋市+インターネット広告」での検索結果※2021年5月※
リクナビNEXTで「名古屋市+インターネット広告」での検索結果※2021年5月※

続いて、東京23区に絞っての検索結果はどうでしょうか。

検索してみたら、278件ヒットしました。

名古屋市と比較して、東京23区の方が約18倍求人数が多いです。

リクナビNEXTで「東京23区+インターネット広告」での検索結果※2021年5月※
リクナビNEXTで「東京23区+インターネット広告」での検索結果※2021年5月※

仕事探しでもさまざまなチャンスがありますし、30歳くらいまでなら未経験でもチャレンジできる職種がたくさんあります。

高級な車や料理、ホテル、ビジネスに対する意欲の高い人がモチベーションを高めてくれる

東京都内を歩いていると田舎ではみられなかった高級車や豪邸が街にあったり、料理でも田舎では食べることのできなかった高級料理のお店がたくさんあります。

それをみて自分も稼ぐぞという気持ちになる人も。

また、ビジネスに意欲的な野心的な人も多いのでそういった環境から刺激を受けてモチベーションを高めることが可能です。

田舎から東京へ出ることのデメリット4つ

次にデメリットについて解説します。

デメリットと書きましたがやり方次第でけっこう克服できたりするものなのでそれについても書きたいと思います。

田舎者をだまそうとしてくる人達が一定層いる

人がたくさん集まっている場所ということもあって良いことをしている人もたくさんいますが、それだけ悪巧みを考えて人を騙そうとしている人も多いです。

僕は2回程MLM系の人に声掛けられました。

まあ普通に騙されないですが

『田舎から出てきて今から東京で羽ばたいてやるぜー!!!』

と意気込んでいる大学生たちは無知なのを知っているので、がんがんつけこんできます。

収入がどうとかとか時間を拘束されずに働けるとかなんとかかんとか。

まあやりたい人はやればいいと思うんですが僕は日本でこれをやることにけっこう否定的なのと、日本人のやり方が汚いやつが多いとかまあいろんな理由があってやる意味ないなと思ってます。

てきとうな甘い言葉に誘われてだまされないようにしましょう。

物価が高い

田舎から出て感じるのが物価の高さです。

さまざまなものが高いなと感じていますが、特に感じるのが家賃。

賃貸検索サイトSUUMOで東京23区と名古屋市内の1K/IDKの相場を確認して見ました。

東京23区内の1K/1DK家賃相場は約8万円ほどになっています。

僕の住んでいる地域だと8万あれば家族4人で暮らせる1軒家を借りれますね。

SUUMOで検索した東京の家賃相場※2021年5月現在※
SUUMOで検索した東京の家賃相場※2021年5月現在※

続いて、名古屋を見て見ました。

名古屋の1K/IDKの家賃相場は5万前半くらいです。

SUUMOで検索した名古屋の家賃相場※2021年5月現在※
SUUMOで検索した名古屋の家賃相場※2021年5月現在※

まあ、都会だと車を持たなくても生活できるのでそれを考えるとそこまでかもしれません。

オートロックや駅近、築浅などの条件を積み重ねていくと、1K/1DKでも10万を超えてくるので注意が必要

また、僕は東京では水道水を飲まなかったりスープなどを作るときに水道水を使わないので、それらの出費も出てきます。

自然が遠い

田舎には近所に自然がありますが、東京にはありません。

1時間とかかければありますがそこまで行くのは大変です。

僕は自然が好きで河原とかでぼーっとしたりしたいので東京の暮らしは息苦しかったです。

満員電車が苦しい

東京に来て多くの人がストレスで嫌に感じていることとしてよく挙げられるのが満員電車です。

ある調査結果によると、帰宅途中でのラッシュに巻き込まれた人のストレスは、臨戦態勢の戦闘機のパイロットや機動隊の隊員よりも強いストレスを感じるとの結果が出たとのこと。

新たに公表された調査結果によると、帰宅途中でラッシュに巻き込まれた人は驚くほど強いストレスを感じるという。
BBCが11月30日に報じたところによると、この調査では、臨戦態勢の戦闘機のパイロットや機動隊の隊員よりも、会社に通勤する人の方が強いストレスを感じるとの結果が出たという。

CNET JAPAN『通勤ラッシュによるストレスは戦場以上–調査報告』

満員電車に乗らないようにするためには職場の近くに住んだり、通勤ラッシュを避ける必要があるので大変です。

東京に上京して仕事探しをする方法

Unemployed man desperately looking for a job. Holding a need a job sign.

