余ったTポイントをビットコインに変えてみよう【bitFlyerで交換可能】

Tポイントをビットコインに交換(bitFlyer)

ビットコインを始めたいけどリスクの高さが不安だという人は普段貯めているポイントをビットコインに変えてみるのがおすすめ。

Tポイントを貯めている人は多いと思いますが、Tポイントを余った時の使い道のひとつとしてビットコインに変えてみるのはどうでしょうか。

結論、

Tポイントをビットコインに変えられるbitFlyer!

を使ってビットコインを実際に買ってみましょう。

Tポイントを貯めている方は多いと思いますが、そのTポイントをあまり使っていなかったり、余計なものを購入してしまったりしてる場合はビットコインに変えてみても良いかと思います。

この記事ではbitFlyerでTポイントをビットコインに変えられるよという紹介と変更する手順について説明します。

そもそもビットコインとは何か?

ビットコインとは何か

そもそもビットコインって良く名前は聞くけどなんなんだろう、、?

という方のために、簡単にビットコインについて説明します。

仮想通貨の起源とも言えるのがビットコインで、『仮想』の『通貨』の一種です。

円やドルのように紙幣やコインの実物がありません。

ビットコインの説明をコトバンクから引用させて頂きます。

インターネットを通じて流通する仮想通貨の一種。中央で管理する企業や組織などをもたず、P2Pでの相互決済を可能にする仕組み。決済に金融機関を通さないため、とくに国際的な通貨価値のやり取りにおいて経費や手数料などを低く抑えられる利点がある。(中略)2009年1月にサトシ・ナカモトSatoshi Nakamotoの論文に基づいて流通が開始されたとされるが、サトシ・ナカモトの実態は明らかにされておらず、実在の人物であるかどうかも含めて詳細は不明である。

コトバンク『ビットコイン』

日本人っぽい名前のどこのだれかも分からない人の論文を元に作られた通貨なのでちょっと怪しい感じがしますね。笑

ちなみに、ビットコインを勉強していくとブロックチェーンという言葉を聞くようになります。

ブロックチェーンとビットコインは別物でビットコイン取引はネット上で行われますがこの取引を記録する分散台帳を実現するための技術となっています。

ブロックチェーンはビットコイン(BTC)開発の過程で生まれ、ビットコイン(BTC)の取引を記録する分散型台帳を実現するための技術です。ビットコイン(BTC)以外も多くの暗号資産(仮想通貨)はブロックチェーンを技術基盤としていますが、ブロックチェーンを使わないDAG(Directed Acyclic Graph)型暗号資産(仮想通貨)など例外もあります。

GMOコイン『ブロックチェーンとは』

ビットコインについて詳しくなって将来性がどうなのかを把握したいのであれば、ブロックチェーンの技術についても知っていくことが必須になるかなと思います。

ちなみに、僕は下記本でビットコインとブロックチェーンの技術についての概要を学びました。

初心者にわかりやすく説明してくれていて入門書的な感じでさくさく読めるのでおすすめです。

ビットコインに対しての意見は様々

ビットコインについては、批判もあれば推奨もあり今後の動向が注目されます。

推進派で有名なのは、Twitter創業者のジャック・ドシー氏です。

2021年6月のForbesの記事では下記のような発言が取り上げられています。

ツイッターCEOのジャック・ドーシーは、長年にわたりビットコインを支持してきた。その彼が、ツイッターもしくは同社が出資する分散型SNSの「Bluesky」のいずれかが、ビットコインによる決済システムを導入するのが「時間の問題」だと発言し、注目を集めている。

ForbesJapan『ジャック・ドーシーが「ビットコイン決済システム」導入に意欲』

世界最大規模のSNS『Twitter』でビットコイン決済システムが導入されるとまたビットコインへの見方も変わってくるかもしれません。

他にも、投資という意味合いでは、世界最大級のヘッジファンド創設者のレイ・ダリオ氏もビットコインに投資をしていますし、スタバやバーガーキングなどがビットコイン決済を受け入れ始めています。

続いて、批判派の人も紹介します。

投資家のウォーレンバフェット氏が過激な発言をしたことで注目を集めてます。

バフェットはこれまでビットコインについて「殺鼠剤の2乗のようなもの」等とコメントしており(バークシャー・ハサウェイの副会長が2014年にビットコインを「殺鼠剤のようなもの」とコメントし、その後に価格が急上昇したのを受けて「2乗」と表現した)、自分は決して買わないと公言してきたからだ。

ForbesJapan『ウォーレン・バフェットがビットコインに手を出さない3つの理由』

他にも、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏などもビットコインについて良いコメントをあまり残していないです。

ビットコインは著名人の中ですら意見が分かれるものなので、今後の資産価値がどうなっていくかは不透明なので、自分の資産の10%など無理しない範囲に抑えておくのが良い

ビットコインのボラティリティ(変動幅)の大きさ

ビットコインは発行枚数が決まっていて2100万枚が上限となっているので、これが世間からの関心が高くなり市場に出回れば上限枚数があることで希少価値の高い通貨となっていき値上がりする可能性もあります。

しかし、逆にシステムの脆弱性を危惧する発言をする人もあるで今後の動向に注目が集まります。

カルステンス総支配人は、米スタンフォード大学フーバー研究所での講演で、ビットコインの発行総量が2100万BTCの上限に近づく中で、システムは大多数の攻撃を受けやすい状態となっており、その意味から「ビットコインが完全に破綻を来すことがあり得ると投資家は認識しなければならない」と語った。

Bloomberg『BIS総支配人「ビットコイン完全な破綻あり得る」-発行上限接近で』

実際、テスラのCEOの発言で金額が右往左往したりと本当にどうなるのか分からないです。

ビットコインの推移をTradingViewというサイトから引用していますが、金額の上下がすさまじいことが分かります。

どこが底値なのか、どこが上限なのか、今後どうなるのか全く読めません。

これだけ金額が上下するので、短期トレードで相場が読めるのであれば大きなプラスを作ることができませんが、逆もしかりです。

僕は中長期保有前提で値下がりしたときにコツコツ買っていますが、相場を読み切れないので大きな投資は避けようと考えています。

ポイント投資+月数百~数千円とか自分の資産の許容範囲内でコツコツ積み立てるとかでも良いかもしれません。

ビットコインは投資しておくべき?

ビットコインは結論投資しておくべきなのかどうかでいうと僕の意見としては先ほどから述べている通りで、

資産の余裕の範囲内で少額で購入してみるのは良い!

と考えています。

もちろん、資産価値が0になる可能性もあるので、資産のうちの数%くらいにとどめておくのが良いかと思います。

僕は、現金を含めた全体の割合として、35歳くらいまでは10~15%くらいをビットコイン含めた仮想通貨にしておこうかなと考えてます。

リスクが取れるうちはリスク高めの資産にしておいてもよいかなと思って割合を高めに設定してます。

値上がりして元本の2倍以上になったので、現状だとこれ以上の比率になってしまっているというのはありますが、逆に下がり過ぎたらコツコツ少額で買いまして行こうかと思ってます。

ちなみに、投資関連の著名なYouTuberの高橋ダンさんは書籍の中でビットコインは少額で資産を多様化するという意味で持っておいてもよいという見方を示しています。

ビットコインに投資するべきか迷ったら参考にしてみてください。

bitFlyerでTポイントをビットコインに変更可能に

bitFlyerのHPを引用※2021年7月現在※
bitFlyerのHPを引用※2021年7月現在※

bitFlyerは仮想通貨の取引所のひとつで、上記画像の通り、ビットコイン取引量国内NO.1(2020年1~12月実績)の仮想通貨取引所となっております。

このbitFlyerがTポイントと提携してTポイントをビットコインに交換できるようになりました。

bitFlyerとTポイントでできること※2021年7月時点※
bitFlyerとTポイントでできること※bitFlyerHPより引用※

できる事としては、2021年7月現在だと2つ。

bitFlyerとTポイントでできる事

①100ポイントからビットコインに交換可能(P100あたり85円分)
②500円以上のビットコイン決済でTポイントが1ポイント貯まる

僕は普段あまりTポイントを貯まったとしても、利用する場所がないので定期的にビットコインに変えています。

できれば、100ポイントにつき100円分で変えてほしいのですが仕方が無いですね。

bitFlyerでTポイントをビットコインに変更する手順

bitFlyerでTポイントをビットコインに変えるための手順について解説していきます。

まずは登録する

まずはbitFlyerに登録することが必要になります。

投資を行う場合にはマイナンバーカード、または通知カードが必要になるので手元に見当たらない場合は役所に行けば再発行してもらえます。

下記URLからアクセスしてアカウント発行を行いましょう。

TポイントをbitFlyerと連携する

bitFlyerのTポイント連携画面

アカウント発行できたら自分のTポイントIDをbitFlyerに登録します。

設定のところにあるパートナーサービスを選んでいくとTポイントと連携できる画面になります。

交換したいポイント数を選んで変換完了

連携が完了したらTポイントをビットコインへ変えることができるようになります。

ちょっと残念ですが、100ポイントを85円分のビットコインにしか変えられないので、少し損した気持ちになるかもしれません。。

お菓子とか無駄なものを買ってしまうよりはビットコインに変えておいても良いかなと思います。

ログインされている方は下記から交換ページにいけるかと思います。

https://bitflyer.com/ja-jp/ex/tpointedit

こちらへ飛ぶとビットコインと交換できる画面にいくかと思います。

Tポイントをビットコインに変更(bitFlyer)※2020年1月時点

「Tポイントをビットコインに交換する」というボタンを押すと、100ポイント単位で交換ができます。

Tポイントをビットコインに変更するポイントの選択画面(bitFlyer)※2020年1月時点

確認できたら確認するのボタンを押します。

Tポイントをビットコインに変更する際の最終確認(bitFlyer)※2020年1月時点

交換が完了すると下記のような記載になります。

Tポイントをビットコインに変更完了した画面(bitFlyer)※2020年1月時点

将来大化けする可能性も!不要なTポイントはビットコインに変えてみよう

将来ビットコインの価値がどうなっていくかは正直誰にも読めません。

しかし、僕のように

Tポイントはビットコインに変えるべきかの結論
ポイントは貯めているけど無駄なお菓子とかに使ってしまっていたり、余っていて使い道が無いという人はビットコインに変えておいてもよい

と考えてます。

ただ、たまにTポイントを頑張って貯めてビットコインに変えようという人がいますがそれはお勧めできません。

ポイントは中毒性があるというか、貯め始めるともっと貯めたいとなってつい無駄なものを買ってしまったりします。

無駄なものを買ってポイントを貯めるくらいならビットコインは100円とかでも購入できるので、100円毎月積み立ててとうしするとかのほうが良いので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です