ここまで東京に上京するメリット・デメリットを書いてきましたが、ここからは東京にきて仕事探しをする具体的な方法について見ていきます。

東京に住むイメージが湧かない人は、個人的には後述する田舎から上京してくる人専用の就職支援サービスで一度話を聞いてみるのがおすすめです。

リクナビNEXTやDODAなど転職エージェントなどを活用してスキルにあった仕事を探す

大手のサイトにはかなりの企業・職種数が載っていて紹介してくれる案件数が豊富なのでどんな企業が募集しているのかを知るのに最適です。

リクナビNEXTTやDODAといった転職の大手サイトに登録し、無料のキャリアカウンセリングを受けてみましょう。

無料のキャリアカウンセリングでは、今のあなたのスキルや経験が活きる仕事があるのかや未経験でも就労可能な企業などをプロに気軽に相談可能

大手サイトは利用料無料なのでとりあえず登録して案件を色々見てみるのがおすすめ。

リクナビNEXTのグッドポイント診断という適性検査も面白いのでやってみるのも面白いです。

リクナビNEXTのグッドポイント診断について別記事で書いているのでよければこちらも覗いて見てください。

DODAは人材会社大手パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス。

大手というだけあって多少希望を高めに出してもある程度の企業数を紹介してくれましたし、中には自分の発想になかった企業も紹介してくれて視野が広がりました。

DODAについての面談内容について下記にまとめているのでよければこちらも読んでみてください。

自分で求人を探して直接応募する

すでに受けたい企業が決まっている場合は直接応募することも可能。

しかし、本命の企業が決まっているのであれば、最初からいきなり面接を受けるのはお勧めしません。

上記で紹介したリクナビNEXTDODAのようなサイトで適当な企業を紹介してもらい、面接練習をしておくのが吉

また、Wantedlyものようなサイトを利用してみるのも良いです。

Wantedlyは「はたらく」を面白くするビジネスSNSというキャッチコピーのサイトです。

そこで働いている人の顔が実際に見えたり創業ストーリーなど他転職サイトではなかなか把握できないような情報も載っています。

様々な転職サイトがあって基本的にどれも無料なのでいろいろ登録してみて自分にあったものを探してみてください。

田舎から上京してくる人専用の就活・転職サービスを活用する

田舎から上京するときに家を探して転職先を探して、、、

となかなか大変で不安なことも多いし何から始めて良いかわからない人もいるのでは。

MIYAKO TICKETは田舎に住んでいる人が上京するために必要な家探しと仕事探しをサポートしてくれるサービスです。

MIYAKO TICKETの特徴

MIYAKO TICKETの利用がおすすめな人は下記です。

MIYAKO<br /> TICKETがおすすめな人
・経験を活かした転職で年収UPしたい人
・地方から上京してバリバリ働きたい人
・上京しだいけどお金がない人
・中卒、高卒で上京したい人

学歴がないから東京で就職なんて無理、、、

って思っていた人でも、MIYAKO TICKETでは中卒・高卒の人でも就職サポートをした実績があります。

しかも、サービスの利用料は無料でできちゃうんです。

引っ越しにかかる費用さえ捻出できれば東京での就職も夢ではありません。

オンラインでキャリアカウンセリングができるので、地方からの東京就職を考えている人は一度相談してみるのも良いですね。

東京での就職に必要なことを知ったり今の悩みや不安を上京サポートのプロに無料で気軽にそうだんして見ましょう!

上記に、チャレンジする20代を応援とありますが、30代も対象としているみたいなので、30歳になってからの新たなチャレンジとしても活用できるのでまずは気軽に相談して見ましょう。

相談してみてやっぱ辞めておこうとかも特に問題なく可能です。

プログラミングやWEBマーケティングのスクールにある転職支援サービスを活用する

現時点で何のスキルもなくて東京でやっていけるか不安な人はスクールに通ってスキルを身に着けて転職をするのもおすすめです。

例えば、下記のTech Academyはエンジニア転職保証のカリキュラムがあります。

無料のカウンセリングや体験授業を行っているので一度受けてみるとどんなものなのか事前にヒアリング可能。

エンジニアのようにプログラミング言語を書くだけでなく、WEBマーケティングという職種もあります。

インターネット上での広告出稿の方法やノウハウを学ぶことでインターネット広告代理店やWEBマーケターとしての転職が可能です。

DMMさんがマーケター養成スクールというのをやっているので未経験から手に職を付けたい人にはおすすめです、

Tech AcademyDMM Marketing CAMPも無料のカウンセリングがあるので気になった人は一度カウンセリングを受けてみましょう!

【結論】田舎から都会に出て新しいチャレンジを始めたい人には東京は魅力的な選択肢に!

僕は、岐阜の田舎から大学4年生の時初めて東京に出ましたが、そこから今まで知らなかった仕事や人の価値観に振れることができ選択肢が広がりました。

また、周囲に今までかかわってきた人が全然いなくなるので、誰かの目を気にする必要もありません。

失敗したら田舎に戻れば良くて、田舎や地方都市に行ったら東京で営業とかエンジニアとかマーケターやってましたみたいなのがステータスになったりします。

日本国内ですし、日本語が通じるので特に怖いものでもありません。

何かを変えたいと思っている人はぜひ東京でのチャレンジに挑戦してみてください!

TwitterにDMいただけたら、田舎から東京に来るにあたっての不安とか何かしら相談できると思うので気軽に送ってください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です